ダイハツは31日、軽自動車「タント」「ムーヴラテ」2車種計11万4358台(07年2月~08年12月製造)と、インドネシアの子会社が製造、OEM(相手先ブランドによる受託生産)提供するトヨタの小型トラック「タウンエース」「ライトエース」2車種計1万1131台(08年2~12月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届けた。軽自動車の2車種は、ハンドルと車軸を結ぶボルトの締め付けが不足し、正常にハンドル操作ができなくなる恐れがある。OEMの2車種は、オイルが漏れ、走行不能になるなどの恐れがある。

【関連ニュース】
国交省:ブレーキ優先、義務化を検討
三菱自動車:欠陥隠し裁判 ふそう元会長ら有罪確定へ
スズキ:軽乗用車「ツイン」をリコール 1万106台対象
ダイハツ:「ハイゼット」など3車種27万台をリコール
新車販売:2月もプリウス首位 車名別ランキング

中国毒ギョーザ 天洋食品元従業員を逮捕 待遇に不満か(毎日新聞)
渋谷の温泉施設爆発、施工担当ら2人在宅起訴(読売新聞)
ボンネットバスで観光振興=鹿児島〔地域〕(時事通信)
中曽根元首相「外務省から密約の説明受けた」(読売新聞)
警察官装い運転免許証詐取=45歳男逮捕、「50件やった」-警視庁(時事通信)
AD