インテリアと暮らしのヒント


スタイリングディレクターの窪田千紘です。

今日はインテリア訪問レポートです。



こちらは建築家として活躍するの遠藤誠 さんのSOHO邸。

実は遠藤さんとは、学生時代からの古い友達^^;



独立したのをきっかけに、

築40年ほどの古いマンションを

SOHOスタイルにリノベーションしたという噂を聞きつけ

訪問です。




昔からそうだったのですが、

すごいセンスのいい友人の一人。




いつもクリエイティブのセンスが

あふれ、友達同士でいて、

とても刺激を受ける人でした。




その彼が作るリノベーションマンションといば

見てこない?!手はありません。


   ・・・・  「雑誌に公開されない~」の方でも

        当時を振りかえって記事にしています。


        記事はこちら

        15歳のころの興味が仕事に通じる?!



インテリアと暮らしのヒント

可愛くて温かい生活文化の提案を

      目指します^^
   インテリアと暮らしのヒント

 ワンクリックで1票!励 みです^^感謝!   


元々和室が二つとリビング、キッチンという空間。

そこを大きな一つのスペースにして

かなり開放感のある造りにしたそう。



古いマンションには珍しく

一面の窓がとても気持ちいい感じ。



床のチーク材も

一つひとつ手仕事で自分自身ではりかえ、

温かい雰囲気。




インテリアと暮らしのヒント
ここ数日の記事 見逃した方はこちら


リビングの真ん中におかれた

テーブルにデザイン違いの

お気に入りの椅子を置いて、

空間に、動きを作っているのも特徴。





モダンな家だと、

ちょっと無機質な感じになりますが、

心地いいバランスを醸し出しているのは

この不揃いさもあるかも。



インテリアと暮らしのヒント


実はこれらの椅子

有名なデザイナーズチェアー。



にもかかわらず

足をテーブルにあわせ、

カットしたのだそう・・・・・汗



うん~~大胆 ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ



ちょっと普通では、怖くてできない荒業?!ですが



その甲斐あって、

テーブルとの位置関係は絶妙でした。



インテリアと暮らしのヒント

玄関のちょっとしたスペースにも、

余った床材を一面にはりつけて

経費をかけずに、お洒落な空間を

作っていました。



一つひとつ自分ナイズしていきながら、

心地いい空間を作る・・・・




ちょっとしたスペースを有効活用する

見本のようなリノベーションマンションでした。




次回も、その工夫の一部をお伝えします。






ベル 午後クラスがおススメ!!


窪田プロデュースする

クリスマス限定フォトスタイリング体験講座開催

 詳しくはこちら

http://ameblo.jp/biseikatsu/day-20091104.html


      ・・・・・一部のクラスはすでに満席になりました。

           お早めに~



講師は

このコーナーでなんども紹介している

湘南ナチュラルモダンの家の佐々木朋子さん。

元セレブ雑誌2代目編集長

現在は大手雑誌の編集を手掛けるセンス抜群のクリエーター   




 ラブラブ 「インテリアと暮らしのヒント」は、

      スタイリングディレクター窪田千紘の

      セレクトや提案を中心に、


      「明るい日本の家庭文化を創りたい

      という思いで


      全国の女性たちで構成する草の根的な存在

      「チーム・生活美」のメンバーと

      二人三脚でお伝えしています。 ラブラブ





 旗 本家・姉妹ブログ       

    「雑誌に公開されない素敵なインテリアのヒント」 

      http://ameblo.jp/biseikatsu/


       ・・・・普段の活動、プライベートのことなどは

          こちらのブログでお伝えしていま~す。









AD