文部科学省は22日、デジタル教科書や電子黒板などのICT(情報通信技術)を活用した教育を推進するため有識者と意見交換する「学校教育の情報化に関する懇談会」(座長、安西祐一郎・慶応大教授)の初会合を開いた。教育の情報化ビジョン策定を目指し、夏までに中間的な方針を出す予定。

 小学校長や自治体首長、教科書会社社員ら22人がメンバーで、分かりやすい授業や児童生徒の情報活用能力の向上、教職員の事務負担軽減が主な論点。

 この日は、「電子黒板は子供の興味関心をひきつけた」と導入効果が紹介された。一方、「ICTが苦手な先生にとっては負担。先生の格差が子供の学力格差にならないか心配」「先生は多忙で、すぐ役立つ機器でないと使いこなせない」「デジタル教科書は成長戦略としても注目すべきだ」などの意見が出された。

【関連ニュース】
大学:審議会に11年度10校の設置認可を諮問 文科省
原子力副読本:小中学生に配布 エネ庁と文科省
ファイル:内政・外交・安保 文科省が「熟議カケアイ」開設
高校無償化:特設電話を開設--文科省
児童虐待:厚労省と文科省が指針策定

トレーラーのタイヤ脱落し炎上 阪神高速守口線(産経新聞)
首都圏で保育士足りない…地方へ求人活動も(読売新聞)
「訓練充実、不安ない」=長期滞在予定の古川さん(時事通信)
戸惑い広がるジオス受講生「受講料納めたばかり…」(産経新聞)
<名古屋市議会>恒久減税案など 委員会で全会一致で否決(毎日新聞)
AD