民主党が今夏の参院選で、「飛んでイスタンブール」のヒット曲で知られる歌手・庄野真代(55)の擁立に向けて動いていることが1日、分かった。出馬するなら比例代表からが有力だ。庄野は近年、NPO法人「国境なき楽団」を設立してチャリティーコンサートなどを開催。民主党が掲げる「新しい公共」について政策提言する「市民キャビネット」設立にも携わっている。出馬となれば、目玉候補となりそうだ。

 民主党関係者によると、今夏の参院選目玉候補の1人として、庄野の名前が挙がっているという。この日、庄野が所属する都内の事務所では、スタッフが「(庄野さんから)何も聞いていなくて、対応できない」と話した。

 庄野といえば、1978年の大ヒット曲「飛んでイスタンブール」。同年のNHK紅白歌合戦にも出場した。歌手活動を続けながら、近年は環境問題や途上国支援などのボランティア活動に取り組んできた。06年には、NPO法人「国境なき楽団」を設立。世界の子供たちに楽器を送ったり、各地でチャリティーコンサートを行うなどしてきた。

 民主党とのかかわりも深く、主要なNPO法人による政府との協議機関「新しい公共をつくる市民キャビネット」設立に尽力。今年1月に開かれた設立協議会では、平野博文官房長官(60)ら、多数の民主党国会議員も出席する中、オープニング曲を演奏、運営委員にも就任したという。

 社会的活動の原点は「飛んで―」がヒットした後の80年、当時の夫で音楽プロデューサー・小泉まさみさん(後に離婚)とともに巡った世界1周の旅。28か国132都市を歩いた経験が、環境問題や途上国支援問題を考えるきっかけになったようだ。

 出産や離婚、顔面骨折の大けがや子宮筋腫の手術も経験した。2000年に45歳で法大人間環境学部に入学。ロンドン留学中にはボランティア活動を行い、その後は早大大学院アジア太平洋研究科も修了した。

 フィリピンのストリートチルドレン支援のためのCD制作、知的障害者を支援するチャリティーコンサート…庄野の活動は多岐にわたっている。

 ツートップの「政治とカネ」の問題などで、失点続きの民主党だが、関係者は「庄野さんが出馬となれば、目玉の1人になるのでは」と期待を寄せる。♪飛んでイスタンブ~ル~、参院選にもデ~ル~…?

 ◆庄野 真代(しょうの・まよ)1954年12月23日、大阪府生まれ。55歳。1976年「ジョーの肖像」で歌手デビュー。78年に「飛んでイスタンブール」が大ヒット。続く「モンテカルロで乾杯」もヒット。80年、休業宣言し、世界1周の旅へ。帰国後、講演やミュージカルでも活躍。ボランティア団体設立などを経て、2002年、英国留学、04年、法大卒業。06年、国境なき楽団設立、早大大学院アジア太平洋研究科国際関係学科修了。

 【関連記事】
平野官房長官、県内の可能性示唆…普天間飛行場移設で
森繁さんしのぶ会で平野長官らが追悼
ミュージカル映画「NINE」がワッフルとコラボ
堂本光一、金の舞…ミュージカル「Endless SHOCK」開幕
民主党 飛んでイスタンブール 庄野真代 を調べる

ミラノコレクション開幕、3月2日まで多彩に(読売新聞)
<大津波警報>太平洋沿岸に高さ1~3m 気象庁が発令方針(毎日新聞)
元銀行マン、中医協に新たな風を(医療介護CBニュース)
1票の格差 東京高裁判決 定数是正に早急な対応迫られる(毎日新聞)
大麻事件摘発の少年「たばこの延長で…」 大阪府警調書分析(産経新聞)
AD