Ghost Riponの屋形(やかた)

 お気に入り動画の整理&保管庫


テーマ:
突然ですが、良いのを見つけたのでUFO特集です。
インパクトありますので、暇な時にジックリ見て下さい。 (Part-1/2 各10分)
画像は、よーく、見てくださいw 全てクリックで拡大します。
もっと大きい画像は、オフィシャルサイトに有りますので、欲しい方は取りに行ってください。


<UFOと陰謀の正体>
THE ORION CONSPIRACY (ENGLISH & FRENCH)
http://www.theorionconspiracy.com/ 

「オライオン・コンスピラシー」 オライオンとは、星座のオリオン座のことでオリオンの英語読みです。

Ghost Riponの屋形(やかた)Ghost Riponの屋形(やかた)
(左:MILITARY I.S.S. 右:A.I.)

<動画のあらすじ>
200X年、某国の調査室責任者フランソワ・オルソーが、安全保障に関する調査報告を行った。
その席上、第二次世界大戦前から現代に至る、「ある危険な勢力」による、世界的規模の秘密工作が明らかにされる。
世界的な脅威であり、国民に情報を公開すべきであると 彼が主張するその調査報告とは。
第二次世界大戦中にヒトラーは、カルト、秘密結社の調査機関「アーネン・エルベ」を設置した。
「アーネン・エルベ」は、インド、チベット方面の調査中、古代叙事詩「マハーバーラタ」に記述された円盤型兵器、核兵器などが実在したことを突き止め、探し出した古代文明の末裔たちから詳細な情報を入手した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%9E%E3%83%8A

Ghost Riponの屋形(やかた)Ghost Riponの屋形(やかた)Ghost Riponの屋形(やかた)
(左:MHD DRONE 中:FIRST WRECK 右:UNDERGROUND BASE)

ナチスドイツは、それらの資料をもとに、円盤型軍用機と核兵器を敗戦までにほぼ完成させていたが、実戦に投入されたのは、円盤型戦闘機のごく一部であった。
開発に関わった技術者と機材は、戦後、戦勝国であるアメリカとソ連の手に渡った。
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha777.html#01
アメリカは、開発中の円盤型軍用機の存在を、大衆の目から隠すため、ねつ造であると分かる
UFO目撃情報を意図的に流す、巧妙な情報操作を行なった。
「アーノルド事件」、「ロズウェル事件」等を作り出すことにより、UFOは異星人からの地球侵略という妄想の産物である、という先入観を一般大衆に植え付けることに成功した。
http://www.fitweb.or.jp/~entity/ufo/rozuweru.html

Ghost Riponの屋形(やかた)

Ghost Riponの屋形(やかた)Ghost Riponの屋形(やかた)
(LUNAR CIVILISATION )

アポロ計画での月面着陸時、月には複数の(異星人の)UFOが飛来したという。
また文明の遺構が月面探査で写真撮影されていたが、公開された場合に予想される社会の混乱を防ぐという名目で、NASAはそれらの写真をすべて修整し建造物を消し去った上で公開した。
(2001年の「ディスクロージャー・プロジェクト」講演会においても、月における文明の存在が明らかにされている。)
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand-moon01.html

Ghost Riponの屋形(やかた)

Ghost Riponの屋形(やかた)Ghost Riponの屋形(やかた)
(上:BLACK PROGRAM 左&右:B-2 MHD)

米軍により開発された、反重力推進円盤型機は、1975年カリフォルニア州エドワーズ基地から
初のテスト飛行を行った。
また、1989年にベルギーで目撃された三角翼のUFOは、アストラTR-3Bトライアングルと呼ばれる反重力推進機関、電磁流体力学を応用した軍用機である。
マッハ10で無音のまま飛行可能、実際にUFOと同様な機動性能を有するといわれる。
また、B2ステルス爆撃機にもプラズマ発生装置を搭載し、マッハ10で飛行可能な、公表されていないモデルが存在する。
http://blog.chemblog.oops.jp/?month=200605&page=2

アメリカが1990年代に開始した、HAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)プロジェクトは、アラスカ州に基地を建設し、表向きは電離層の観測を行う施設となっている。
しかし、実際の使用目的は気象の人為的操作、敵地下基地の破壊、人類のマインドコントロールであるといわれる。
http://rerundata.net/aum7/4/08haarp/

これら一連の秘密工作、「オライオン・コンスピラシー」の目的は何なのか?
将来、「テロとの戦い」が収束した場合、アメリカを利用している「ある勢力」および軍産複合体が自らの繁栄を維持するため、新たな敵を必要とする。
宇宙からの脅威を、新たな敵とするのが彼らのシナリオであり、異星人(おそらく月に飛来しているUFOの主)と連携して、作戦を実施するためにアストラTR-3等の反重力新型機が、使用されることになるであろう。

<YouTube投稿者のコメント>
いわゆる都市伝説ものかと思っていたが、調べたところエピソードの大半は実際に起きている。
出所はフリーメイソンのフランス支部メンバーの一部、といわれるが真相は今のところよく分からない。
本家に反旗を翻してこの映像を作ったとも。
アメリカ軍はアストラTR-3の改良型、TAW-50なる「超兵器」も保有しているらしいが、一体何に使うつもりなのか?想像しただけで恐ろしい。
http://blog.chemblog.oops.jp/?month=200605&page=2
BGMとともにエンディングに流れる映像は、現代の狂気を象徴しており説得力がある。
「ある勢力」の具体名を言えないところは、何か事情があるのだろう。
その辺は、次回作に期待したい。

オフィシャル・サイト
http://www.theorionconspiracy.com/
(ENGLISH & FRENCH)


まるで・・・ オカルトサイトみたいに、なってしまったな。
それも、しゃあんめえ(笑)




THE ORION CONSPIRACY PART1
https://www.youtube.com/watch?v=8B_S-wZYIgY
THE ORION CONSPIRACY PART2
https://www.youtube.com/watch?v=hsn83kIrK5g

オライオン・コンスピラシー (PHOTOS)
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10228612479.html
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ゴーストライポンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「UFO」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。