みんなのワードマクロ

ワードマクロで、文書作成とオフィス事務を効率化!!


テーマ:
ご存知の文字列比較ソフトの「ちゃうちゃう 」のご案内です。

バージョン2.0として戻ってきました!

Windows 8まで対応したそうです。また、Unicodeに対応したことで、様々な言語での比較が可能になりました。


私も旧バージョンのちゃうちゃうを使わせていただいておりまして、今回早速ダウンロードして利用開始。

私の使い方を紹介します。いつも、Wordマクロセミナー(プログラミング編)で紹介している必須の使い方。これがないとWordマクロの開発に時間がかかります。



イケてるちゃうちゃうをWordマクロ開発に使う!


WordマクロやExcelマクロを作成するときに、どのようなメソッド、プロパティを使うのかわからない時があります。

そのようなときには、ネットで調べることもできませんし、VBEのオブジェクトブラウザで調べることも困難です。

どうするのでしょうか?私はまずマクロの記録機能を使います。

マクロの記録で1つの操作を記録して調べるのです。

→参考記事「Wordの『マクロの記録』機能は使えるのか?



イケてるちゃうちゃうを使う場面

実は、マクロの記録を使ったときに困ることがあります。

一つの操作を調べたいだけなのに、非常に長いコードが記録されてしまい、どこが対象なのかわからなくなってしまうことがあるからです。

このようなことは、ダイアログボックスで値を変更したときに起きます。

例えば、「段落」ダイアログボックスで、「段落前の改ページをする」に相当するマクロのコードを調べる場合です。




上記のように赤い矢印で示した項目1つをオンにする操作を記録すると、以下のような非常に長いコードが記録されてしまいます。

これを見ただけで気が滅入ってしまいますよね。


Sub Macro1()
'
' Macro1 Macro
'
'
 With Selection.ParagraphFormat
  .LeftIndent = MillimetersToPoints(0)
  .RightIndent = MillimetersToPoints(0)
  .SpaceBefore = 0
  .SpaceBeforeAuto = False
  .SpaceAfter = 0
  .SpaceAfterAuto = False
  .LineSpacingRule = wdLineSpaceSingle
  .Alignment = wdAlignParagraphJustify
  .WidowControl = False
  .KeepWithNext = False
  .KeepTogether = False
  .PageBreakBefore = True
  .NoLineNumber = False
  .Hyphenation = True
  .FirstLineIndent = MillimetersToPoints(0)
  .OutlineLevel = wdOutlineLevelBodyText
  .CharacterUnitLeftIndent = 0
  .CharacterUnitRightIndent = 0
  .CharacterUnitFirstLineIndent = 0
  .LineUnitBefore = 0
  .LineUnitAfter = 0
  .MirrorIndents = False
  .TextboxTightWrap = wdTightNone
  .AutoAdjustRightIndent = True
  .DisableLineHeightGrid = False
  .FarEastLineBreakControl = True
  .WordWrap = True
  .HangingPunctuation = True
  .HalfWidthPunctuationOnTopOfLine = False
  .AddSpaceBetweenFarEastAndAlpha = True
  .AddSpaceBetweenFarEastAndDigit = True
  .BaseLineAlignment = wdBaselineAlignAuto
 End With
End Sub



ここで、ちゃうちゃうが役に立つのです。



イケてるちゃうちゃうを使ったマクロのコードの調べ方

このような場合、マクロの記録をもう1つ作ります。

先ほどは、「段落前の改ページをする」をオンにしましたが、今度はこの同じ項目をオフにするのです。

すると、以下のようなコードを取得できます。


Sub Macro2()
'
' Macro2 Macro
'
'
 With Selection.ParagraphFormat
  .LeftIndent = MillimetersToPoints(0)
  .RightIndent = MillimetersToPoints(0)
  .SpaceBefore = 0
  .SpaceBeforeAuto = False
  .SpaceAfter = 0
  .SpaceAfterAuto = False
  .LineSpacingRule = wdLineSpaceSingle
  .Alignment = wdAlignParagraphJustify
  .WidowControl = False
  .KeepWithNext = False
  .KeepTogether = False
  .PageBreakBefore = False
  .NoLineNumber = False
  .Hyphenation = True
  .FirstLineIndent = MillimetersToPoints(0)
  .OutlineLevel = wdOutlineLevelBodyText
  .CharacterUnitLeftIndent = 0
  .CharacterUnitRightIndent = 0
  .CharacterUnitFirstLineIndent = 0
  .LineUnitBefore = 0
  .LineUnitAfter = 0
  .MirrorIndents = False
  .TextboxTightWrap = wdTightNone
  .AutoAdjustRightIndent = True
  .DisableLineHeightGrid = False
  .FarEastLineBreakControl = True
  .WordWrap = True
  .HangingPunctuation = True
  .HalfWidthPunctuationOnTopOfLine = False
  .AddSpaceBetweenFarEastAndAlpha = True
  .AddSpaceBetweenFarEastAndDigit = True
  .BaseLineAlignment = wdBaselineAlignAuto
 End With
End Sub


もうわかりましたね。

このマクロのコードをちゃうちゃうで比較するのです!




赤文字になっているところが違う部分です。

中央の .PageBreakBefore というプロパティの値が異なるのですね。

このように一目で対応するプロパティを特定できます。

オン・オフだけではなく、余白の幅など値を変更する場合にも違いがはっきり見えます。

お試しください。




もちろん、翻訳の際にも、類似文の比較に使ったりしています。

今までのフリーウェアから今回はシェアウェア(有料)になりました。

品質アップと比較時間の削減(スピードアップ)のためには非常によい投資だと思います。

ぜひお試しください。



▼関連記事

ちゃうちゃうのウェブサイト

Wordの『マクロの記録』機能は使えるのか?



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

新田順也☆ワードプログラマーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります