ストレス

テーマ:
ストレスは年齢や環境によって受け方が違います。
まず、ストレスの原因は
どこからやってくるのか知っておきましょう。
ストレス


ストレスは精神的な事だけではなく
「寒い」「暑い」などと感じる事でも
ストレスの一種になるのです。
あなたが何かに対して無理して耐えている状態を
「ストレス」といいます。
ストレスとは?


あなたは、どんな時にストレスを感じますか?
仕事で、大きな失敗をした時・
失恋した時・離婚をした時などでしょうか?
こんなに大きなハプニングは頻繁には起こりませんよね。
ストレスの原因


同じ環境の中で、あなたが苦痛に感じている時に
「あの人は何で平気なんだろう?」と思った事はないですか?
人によってストレスを感じる度合には違いがあります。
なぜ違いがあるかと言うと・・・
ストレスを感じやすい体質


ストレスを知らせるサインを見逃してはいけません。
変化があらわれた時は早めにストレスを解消しましょう!!
●心の変化
イライラや悲しみ、不快な気持ちが何日も
続いたらストレスのサインです。
ストレスを知らせる体のサイン


ストレスを感じてしまう方は
特に生活習慣に気をつけなければいけません。
いつも忙しい生活をしていませんか?
仕事をしている女性の方は
仕事・生活・つきあいなど大変ですよね・・・。
ストレスを招きやすい生活習慣


ストレス社会で戦う女性の為に、
ストレスの原因、症状、解消法を詳しく解説します
ストレスの症状と解消法|女性専用

AD

年齢別のストレス

テーマ:
ストレスは年齢によって違いがあります。
年齢別に紹介していきます。
年齢別のストレス


青春期の年齢は、だいたい12~19歳位までです。
この時期は女性的な体つきになる
身体的変化の時期ですよね。
自意識も強くなり
人間関係などに敏感な時期でもあります。
青春期のストレス


成人期の年齢は、だいたい20~30歳位までです。
この時期は経済的・社会的な事を
よく考える時期でもあります。
周りの環境が色々と変わってきますよね。
成人期のストレス


壮年期の年齢は、だいたい30~65歳位までです。
例えば成人期に新生活を始めたとしたら
壮年期は新生活を充実させる時期でもあります。
最近では早くに結婚をせず
30歳すぎてからの結婚も多くなってきていますよね。
壮年期のストレス


老年期の年齢は、だいたい65歳以上です。
仕事も引退し子育ても終える時期ですよね。
老年期は、環境も、新たに変化していく事は少なく
ゆっくりとできる時間が増えてくるかと思います(^‐^)
老年期のストレス

AD

女性に多いストレス

テーマ:
ここでは女性にもっとも多いストレスの
原因を紹介していきます。
あなたも、こんな体験ありませんか?
女性に多いストレス


職場はストレスを生み出す場所でもあります。 
特に女性の場合、男性とは違う目で見られませんか?
「女だから」とか「どうせ」とか
色々と男性と比べられてしまう事が
多いと思います。
職場編


友人というのは、困った時などに相談にのってくれ
支えになってくれたり力になってくれたりと、
なくてはならない大切な存在ですよね(^‐^)
何か嫌な事があっても友人に話を聞いてもらったり
一緒に何処かへ行ったりして
ストレスを発散できたりもしますよね(^‐^)
友人編


恋愛をするって簡単な事ではないですよね・・・(^‐^;)
女性は恋愛をするとキレイになるといいますが
これは本当です!!
好きな人に振り向いてもらう為に頑張ったり、
好きな人に喜んでもらう為に頑張ったり、、、
恋愛編


失恋は、精神的にも体力的にも、
かなりのダメージを受けてします・・・(><;)
女性の失恋は男性の失恋に比べると、
引きずらない傾向にあります。
なので失恋に関しては、意外と
切り替えが早い方も多いのではないでしょうか?
失恋編


「おとなしいタイプの旦那」と「厳しいタイプの旦那」
主に、この2つのタイプにストレスを受ける
奥様方が多いようです。
一見、おとなしい旦那さんに対しては
ストレスを感じなさそうですよね?
夫婦編


子育ては大変ですよね。
女性は子供を産みますが子供を産んだら
自分の時間が無いに等しい状態になります・・・。
睡眠不足になる事も、
めずらしくはありませんよね。
子供編


同居してある方に多い悩みなのですが
お姑さんと、うまくいかないという事が
原因でストレスが溜まります。
お姑さんに対してイライラする事が
あるとは思いますが、意外と、
ささいな事だったりするんですよね。
姑編
AD

ストレス対策

テーマ:
ストレスに対して、
気持ちを変えていく事が大切です。
考え方や気持ちを変える事で
ストレスを対策をしていきましょう(^‐^)ノ
ストレス対策


ストレスを対処するには
色々な方法があります(^‐^)
ストレス対処と聞くと、
ほとんどの方が「解消」と
思い浮かべると思います。
ストレスを対策する時


少しボーっとした時間などがあると
悩み事を思い出し考えてしまいますよね・・・(^‐^;)
悩みなんて忘れてしまいたいって
思う事よくありませんか?
ストレスを忘れる


言葉の通り、ストレスの原因である問題と
向き合ってみるという事です。
例えば友人と喧嘩をしてしまって悩んでいる時などに
一人で黙々と考え込むのではなく
喧嘩の原因を理解しましょう。
ストレスと向き合う


