みんなの党の渡辺代表は15日、CS放送「日テレG+(ジータス)」の番組収録で、自民党に離党届を出した鳩山邦夫・元総務相らが新党結成の動きを見せていることについて、「明快なアジェンダ(検討課題)を出すのが大事。それがないと組みようがない」と述べ、連携に慎重な姿勢を示した。

 渡辺氏は、鳩山邦夫氏とは郵政民営化に関する考え方が違うことを強調した。自民党離党と新党結成に言及している与謝野馨・元財務相についても財政再建路線を掲げていることを理由に、「我々と全く違う立場だ」と述べた。

 ただ、舛添要一・前厚生労働相とは「大体考え方は似ている。あとは(本人の離党の)覚悟の問題だ」と語った。次期参院選にみんなの党が擁立する公認候補者数は、選挙区と比例合わせて、「20人以上」と述べた。(詳しくは16日夜の放送で)

<公明>民主との連携、選挙後に視野…山口代表(毎日新聞)
<杉並区>減税条例が成立 基金設立、運用益を活用(毎日新聞)
捕鯨の街、家族「逮捕は当然」…海外反応に不安も(読売新聞)
東京の輸入代行業者を略式起訴 タミフル販売で(産経新聞)
<シャチ>「ナミ」7月デビューへ 名古屋港水族館(毎日新聞)
AD