大塚耕平内閣府副大臣は17日、郵政改革関係政策会議後の会見で、郵政見直しに関して24日に米通商代表部(USTR)のカトラー代表補と会談することを明らかにした。
 在日米国大使館は郵政改革推進室に対し、日本郵政グループと競合民間会社の間で対等な競争条件を確保するよう求める意見書を提出している。政府が同グループに原則解禁の方針を示しているがん保険などをめぐって意見交換するとみられる。 

【関連ニュース】
郵政改革の調整が難航=出資比率や郵貯限度額めぐり
2年連続ベア要求見送り=郵政労組
郵政非正規社員と意見交換=国民新党
公的役割を日本郵政に=金融新業務は原則自由
郵政グループ、3社体制に=政府が改革素案

ソーセージに禁止牛肉混入=オーストリア産豚肉を輸入停止-農水省(時事通信)
派遣法改正案を諮問、名称・目的に「保護」付く(読売新聞)
国庫負担「肩代わり」法案に反対声明―健保連(医療介護CBニュース)
東大阪市が介護保険料過徴収、08年度10億(読売新聞)
<室温調査>北国ほどぽっかぽか 1位北海道、2位青森(毎日新聞)
AD