岡田克也外相は9日の記者会見で、2月のチリ大地震の際、緊急支援医療チーム派遣用に準備したチャーター機がチリ政府に断られて不要となり、キャンセル料が1800万円生じたと明らかにした。1月のハイチ大地震で支援が遅れたとの反省から迅速に対応した結果で、岡田氏は「慎重にすれば遅れる。今回は私の責任」と語った。政府は発生翌日の3月2日、チリ側から簡易病院建設の支援要請を受けて先発隊として医療チーム3人を派遣、本隊派遣に備えチャーター機を準備した。しかし翌日チリ政府から「必要なのは資材であって人ではない」と断られたという。

【関連ニュース】
ユネスコ:耐震補強法を世界で共有 情報網を構築
チリ津波:気象庁の対応、「適切」6割 東大地震研調査
気象庁:チリ津波「過大」発言…長官は「おわび不要」
チリ津波:地上職員避難で旅客機が立ち往生 仙台空港で
チリ:大規模な停電が発生 大地震で送電系統に障害か

放鳥トキ 佐渡で産卵を確認 自然界では31年ぶり(毎日新聞)
悪質リース契約再燃 解約応じず、高齢者泣く(産経新聞)
阿久根市の免職訴訟できょう判決=給与張り紙はがし-鹿児島地裁(時事通信)
「シュワブ陸上」なら政権崩壊 阿部知子社民政審会長(産経新聞)
<海洋観測船>二酸化炭素濃度に異常値 原因は装置の不具合(毎日新聞)
AD