アイアンテント minipop bee

2014年4月 ついに軽キャンパー ミニポップbee注文しちゃいました。車を買って、こんなに嬉しいのは生まれて初めて。少しずつコメント綴っていこうかなと思います。


テーマ:

minipopbeeカスタム仕様にすると、もれなくカスタムホイールキャップ(VENPLA Cutie)が付いてきます。このホイールキャップ、これが結構外れやすい・・ 以前、走行中に外れました・・その時の記事

 

そして、またしても、いつの間にか1個脱落していました・・ガーン 多分この河原で

 

俺だけかな?と思っていましたが、以前に坊ちゃんさんも、近所に自分のキャップが落ちていた・・とかおっしゃっていましたし、MORIXさんもつい最近、なくしたとか・・・MORIXさんのページ

 

ごく最近まではスタッドレスだったので、【鉄っちんむき出し】のまんまで乗っていましたが、夏タイヤに戻したので、【鉄っちんむき出し】は、さすがになあ~ショボーン

 

さあ、どうするか・・

ゴン4さんのようにアルミホイール導入・・(ついでにインチアップ?)

 

 

MORIXさんと同じような新ホイールキャップに変更・・・

 

鉄っちんホイールを塗装・・

個人的に気になった一品(きれいですね~)

 

色々と考えてみたのですが、やっぱりminipopbeeには、VENPLA Cutieが一番よく似合う。

残った3個捨てるのはもったいないし・・・

 

というわけで・・

買っちゃいました~ 爆  笑 

4個セットでしたので、全部新品に交換しようかとも思いましたが、とりあえず1個だけで3個は古いまま。新品残りは予備にします。

でも、もうこれ以上、無くす訳にはいきません!!ムキー

第一、走行中に外れれば他車や歩行者に危害が及ぶことも考えられますしね。

 

そこで、ちょっとカッコ悪いですが、こんな細工を施しました。

分かりますか? ホイールとキャップをタイラップ(結束バンド)で止めました(各2か所ずつ)

 

アップにするとこんな感じです (キャップ汚くてゴメンナサイ)

 

これで走行中外れることは絶対ないでしょうグッド! タイヤ交換の際、ひと手間増えますが・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ここ最近、何だかんだと忙しく、お泊りで出かけることができません!

 

とは言っても日帰りで単独スキーに行ったりはしてます。

 

スキー場にカラフルなminipopbee 画になるなあ~・・と思う・・

 

他にもキャンパーがちらほら・・・

 

買ったら最後、商品取り出せません!

 

キャンプ行きたいな~~

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん明けましておめでとうございます!(遅!ニヤニヤ

ここへ来て、日本列島は大寒波に襲われていますね。

私の住む関東も強烈に寒いですが、雪国に住まわれている方々は大変なご苦労があると思います。

 

で、我が、きゃりぃぱむぱむ号トラックの冬支度・携行品の紹介です。

 

① スタッドレスタイヤ

② タイヤチェーン

③ スノーブレード

④ 雪下ろしワイパー

⑤ スコップ

⑥ ポップアップテント防寒シート

⑦ FFヒーター吹き出し口エルボ

今年は、以上の冬支度を揃えました。

 

まずは

まずは一番大切なタイヤ・・【ブリヂストンW300 145R12 6PR LT】今年で3シーズン目。

 

そして

スタッドレスタイヤ装着&4WDですが、念のためのタイヤチェーン

亀甲 縛り 型金属チェーン.。

 

お次は

ワイパースノーブレード 

降雪時は普通のワイパーだと金属部分に付着した雪がどんどん成長してしまい、やがて雪の塊がガラスを拭いてしまう現象が起きてしましますね。スノーブレードは金属部分がゴムカバーで覆われており、雪が付着しにくい構造となっています。

上がノーマル 下がスノーブレード

 

そして

車体用ワイパー

屋根に積もった雪を落とす時に使います。

 

雪キャンプの必需品?

これ、携帯用折り畳みスコップです。

 

展開すると

 

収納時の大きさ

 

ポップアップテントの防寒カバーは、

こんな断熱シートをポップアップテント部分に当てています(画像は後日)

 

そして今シーズンより導入!した、ゴン4さんのパクリ爆  笑

これ、水道用?のエルボです(75ミリ)

ゴン4さんの言ってた通り、べバスト製FFヒーター吹き出し口にピッタリサイズ!

ここに

こんな感じで装着できます。これで真上方向に温風が吹き出しますので、2階ベッド部分にも温風が行きやすくなると思います。

 

これに解氷スプレーを常備して、雪中キャンプ、スキー等に出かけたいと思いまーすグッド!

