気象庁は25日午後、九州西岸で24日午後10時ごろから発生していた「副振動」と呼ばれる海面の周期的な上下動は次第に小さくなり、港湾の船舶などに被害が生じる恐れは小さくなったと発表した。一方、沖縄地方では前線の通過後、大陸高気圧が張り出して風が強く吹き、海上は波が高くなっているとして、注意を呼び掛けた。 

【関連ニュース】
九州西岸で海面が大きく上下=沖縄は強風、注意を

宇佐神宮世襲家、宮司任命巡り神社本庁と対立(読売新聞)
江戸川で瞬間風速35メートル…東京で暴風(読売新聞)
北教組起訴 規律・順法意識欠如の結果(産経新聞)
政治献金の有無、8割無回答…72教組調査(読売新聞)
野焼きの男性3人死亡=強風下作業、炎に巻かれる-陸自東富士演習場・静岡(時事通信)
AD