「あとは緩和」といわれたら

- 診察室からの独り言,その他いろいろ −


テーマ:

60歳代,女性.
手拳大の大きな肺がん.

手術をしたのは約3年前.

切除時は,
腫瘍径は11-12センチに及び,
胸水も出現してきていた.

組織型は扁平上皮がん.

血痰,
39-40℃の発熱,
全身衰弱

といったギリギリの厳しい臨床状況での切除へのふみきり.

某がんセンター呼吸器外科医の英断であったと思う.

当方も攻めるなら“手術”と思っていた.

肺の扁平上皮がんの場合,
腫瘍が巨大でも,がんは臓側胸膜を越えず,
さらに胸水はがん性胸水ではなく,
反応性胸水であることも少なくない.

だから,こういう症例は,
手術で“攻める”価値がある.

バカの1つ覚えの免疫専門クリニック,
あるいは,まともに治療戦略を練れない
怪しげな統合医療や代替医療のクリニックに

行っていれば,間違いなくこの患者さんは,
既にこの世にはいない.



手術は無事に成功し,
患者さんは元気に退院した.





手術という1つの山は越えた.

次は,術後の経過観察という
もう一つの山が待っている.


そうした中,
根治術後の再発予防を目的として

免疫療法の1つである


『自家がんワクチン療法』を導入した.

http://www.cell-medicine.com






先日,
消息調査の為,娘さん(医療関係者)に電話をいれた.

内心,
『再発して,すでにお亡くなりになっているかな・・・』

と思っていたところ,

嬉しい予想外.

『再発もなく,とても元気です』とのこと.

そして,
『自家がんワクチンが効いていると思います』とも.


肺がんが根治術後に再発する場合,
75%が3年以内に出て来る.

手術時の病態を考えると,
本症例の3年無再発生存という状況は,

5年の予後観察を経てはいないが,
完治と見なしていいのではないかと思っている.


もちろん,この一症例で
自家がんワクチンの治療効果として
ことさらに述べることは難しいが,

個人的に嬉しい症例だったので,

症例提示としたい.

★φ(-_- 。)・・・
※当院での低用量抗がん剤治療症例を
 少しずつ紹介していきたいと思います.
 
※低容量抗がん剤治療・・・
 細かいことをいうと微妙な定義の違いはあるようですが,
 当院ではがん休眠療法,
 メトロノミック療法と呼ばれているものと
 コンセプトは同じと捉えています.
 本ブログでは低用量抗がん剤治療の呼称を使用します.

※当院の治療は,同一がん種においても使用する抗がん剤の
 内容・投与量は個々の患者さんの病態・治療歴・その他の
 諸条件により様々です.
 そのため,提示した患者さんに行っている薬剤使用法が,
 ブログをご覧頂いている患者様にそのまま適用できる
 というものではありません.
 読者の皆様に,そういった誤解を与えないために
 本文中では使用薬剤についての記載を殆どの場合,
 省いてありますことをご了承ください.


銀座並木通りクリニック(文責:三好 立)