ぎっちょ31  

蒼き時代より共に生きる

NEW !
テーマ:
キャスティング唐津店さん店頭経由で
修理の依頼品が届いた

開封してみると・・・

まあ、ちょっと失礼ながら
ズボラに使う人 or キズひとつ付くのもイヤがって神経質に使う人
大きく両極端に分けるなら2タイプ居るんだが
このユーザーさんは前者タイプ
と、お見受けできるものが竿から伝わる
いやね、そのあたりはど~でもイイ、雑に使われて結構
世の中いろんな性格の人が居るので、ズボラな使い方の人も居る
アフターメンテなども含め「丁寧に使え」なんて言う気もない

ただね、今回の竿は「ただの雑な扱いをされた竿」という感じではなかった
「使用感」が「よく使ってるな~」というのが伝わるのだ

「いや~、よく使ってくれてる竿だな~~~!相当使ってるなコレ」
そんな「使用感」が竿から伝わるのだ


じゃあ「製作者」としては、どっちが嬉しいか???

納品した竿は10数万円、せっかく高い竿買ったのだからと床の間に飾る勢いで、大事にされ、たとえ磯に出て行く機会があってもキズひとつ付けたくないと腫れ物に触るかのごとく扱われるウチの竿

いつ磯に行くにも愛用ロッドとされ、ガンガン愛用され、竿じゅうキズだらけで、ガイドラップにもしょっちゅう負荷が掛った痕跡のクラックだらけ、50年生きて来た人間と同じようにいろんな経験が竿に刻まれた使用感たっぷりのけっして「キレイ」とは言えない竿

どっちが嬉しいか???


いやね、ウチの竿を腫れ物に触るような程、大切に扱われるのも、まあ、嬉しいっちゃ嬉しいが
それよりも嬉しいのはいつ釣りに行くにも御供として持参され見た目ボロボロでも愛用されてる感が伝わる竿のほうが数倍嬉しいものである



引きの写真じゃ~使いこまれた感はわからない


破損は3番ガイド
キャスティングさんの修理カードには店員書いた4番ガイドとなっていたが
トップガイドは含めない、店員はそこらへん解かってないと・・・
トップガイド・1番ガイド・2番ガイド・3番ガイド・・・
トップも含めた4個目にあるガイドは3番ガイド

アップにしても写真だとわかりにくいが

このあたりはメンテ関係に関わるがエポキシにはほとんど艶すら無くなっていた
使用感も伝わる


フード塗装なんてフィッシンググローブとの擦れの連続からと思われる剥離
小指&薬指付近は握りに力入るからね~このあたりが一番擦れる


写真じゃわかりにくけど、グリップも使いこまれた感が感じられた



影竿はとっつきにくいだの
オーナーがクセが強そうなだの
客にだって平気で遠慮なくモノを言う
客を客扱いしないような感じがある・・・などなど
あげればキリがないほど影竿をマイナスイメージの評価ばかりで悪口さえ言いふらす、一回も関わったことすらないユーザーでもないくせに、一方的に逆恨み的にイヤな思いをしたからとか傍から「アイツ気に食わない」的で悪評を口にする者も居る

いや、そんなヤツのことなんか気にしてない
そもそもがそいつが低能だったりするからね、言わせておけばイイ
人の口に戸は立てられないしね

世の中の釣具業界にしたって
メーカーやショップ側は口先だけでは「お客様」という上辺の丁寧な扱いをどこだってしても
じゃあ、実際の扱いはど~か!?といったら
結構「金落としてくれればOK」の「カネヅル」的に粗末な扱いの所も多い
でもね~ユーザー側もバカで
そんな腹ん中じゃそんな粗末に扱われながらも「有名」だからとか「ブランド力あるから」くらいのしょ~もない理由で「片思い」的に客側だけのラブな想いは消えず離れない、粗末扱われたって離れない
「都合のイイ可哀想なオンナ」のような扱いされても喜んでブランドステッカーを自分の車に貼ったりして忠誠を尽くす者も世の中多い
バカじゃね~の!?と思う

そんなこんなで
手前味噌的で悪いんだが

けっしてウチは客を粗末にしてるとは
自分自身では思ってない
いや、どっちかって~と結構客思いなメーカーだぞ・・・とすら自負もある

口先の口が悪いのと、「性根」は違うからね



いやね、今回の事があるからじゃないぞ

いやね・・・

今回はサービスで修理した
キャスティングさんに送り返す「送料1,000円」だけは請求したが
往復の送料+部品代+工賃=〇〇〇〇円の請求をする気になれなかった
時々書くが、商売をやってる側、製作者側だって「人間」なのです
なにも「客」ばかりが「人間」であって「お客様は神様だぞ」じゃないと思うのです

いや~よく使ってくれてるな・・・そう感じたので
「これからも愛用してね」という気持ちからこれくらい&今回一回くらいはサービスでやってあげてもイイな・・・そう思ったのです
ま~、普通にお金もらったり、いや今回のケースはサービスなどWスタンダード的に統一性がない商売ってのも好ましいかと言ったら、そうではないかもしれないが
気持ち的にサービスしてあげたいと思わせたユーザーが勝った・・・とも言えないか!?

客がかえって申し訳ない気持ちが強くなってもイケナイので
「いやいや、あまり気にするな、ガイドだってキレイな中古ガイドがたまたまあった、それを使って修理したから、ちょっと巻き替えた手間賃だけだから」
というような意味も込めて、意識的に「中古ガイド」も使った

そして、ウチがサービスしたからキャスティングさんが取れる「利幅」が増えた・・・とキャスティングさんで普通の料金まで上乗せされてはウチの「気持ち」はまったく「ムダ」になる、なんにもならない
だから、納品書には一言付け足した
まあ、簡単に言うと「乗っけるなよ!」ってコト

キャスティングさんとは付き合いも永いけど福岡店のYさんしかほぼ付き合いはないし信用もしてない(笑)
組織がデカくなればいろんな「担当者」も居る
他人の好意が無駄にならないためにも、完全に誰でも信用して「良き計らい」をしてくれるハズと、誰だって気が利くものとあまり期待しないようにしてる(笑)
そんな思いの一筆追加


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。