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、シェル室内灯の片側を電球色LEDに変更した記事を載せました。

 

その時にも書きましたが、monipopの室内灯は前後に2か所。1か所につき2個の電球が付いているので、前後合わせて4灯になります。

 

この前後の室内灯は、それぞれ独立していますので、前側のみ1灯点灯とか、前のみ2灯点灯。または、後ろだけ。前2灯・後ろ1灯。前後2灯の4灯全点灯など。点灯パターンは、9通りになるかと思います。

 

この2灯1組の室内灯の片側ずつを寛ぎモード用に電球色LEDに変更しました。

ただ、この2灯1組の室内灯のスイッチは独立していなく、1つのスイッチで1段点灯→2段点灯と点灯する仕組みになっています。

 

具体的には、後部のエントランスドアから見て右側が1段目、左側が2段目となります。

つまり、前後1灯ずつ点灯させると(1段目に電球色が点灯)、前後とも右側が点灯するという、なかなかに悩ましい点灯の仕方になります・・・ショボーン

 

消灯時  

 

 

 

  

  デフォルトだと、このようになってしまいます。

 

 

これを、バランス良く、前後1灯点灯の時は左右に点灯を振り分けたいと思います。

最初は、中の配線を付け替えて1段目と2段目の点灯を入れ替えようと思いましたが、結構頑丈に配線されていましたので、これは断念。見てみれば、室内灯本体は、木ねじ2本で天井に取り付けられていたので、リア側の室内灯を180度回転させて付け替えて本懐を遂げることができました爆  笑

 

スイッチの位置も180度変わってしまいますが、バランス良く点灯できるようになりました!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

12月5日(月)は、仕事が早く終わり翌日は休みだったので、何処かお出かけしよっと!

 

夕方出発の1泊なので近場で、費用もあまりかけないように・・・

 

寒い季節だし、焚き火は必須。となると、キャンプ場か・・・ でも今からじゃな・・・

 

ということで、前から気になっていた、とある河川敷へ。

 

その場所とは、埼玉県の荒川上流にある かわせみ河原

ここで夕方から焚き火して、車中泊して、翌日は近くの管理釣り場で1日遊んで帰ろう!というこの企画ニヤリ

 

到着は夕方6時。この時期は、すでに真っ暗。暗闇の中、ランタン灯したり、タープ張ったりは大変だし、夜を過ごすだけですから、今回はごくごく簡単に済ませよう・・・

 

で、今回は こんな物を用意いたしました!

屋外用の作業用クリップライト

 

このクリップライトの電球を

こんな電球に変更。

便利ですねー、ライト本体のスイッチを入切するだけで明るさが3段階に調整できるんです!

 

明るさ100%点灯

 

 

明るさ50%点灯

 

 

明るさ10%点灯

 

食事を作ったり、何かしら作業するときは100%の明るさで・・・

焚き火をしたり、夜の帳を楽しむときは10%の明るさで・・・

 

なんといっても、スイッチ一つですぐ点灯するLED(家電)は時間のないときは助かります。

後片付けも楽ですしね。なんか最近、どんどん楽な方向へとシフトしていっている自分が・・・ガーン まあ、風情はありませんが・・・こんな家電が簡単に使えるのもキャンカーならでは。ですね。

 

簡単手抜きな車中泊キャンプでも、お約束の焚火タイムだけは譲れません。

焚き火を起こし、温かいおでんをいただき、焼き芋も・・・

夜のひと時を楽しんだら、ゆっくりBeeトラックの中で就寝・・睡眠。

翌日は、近くにある、キャンプ場に併設されている管理釣り場にてお魚たちに遊んでもらいsei、帰途につきました。

 

かわせみ河原のご紹介

 

この、かわせみ河原は、自治体が管理運営?しているキャンプができる河原です。

といっても、ただの河原です。

 

 

入口にある管理所。こちらで環境美化費 1台¥500を支払うシステム。

ただ、平日の夕方着ということもあり、誰もいませんでした。

翌朝徴収に来るかな?と思いましたが、特に誰も来ませんでした。

【管理人様。でもとりあえず、管理棟のガラス窓の隙間に500円を挟んでおきましたよ~ウインク

 

この河原すべてがフリーサイト(笑)

とーても広いです。ただ、場所によっては大きな石があって、軽キャンパーだと下を打つ可能性もあるので慎重に侵入しないとです。またスタックしそうな砂地もあり・・・

特段、なんの整備もされていない、ホントにただの河原です。

 

ただ、数台分、整地された区画スペースも用意されていました(予約必要、別料金)

 

 

環境美化費を徴収するので、敷地内には

ゴミ集積場もあります(これは助かりますね。ちゃんと分別しましょう!)

 

 

焚き火の灰はこちらへ・・(このタイヤ類は無法者の仕業?)

 

 

道を挟んでトイレ。この1か所のみです。

 

 

トイレ横にある水場。炊事場所棟はありません!ただの河原ですからニヤニヤ

 

売店もあり(休日のみ開店かな?)

 

こんな場所にセッティングしました。 

混雑時はこの河原一杯になるそうですが、冬の平日。私一人だけでした笑い泣き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。