自民党の川崎二郎国対委員長は16日午前、鳩山内閣不信任決議案の提出時期について「31日の前に出すことは考えてない」と述べ、鳩山由紀夫首相が米軍普天間飛行場移設問題の決着期限とした31日以降に判断する考えを示した。川崎氏は「首相に国益を背負って内政、外交問題ができるかとなると今の段階でも出したいくらいだが、31日までは野党として見ていかないといけない」と述べた。都内で記者団に語った。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

NHKが強制執行初予告=受信料未収者8人に(時事通信)
日中韓首脳会談5月29・30日、正式決定(読売新聞)
つけて車検はずして納車…排ガス浄化装置詐欺(読売新聞)
民主・村越議員、谷擁立を批判「二足のわらじは無理」(スポーツ報知)
6月にショートステイ整備事業の説明会―東京都(医療介護CBニュース)
AD