みんなのワードマクロ

ワードマクロで、文書作成とオフィス事務を効率化!!


テーマ:
人に見られたくないファイルを扱ってますか。職場でこっそり開いて何かを書き込んで、すぐに閉じてみたことはありませんか。

この記事で紹介するマクロを使うと、Wordが秘密のメモ書きツールになるかもしれません。

実行するとファイルを隠します。再度実行すると、隠していたファイルが表示されます。さらに、隠したまま忘れてしまってWordを閉じてしまっても大丈夫。なんと、隠すのと同時にファイルを保存していますから。

Wordで秘密のメモをとりたい方、ご活用ください。


▼このマクロでできること

このマクロを実行すると、現在開かれているファイルを隠します。ファイルは開いた状態ですが、ファイルが見えなくなるだけです。

このマクロを再度実行すると、隠れていたファイルが表示されます。


▼マクロの解説

ActiveWindow.Visible プロパティ を使って、表示を切替えています。

対象となるファイルのパス(保存場所とファイル名)をmyFilePath という変数に保存します。

マクロ実行後もこの変数の値が消えないように、ファイルの表示切替えのマクロの外で変数を定義します。具体的には、ファイルの表示切替えのマクロを保存したモジュールの先頭に 「Private myFilePath As String」を記述します。




▼マクロ

Private myFilePath As String


Sub ファイルの表示切替え()

 Dim myDoc As Document

 If myFilePath = "" Then
  Set myDoc = ActiveDocument
  myFilePath = myDoc.FullName
  ActiveWindow.Visible = False
  myDoc.Save
 Else
  Documents(myFilePath).Activate
  ActiveWindow.Visible = True
  myFilePath = ""
 End If
 
End Sub



▼関連記事

【Wordマクロ】「あなたの夢は何ですか?」あなたのパーソナルコーチのマクロ

【Wordマクロ】自分を元気づけるマクロ



なお、今朝以下の記事を読んでいて、この秘密のメモ書きマクロを思いつきました(笑)。

How to Hide a Word Document on Macintosh with VBA?



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

新田順也☆ワードプログラマーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります