市民公開講座

テーマ:
今日は出張を命ぜられて、草津の立命館大学で開催されている日本化学会春季年会に来ています。

私は完全に文系で、研究発表の中身なんてさっぱりなわけですから、一般向けの市民公開講座なんかも聴いてみました。実を言うとこういった一般市民向け公開講座というのは初めて聴きます。

講演のタイトルは、「琵琶湖の自然環境回復への取組み」とか、「文化財保存に活かされる化学」とかそんな感じです。講演者も研究者のほかNPOの人とかいろいろですが、おおよそ特段の専門知識なしに講演を聴くことができます。その代わりここではアカデミックな香りはほとんど希薄で、正直言うとわざわざこういうことをやらなきゃいけない公益法人も大変だなぁ、という印象です。

一番興味深かったのは、講演の内容というよりも、これを聴講している「市民」という存在でしょうか。
「国民」とか「市民」というのは極めて抽象的な概念だと思うのですが、こういう講演で質問している人の姿を見ると、「これが市民」だと言えそうな気がします。しかも質問の内容から、「市民」がどのようなことに興味を持ち、どのような考え方をしているのかが直接分かるわけです。

...もちろん、詭弁というか錯誤なわけですが、でもそういう錯覚を楽しむことができました。

市民公開講座のお土産でくれた元素周期表とアクロンさん
photo:01

...なんでアクロンなんだろう。
AD

とり専科 やまぶ

テーマ:
先日購入したチョコボール鳥80羽、地道に食べている訳ですが、3/4ほど食べて銀の天使がわずか1人。ちょっと心が折れそうです。はぐれメタル狩りの勇者の気持ちがわかります。

まぁそんなわけで、たまにはちゃんとした鶏が食べたいのです。
というわけで行ってきたのがこちら。

とり専科 やまぶ
photo:01

常総市水海道にある老舗の鶏屋だそうです。焼き鳥からローストチキンまで幅広く鶏が楽しめます。

購入したのがこちら。
photo:02

右上から反時計回りに、手羽元、もも、唐揚げ、つくね(2本)及びチキンボールです。
簡単にインプレ。
手羽元: 鶏の風味ではもも肉に一歩譲るも、ふんわりとした歯ごたえが嬉しい。
もも肉: やはり王道。脂ののったジューシーな一品。
唐揚げ: 身が詰まっていながらも中まできちんと味が染みていて、しかも鶏の風味を壊さない優しい味わい。
つくね: 野菜分が割と多めで見た目よりヘルシー。
鶏玉: 外側カリッと中はふんわり。1本70円でコスパ高し。

どの鶏もクオリティ高く、かなり気に入りました。私の今後の鶏ライフを有意義なものにしてくれそうなお店です。
AD

チョコボール

テーマ:
いきなりですが、おもちゃの缶詰が欲しいのです。

これまでも何回かチャレンジしたことがあるのですが、銀のエンゼルさんがなかなか出てこない。2、3ヶ月くらいで3枚ほど集まったかと思ったら最初の1枚を紛失していたり。

というわけで、可能な限り短期決戦にもちこむことにしました。
photo:01

左から「キャラメル」、「ピーナッツ」、「いちご」、そして「パチパチ」各20個ずつです。どうでもいいですけど、このキョロちゃん、近々デザインが変更されるそうですね。
銀のエンゼルさんのエンカウント率は3%程度という説もありますから、これだけでは心もとないのですが、一つ頑張ってみます。

ちなみに右端の「パチパチ」。弾けるキャンディーをチョコでコーティングしたものということで、今回初めて食べてみましたが、パチパチ感は割とおとなしめ。往年のドンパッチが懐かしいです。
AD