ぎっちょ31  

蒼き時代より共に生きる


テーマ:

先日アップしたこの写真

 

多少なり「車好き」の方なら「ヘッド」の写真ということくらいはわかると思います

もちょっと言うなら「直6エンジン」・「ツインカム」・「24バルブ」くらいはわかりますかね

 

さらにもうちょっと見ると

「赤線」がカム(排気側)ですね

で、フルチューンレベルのヘッドということがこの写真からもわかります

「赤矢印」の部分、なんか溝らしき機械加工の跡が見えるかと思います

純正ヘッドにはこの溝はありません

 

カムにある山がバルブを開けたり閉じたりさせシリンダー内に空気を入れたり排気ガスを放出させたりしています

そのバルブをどれだけ開くかが「リフト量」

純正は、うろ覚えで正確に知りませんがRB26エンジンで吸気側で8mmちょっと、排気側が7mm後半くらいだったかと記憶してます

 

このヘッドは10.2mmのリフト量のカムを組んでます

 

世には「カムも変えた」と言ってもピンキリあります

俗に「ポンカム」(ポン付けできるカム)と呼ばれる簡単なカムから、ヘッドを加工しないと使えない過激なカムまで

 

こちらもざっくりしか覚えてませんが9mmくらいまでなら加工無し

しかし10mm以上にもなるとカムのノーズ(山)がヘッドに干渉してしまいます

こんな感じでノーズが干渉しないように溝を掘るのです

 

そうまでしてでも空気を吸い込むお膳立てをします

 

たとえば

パワーアップの手っ取り早い近道は、ターボ車の場合

ブーストを上げることに始まって、純正のタービンからもう少し風量のあるタービンに変更してエンジンに送り込む空気を増やし、燃料もそれに合わせて増やすわけです

これである程度パワーアップしますが、その上を考えると

いくらタービンが大きくなってムリから空気を押し込もうとしても、ポート(空気の通り道)の口径や形状が純正のままだったり、ヘッド周りが純正のままだとバルブを開く量が少なかったりバルブが開いている時間が短かったり・・・と、タービンがいくら押し込もうとしても受け入れ態勢ができていません

 

そこで空気の通り道を広げたり、ザラザラの抵抗の大きい純正の通り道でなくツルツルに研磨して空気の流れをよくしたり、バルブももっと大きく開かせたり、長い時間開かせたり、として押し込んだ空気が効率よくシリンダーの中まで入るようにします

 

フルチューン仕様のポート(吸気も排気も2バルブのエンジンなので2つの空気の通り道)

指が切れそうな形状です

 

純正ポート

見比べただけでもフルチューン仕様のほうが良さそうでしょ

 

更には

奥に見えるのがバルブガイドというバルブを支えてるような部品ですが

純正では強度が不足するので強化品に変更します

 

更には

バルブのシートリングなども強化品にしなければいけません

 

もちろんバルブスプリングも強化品に替えて対応させます

 

「コレを交換したら、バッチリ!ほかはなんもしなくてもイイ」ってワケじゃないのが「改造」世界

特にチューン度が上がってくると、「トータル」で手を入れないとイイモノにはなりません

 

突き詰め始めると終わりのない道という道、コワイですね~(笑)

 

よく、昔から「ま~だイジるんですか!?これ以上何をやるんですか?」

などと言われてきましたが・・・いくらでもあります

 

更に上を狙うと

バルブのサイズもデカくしようということになり

「ビッグバルブ」仕様になるわけです

 

純正

4つあるうち、大き目の2個が吸気側、小さめが排気側です

吸気側の2バルブのバルブの間隔を見て下さい

 

今回作ったヘッド「ビッグバルブ仕様」

下側の、より黒っぽいのが吸気側のバルブです

隣り合うギリギリまでサイズUPされてます

 

ここに挙げたことをやれば「終わり」ではなく、ここに書いてない多くの加工もされたものがフルチューンエンジンです

そうやって少しずついろんな箇所を「より上!」「より上!」を目指した仕様がフルチューンエンジンです

 

最近では車の性能も上がったのでタービン交換だけでそれなりの馬力になったりします、そのほかに足廻りや、ブレーキ、室内にはバケットシート入れたり、ロールケージ組んだり、外装には派手なエアロ組んで見た目もそれっぽくしたら「(簡単なすべて玄関口のことを)ひととおり、やってますよ」=「フルチューン」と自称するオーナーやセールストークで謳う中古車販売店も多くあります

 

ぜんぜん「フルチューン」ではありません

 

見た目ばかりがハデよりも、わずかなことが伝わるこの写真からのほうが「フルチューン」の匂いがするのです

 

 

 

ぎっちょ31さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。