リンパ浮腫専門病院 表参道むくみクリニック

東京でリンパ浮腫の完治・根治を目指して治療している
形成外科専門医、佐野成一のブログです。

リンパ浮腫は今より良くする事ができます。
超音波VASERリンパ浮腫減量術は最後の手段です。

ーーーー最新情報ーーー
第17回リンパ浮腫座談会を行います。

今回のテーマは「もっと知りたい!リンパ浮腫減量術」です。
8月6日(土)午後1~2時 表参道むくみクリニックにて

ーーーーおしらせーーーー
テレビや雑誌などの取材を希望される方は表参道むくみクリニックまでご連絡ください。
TBSテレビの情報番組ビビットで紹介されました。

リンパ浮腫 治療 手術

佐野医師によるリンパ浮腫外来は以下で診察が可能です。


表参道むくみクリニック リンパ浮腫外来 月曜午後~土曜日 午前10時から午後6時
〒107-0061 東京都港区北青山3-10-6 第二秋月ビル4F
電話 03-6427-2750

両国あしのクリニック リンパ浮腫外来 月曜日 午前9時から12時
〒130-0021 東京都墨田区緑3-17-11 電話 03-5625-8486



東京医科歯科大学病院 リンパ浮腫外来 毎月第1木曜日 午前9時から12時
〒113-8519 東京都文京区湯島1-5-45
電話 03-3813-6111



テーマ:
ふくらはぎのリンパ浮腫は太もものリンパ浮腫と違い、

線維化が強く、減量術を行うにも手技的に難しい場所です。

他院では出血や凹凸、神経障害などの報告もあり、

ボリュームを減らすことが大変難しい上に

手術は慎重を要しますが、出血量を

減らすためにスピードも大事です。


今回は長野県の40代女性の方で、

子宮頸がんの手術をした翌年から

右ふくらはぎにリンパ浮腫が出現。

リンパ浮腫専門クリニックで

治療を続けてきましたが、あまり改善が見られず

表参道むくみクリニックにわざわざ来院されました。

弾性包帯やストッキングの見直しをし、

炭酸ガス注入療法を数回行い、

超音波VASERを用いたリンパ浮腫減量術を行いました。




術後4ヶ月の状態ですが、足首周辺のリンパ浮腫が

改善してきています。ここまでくれば包帯などは

捲かなくて済むようになります。

今まで包帯が欠かせなかったのが、

弾性ストッキングの着用で済むようになる。

これだけでも毎日のストレスは激減します。

忙しい朝の時間を少しでも節約できます。

自分のため、家族のために時間を使うことができるようになります。

ふくらはぎの術後経過は良くなるまでにとても時間がかかります。

そして圧迫をきっちりと上手にできていたかがわかりやすい部位でもあります。

次回は術後6ヶ月の診察になります、楽しみですね。

このまま頑張りましょう。



お知らせです

第17回リンパ浮腫対談会
2016年08月06日 13:00~14:00 
もっと知りたい!リンパ浮腫減量術
 →詳細はこちらをクリック

リンパ浮腫でお困りの方はこちらまでご連絡ください
表参道むくみクリニック  03-6427-2750

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
リンパ浮腫のほとんどは

子宮頸がんや子宮体癌、卵巣癌

などの婦人科疾患の手術後の合併症

として発症することが殆どです。

続発性(二次性)リンパ浮腫と言います。


しかし、特に原因がなくリンパ浮腫を

発症してしまうこともあり、

原発性(一次性)リンパ浮腫と言います。

殆どが続発性ですが、原発性のリンパ浮腫の患者さんも

こんなに!と思うほどおられます。

リンパ浮腫外来をしていると、とっても稀な疾患とは思えません。


原発性リンパ浮腫の特徴の一つとして

ふくらはぎや足首から浮腫が出現することが多く見られます。

他院であらゆる検査をされても原因は分からず、放置されることも

多く治療に難渋します。


さて、今回術後の診察に来られた方は福島県在住の30代女性の方です。

20代で右の足の甲にリンパ浮腫を発症し、

出産を機に、ふくらはぎに浮腫が拡大。

右太ももにまでリンパ浮腫が悪化してしまったため、

表参道むくみクリニックに来院されました。


右太ももとふくらはぎの両方にリンパ浮腫を認めていましたが、

超音波検査ではふくらはぎの敷石状変化が著しく、

線維化も強く重症度が高かったため、

手術はふくらはぎをまず行うことにしました。

手術の前に弾性ストッキングの見直しをし、

炭酸ガス注入療法を数回行い、

超音波VASERを用いたリンパ浮腫減量術を行いました。



術後1ヶ月の時点で既に細く、軽くなってきているのですが、

柔らかさも出てきています。

足首近くに食い込むようにあったリンパ浮腫がなくなり、

まっすぐなふくらはぎになってきました。

横から見てみましょう。




内くるぶし近くのふくらはぎの改善が著明です。

ここまで良くなってくると弾性ストッキングのヨレも

だいぶ減ってくるのではないでしょうか。

「押入れにしまいっぱなしにしているお気に入りの

ジーンズやパンツが履けるかも」

と喜んでおられたのが印象的でした。

正座をした時の高さの違いもこれから

改善してくると思います。

太もものリンパ浮腫も少し良くなってきていますね。

次回は術後3ヶ月の診察になります。

楽しみです。



お知らせです

第17回リンパ浮腫対談会
2016年08月06日 13:00~14:00 
もっと知りたい!リンパ浮腫減量術
 →詳細はこちらをクリック

リンパ浮腫でお困りの方はこちらまでご連絡ください
表参道むくみクリニック  03-6427-2750

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
リンパ浮腫と弾性ストッキングは切っても切れない

なくてはならないものです。

リンパ浮腫減量術をするまでは

「手術したらストッキング履かなくてもいいんですか?」

と聞かれることが多いのですが、

手術が終わって経過が良くなってくると

「ストッキングさぼって良いって言われても怖くって…」

と意見が変わってくる方が殆どです。

不思議ではないのです。

一度良くなった脚を維持したいという気持ちから

逆戻りしてしまう恐怖を味わいたくないのです。

全てが不自由なリンパ浮腫の生活。

普通に日常生活を送れることがどんなに幸せなことか。

リンパ浮腫外来をしているとその想いが伝わってきます。

怖くてもサヨナラできる日がくるかもしれません。


さて、20年以上前に子宮頸がんの手術をして

左ふともものリンパ浮腫を発症。

リンパ浮腫専門クリニックで弾性ストッキングの

着用を長年してこられましたが、

太いままの脚で一生を過ごしたくない

とのことで表参道むくみクリニックに来院されました。

太ももの内側から後ろにかけてリンパ浮腫は

線維化が強く、指で押してもへこまないほど

硬い浮腫へと変化してしまっていました。


弾性ストッキングの見直しをし、

炭酸ガス注入療法を数回行い、

超音波VASERを用いたリンパ浮腫減量術を行いました。




術後3ヶ月の時点ですでに太ももの内側にスキマができ、

太ももの付け根の浮腫も改善してきています。

計測しても左右差は殆どない状態にまでなっています。

今まで履けなかったお気に入りのパンツやジーンズが

履けるようになりますね。

今後の経過がとても楽しみです。

次回は術後6ヶ月の診察となります。

お待ちしています。


お知らせです

第17回リンパ浮腫対談会
2016年08月06日 13:00~14:00 
もっと知りたい!リンパ浮腫減量術
 →詳細はこちらをクリック

リンパ浮腫でお困りの方はこちらまでご連絡ください
表参道むくみクリニック  03-6427-2750

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。