16日に市長選とともに投開票された兵庫県西宮市議補選(欠員3)で、いったん発表した中間票を取り消すトラブルがあった。このため得票確定は約2時間ずれこみ、17日未明まで作業が続けられた。疑問票のうち有効と判定された票を二重に計上したのが原因で、当落を含めた候補者の得票順位に影響はないという。

 市選管によると、疑問票は2段階の審査を経て有効票と無効票に分けられる。各候補の得票を集計する際、1段階目で有効となった票と2段階目で有効となった票を分類して入力することになっていたが、中間票発表後、一括して入力していたことが判明し、修正。

 この際、先に入力した票がシステム上の問題で削除されず、中間発表では、有効と判定された票を二重計上。最終的には、5候補のうち4人が中間票より得票が減る結果になった。

【関連記事】
橋下“大阪都”賛否で5新人が舌戦 市議補選、異例の注目
日光市長選で投票用紙を二重交付、期日前投票者に
ブログ市長派の4市議、解散決議案を提出へ
政界の流動化が加速か 小沢氏の影チラリ?
香港補選、民主派議員の狙い不発に 投票率も低迷 
少子化を止めろ!

千葉・白井でパチンコ店強盗、360万円奪う(読売新聞)
B型肝炎訴訟 救済範囲、賠償額…道のり険しい全面和解(産経新聞)
世界で2番目に古い貝の化石発見 深海生物進化の定説を補強(産経新聞)
民法規定を認識せず受理=元妻の娘との婚姻届―兵庫・明石市(時事通信)
「東国原知事殺す」ツイッターに殺害予告(読売新聞)
AD