ストレスの原因である問題は
必ずしも解決しなければいけない
という事はありません。
・立ち向かう必要のない問題
・立ち向かっても解決しそうにない問題
ストレスを避ける


ストレスの原因には色々な問題がありますよね。
小さな事から大きな事まで、幅広いと思います。
ストレスに慣れるという事は
発想の転換をするという事です(^‐^)
ストレスに慣れる


ストレスになるような問題は、
あらかじめ予想できるものです。
「・・・かもしれない」という事を考えておけば、
何かトラブルがあった時に問題をスムーズに
解決できる事もできますし、ストレスを予防できます。
ストレスを予測する


悩みを抱え込んでいる時は、
自然とマイナス思考になりやすいものです。
ストレスの原因は、さまざまですが
特に、他人にだめ出しされた時などは
自分を否定してしまいがちですよね。
プラス思考になる

ストレス状態が悪化すると、
さまざまな病気の原因となります。
ストレスが原因で起こる病気


心身症と聞くと、心の病と思われる方も多いかも
しれませんが、実は、心の病ではありません。
では、一体何なのかと言うと・・・
ストレスや心の問題が密接に関係して
発症する体の病のことです。
心身症


ストレスが原因で起こる病気の中でも「うつ病」は
よく知られている病気ですよね。
ストレスが原因で、脳の機能が
一時的に乱れていると考えられているようです。
健康な時とは質の違った悲しみや苦しみを経験するのです・・・。
うつ病

何か物事が変化するごとに
呼吸は息苦しくなったりしていきます。
呼吸器の病気は心と大きく関係しています。
ストレスで起こる呼吸器の病気


ストレスが原因となって起こる
主な「呼吸器」の病気です。
【 風邪(かぜ) 】
ストレスがひどいとビタミンCが減少していき、
体の抵抗力が弱くなりウイルスや細菌に負けてしまいまい
風邪を引いてしまいます。
風邪・呼吸不全・気管支喘息


まれに「しゃっくり」なども
ストレスが原因で起こる事があります。
呼吸器の病気にも、さまざまありますが
ストレスが原因となって起こる主な「呼吸器」の病気です。
【 過換気症候群(かかんきしょうこうぐん) 】
過換気症候群・神経性咳嗽

よく「胃が痛い」などと言ったり、
耳にする事がありますよね。
ストレスと消化器系の病気はつきものでもあります。
ストレスで起こる消化器の病気


ストレスが原因となって起こる
「消化器」の病気です。
【 消化性潰瘍(しょうかせいかいよう) 】
一般的には胃潰瘍(いかいよう)と言われています。
消化性潰瘍・潰瘍性大腸炎


ストレスが原因となって起こる「消化器」の病気です。
【 上腹部不定愁訴症候群(じょうふくぶふていしゅうそしょうこうぐん) 】
内視鏡などの一般的な消化器検査で
異常が認められない状態を
上腹部不定愁訴症候群といいます。
上腹部不定愁訴・慢性膵炎


ストレスが原因となって起こる
「消化器」の病気です。
【 過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん) 】
精神的なストレスが原因で
自律神経のバランスが乱れて発症します(><;)
過敏性腸症候群・神経性嘔吐


ストレスが原因となって起こる
「消化器」の病気です。
【 クローン病 】
腸を含む消化器に炎症が起こる病気です。
発熱・腹痛・下痢といった症状が見られます。
原因は不明とされています。
クローン病・食道アラカジア

子宮の働きは心と深い関わりを持っています。
女性だけに与えられた大切な機能ですので
特に気をつけなければいけません。
ストレスで起こる婦人科系の病気


ストレスが原因となって起こる
「婦人科系」の病気です。
主に、「月経(生理)」についての
病気を紹介していきます。
【 月経不順(げっけいふじゅん )】
月経不順・困難、月経前緊張症


ストレスが原因となって起こる
「婦人科系」の病気です。
【 つわり 】
妊娠すると喜びの感情が出てきます(^‐^)
ですが妊娠への不安などでストレスも出てきます・・・(><;)
つわり・不妊症
神経・皮膚・頭髪など
その他の病気を紹介していきます。
ストレスで起こるその他の主な病気


ストレスが原因となって起こる「神経」の病気です。
【偏頭痛(へんずつう)】
頭部の動脈の収縮によって起こる頭痛です。
市販の鎮痛剤は効きません。
偏頭痛・自律神経失調症


皮膚や頭髪などに症状が出る病気を紹介していきます。
【 円形脱毛症(えんけいだつもうしょう) 】
頭髪に100円玉位の円形で
脱毛ができる病気です。
円形脱毛・蕁麻疹・メニエール

ストレスの専門科

テーマ:
体の症状に応じて病院へ行きます。
しかし、原因が分からないと言われた場合や
長い期間、同じ症状が続くような時は
「心療内科」か「精神科」へ行きましょう。
ストレスの専門科


主に「心」の問題が原因で起こる
体の病気を扱うのが心療内科です。
心身症になったら、
まずは症状に応じて受診してもらいましょう。
そこで身体的に問題がなく原因が分からないと言われたり
ストレスが原因と言われた場合に、紹介状などを書いてもらい
心療内科へ行くようにします。
心療内科


精神科では「うつ病」や
「神経症」などを診るところです。
神経症には、「その他の主な病気」
で紹介したような神経の病気があります。
その他にもあるのですが、症状が出てるなと思ったら、
精神科または神経科に行く事をオススメします。
精神科