昨夜は舞子。

会場のこずみっくでライブをするのはおそらく五年ぶりくらいになります。

マスターのゴンさん、ママのあいこさん共に素敵な方。


大好きなお店なので、これからは年に1、2回は歌いに行けたら嬉しいです。


昨夜のライブはシモムラソウシ君が企画をしたライブ。

共演はそのシモムラソウシ君、東京からボクダンガンさん、そして若手の堤吉輝君。

シモムラソウシ君のライブは随分久しぶりに聴きました。

肩の力が抜けたええライブでした。

初めましてのボクダンガンさん。

本人もMCで言うていたし、唄の歌詞にも出てきましたが、ストレートに想いをぶつけるライブ。

こういうスタイルの歌い手はわりと多く聴いてきましたが、ボクダンガンさんはウソっぽくなくて聴いていて嬉しくなりました。

話をしてみても唄の印象と同じく真っ直ぐ。

堤吉輝君のライブもシモムラソウシ君と同様で随分久しぶりに聴きました。

沢山ストリートやライブを重ねてきた事がよく分かりました。

ギターも唄も凄くパワーアップしていました。


話は変わりますが昨夜は実に15年ぶりくらいの方がライブに遊びに来てくれました。

びっくりと共に凄く嬉しかったです。

色々話をしましたが、15年ぶりともなるとお互いに色々あるもの。

それでも生きて、笑って、酒を交わせる事の嬉しさ。

歌い続けてきて良かったと思える一番の瞬間かもしれません。


ただその方がお店に着いた時には既に僕は歌い終わってましたが(笑)。

久山君!

次は唄も聴いてな!(笑)


イベントタイトルが「上燗ナイト」ということで日本酒を飲みながらのええ夜でした。


セットリスト
1、唄は死ぬ
2、はぐれ雲
3、like a bird
4、あなたに会う為に此所に来た
5、忘れ難きクソ野郎ども
6、見せて
AD
昨夜は京都は丸太町にて歌いました。

初めて歌わせて頂いたお店。

会場のスローハンドは実に20年を越える老舗。

随分前からお店の名前は知っていました。

今回は滋賀の歌い手のワタナベサトシ君が企画をしてくれて呼んで頂きました。

ワタナベサトシ君とは滋賀は堅田のsouth pointで出会って仲良くなれた歌い手。

サトシ君が僕をスローハンドに紹介したいと熱く言うてくれて実現したライブです。

お店に入って、マスターにご挨拶をしてリハーサルをして、サトシ君がこのお店を僕に紹介したいと言っていた意味がよく分かりました。

完璧に僕が大好きな要素が揃っていました。

お店の雰囲気、マスターのお人柄、音の素晴らしさの3拍子がバッチリ揃っていました。

ライブはサトシ君とのツーマン。

堅田からつっちーさん、たけさんも駆け付けてくれました。

サトシ君からスタート。

ギターの音がギラギラと尖っていて、サトシ君の唄をあるべき姿にしていました。

マスターがサトシ君の唄をよく聴いているんやなぁと思いました。


続いて歌いました。

音が素晴らしくてギターをビシバシ弾きまくったのでバッチリ弦が切れました(笑)。

久しぶりに大絶叫系の唄を沢山歌いましたが初めましての方々もギリギリ引いてなかった様で良かったです(笑)。

終わった後は終電までの少しの間ですが飲みながらマスターや皆様と話をしました。

今年最後に素晴らしいお店に新しく出会えて嬉しかった。

サトシ君に大きな感謝です。

本日は随分お久しぶりのお店で歌います。

舞子のこずみっくです。

どうぞよろしくお願い致します‼


セットリスト
1、好きなようにやらせてもらうぜ
2、雨を踏む
3、はぐれ雲
4、逃げ道を作りましょうよ
5、暮らしのブルーズ
6、本心
7、忘れ難きクソ野郎ども
8、マイウェイ
9、like a bird
10、あなたに会う為に此所に来た
11、おっさんと俺
12、処刑台から明日へ飛べ!
13、LOVE
アンコール
14、ふらつきハイ・アンド・ロー
AD
昨夜は三宮。

線を引いたかの様にいきなり寒くなりました。

冬です。

冬は何故か昔から好き。

冬の唄も多いです。

冬は人間がシンプルになれる季節の様に思います。


さて、昨夜はなかなか超絶にお客さんが不入りでしたが、初めましての方々が唄を聴いてくれたりもしました。


なんと20年以上前にオリコン1位を獲得した曲の作曲者の方にも唄を聴いて頂きました。

言われなければお洒落な格好をした酔っ払い(笑)。

印税はもう使いきったとのこと。

そうとう使いまくらないと無くならない額だと思いますが(笑)。


芋焼酎の湯割りが旨い夜でした。


AD