内緒の告白と小さな決意。

テーマ:

何人かの方は薄々気がついていたかも知れませんが、
実は、私は昨日の日付けをもってこのブログを閉鎖するつもりでした。
そして、もう一つののん気なブログに戻ろうと思っていました。

なぜ昨日なのか。

そう、あのブログさんの書籍が出版された日です。
宣伝になるので、そのブログのアドレスも貼りませんし、
その書籍の紹介もしませんが、
どのブログ、どの書籍を差すのかはたぶんお察しの通りです。

そもそも、いわゆるGIDのHPを閉鎖してのんびりしてた私が、どうして、
こんな「性同一性障害体験談ブログ。」なんて派手なタイトルのブログを立ち上げたのか。

それはひとえに件のブログさんに対する、疑問、怒りからでした。
明らかに「性同一性障害」をバカにしたその内容、
ホルモン剤の効用の過剰な美化、
SM関係の強制女性化調教同様のことの一般化、過剰な美化。
怒りの理由は限りなくあります。

基本的に私は「人畜無害なMTF」を標榜するくらいの、
とても大人しいタイプの人間です。
だから、リアルで私のことを知っている人から見れば、
性同一性障害体験談ブログ。」なんてタイトルからして、
えんじぇるらしくないよ~」と思われていることでしょう。

でも。

何かしたかった。

何にもできないとは思ったけど、一人でも、
たった一人でも「性同一性障害」はそんなものじゃないと思ってくれる人が増えて欲しいと、
そう思ったのです。

実際、私のこのブログ(他のもそうですが)は明るい話なんてまるでなく、
私はデジカメすら持ってないので、絵的にもダメダメブログのままで、
訪問してくれる人も順位もついに頭打ちになってしまいました。

もちろん、件のブログの書籍も無事に発行・発売されてしまいました。

結局、私の当初の目的は果たされることもなく、
ネット上を彷徨うと相変わらず、
あのブログ主さんを脳天気に応援する方がかなりいらっしゃったり。


でも、落ち着いて考えて欲しい。

私のことを愛しているならこの毒(=ホルモン剤)を飲んで

一体、それのどこが、究極の愛なんですか?

私のことを愛してるなら性転換して

一体、それのどこが、究極の愛なんですか?

私には理解ができません。

うちの子は性同一性障害なんです」との母親の医者に対する嘘。

絶対に許せません

正直、私は今まで生きてきてこれほど頭に来たことはありません。


だけど、結局は私の負け(当然ですが)。
あのブログ主さんと関連の企業はいくらかの利益を得るのでしょう。
何人もの警鐘を鳴らす人がいたにも関わらず、
結局は「言論の自由」と「出版の自由」の名のもとに。

それならば。
私には大したことはできないけど。

やはりこのまま暗い話をアップし続けようかと。
嘘、偽りのない体験談をネットの片隅で叫び続けようかと。

今は、そう思っています。


そうそう。

繰り返しになりますが、性同一性障害当事者自身もどういうわけか、
あのブログさんを読んで読者登録までしてたりすることは、
私にはまったく理解できません。

しかし。

どこの団体さんや自助グループさんも抗議とかしなかったのかなあ(遠い目)。

人気ブログランキングの順位は?  / にほんブログ村の順位は?  / くつろぐの順位は?

AD

コメント(10)