*最新情報はTwitterをご覧ください。いち早くお知らせいたします。


$Blooming Days* @ayukko

*東方アイドルユニッット「東方女子流」にてアリス役を担当しています。




*声優・ボーカル・ライブイベント出演等のお仕事受け付けております。
「ayu●iosysos.com」まで御連絡下さい。(●→@)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-11-28 20:12:41

東京へ戻ります

テーマ:ママン1年生
産後はあっという間に時間がすぎる!
気づけばもう11月も終わる頃、いよいよ東京へ戻る日が近づいてきました。

産後1ヶ月健診で私の体調も回復、息子も順調に成長していることがわかり一安心。
そのため、主人のご両親や親戚も息子に会うのを心待ちにしていることもあってお宮参りを今年中にいってしまおうということになり、12月に入る前に帰ることにしました。

11月に入ってからは息子との生活にも慣れたので、友達や親戚、昔からお世話になっている知人を自宅に招いて息子に会っていただいたり、母に預けて少しだけお買い物や美容室にいったり、友達のお家に息子を連れてご挨拶に行ったりと活動範囲も広がりました。

育児生活はというと、母の助けもあってあまりストレスたまることなくここまでこれています。
一番大変だったのはおっぱい関係かなw
息子が生まれてばかりの頃は母乳を直接飲むのが下手くそで、飲ませようとすると「禁止!!」と言わんばかりのバッテンを手で作ったり泣き叫ばれたりしたものです…
それでも母乳の出はそこそこよいので、ほおっておくとガチガチに張ってしまい、危うく乳腺炎になるところでした…幸い微熱どまりでどうにかなりました。(こまめに搾乳するのと、アイスノンで冷やすのと、葛根湯が効果ありました)
でも体重が増えてきて生後1ヶ月過ぎる頃にはうまく飲めるようになってくれてつまることはなくなったのですが、今度は乳首が切れて痛い!!www
赤ちゃんの吸引力はダイソン…、じゃなくてマックのシェーキを飲むくらいの力で吸っているらしいんですよねw
たまには搾乳で胸を休めたり、ランシノーを塗ったり、馬油パックで乗り切りました。今ではだいぶ耐性がついたのかそれほど痛くなくなりましたが(^_^;)
哺乳瓶も嫌がらないのでミルクも飲ませつつ混合でやってます。

ありがたいことに夜泣きはしないし、基本的にお腹が空いた時と少し構って欲しい時だけしか泣かない子なので困ることはあまりないです。
(お客さん来たり私がバタバタしてるといつもと違う空気を察して泣く時はありますが…)
赤ちゃんはお母さんの一番嫌な泣き声を発して自分の要求を伝える、と聞きますが、私はむしろ息子の泣き声が可愛くてあまり焦ったりはしませんw
あまり泣かない子だからこそたまに声をあげるとめっちゃ愛らしいんですよね~
でも泣かないで起きている時も目をクリクリさせて周囲を見てるのがまた可愛くて構ってしまいます
自分の子どもが容姿や性格関係なく一番可愛いと先輩ママたちから聞いていましたが本当ですね

東京に戻ったら季節は冬で外出は積極的にできないし、主人は仕事であまり家にいないので密室育児になってしまいそうですが、適度に力を抜いて頑張ります(`・ω・´)


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2015-11-01 19:28:01

産後の体調

テーマ:ママン1年生
今日で息子は生後25日を迎えました。
ありがたいことに体重も順調に増え、夜泣きもせず、あまりぐずらずとっても元気でいい子で育ってくれています。



出産の長々とした記事を読んでくれた方ありがとうございました。

出産怖い!とか帝王切開大変って声がちらほら聞こえてきてますが、正直自分も出産直後は、もしかして母子ともに助からなかったのかもってビビるくらい、本当に赤ちゃんが生まれてくるのって奇跡なんだなと実感しました。
10月から始まったコウノドリというドラマをみてますが(原作は漫画ですよね)
そこでも「元気に無事に赤ちゃんが生まれてくることは奇跡の連続」とでてきますね。
妊娠・出産が様々な側面から描かれていて、とてもリアルで面白いし感動する作品です(ひっさしぶりにドラマにはまりました)
出演しているのがリアル新生児ちゃんなのでめっちゃ可愛いのも楽しみの一つです。


話を戻しますが、なんでそんなにびびったかというと、退院後1週間検診で病理の結果がでて説明してもらったのですが、やはり常位胎盤早期剥離がおこりかかっていたんです(ちょうどコウノドリ3話のテーマになってますね)
2.5cmくらいだったみたいなんですけどね。
でも、もし陣痛が来てなかったら、そしてあの日健診じゃなかったら、すぐに帝王切開となることもなく早剥になって母子ともに危険な状態になっていたかもしれないと思うと非常に恐ろしいし、息子が「そろそろ生まれないと大変だよ!」って陣痛で教えてくれたのかなあと思って感謝しました。
そもそも、息子が妊娠9ヶ月以降あまり育たなかったのも胎盤が小さめだったせいかも、とのこと。
そして恐らく妊娠高血圧症になっていたことが原因の1つかなと思います。
(ずっと正常だったのに、臨月に入って急に130台とかになっていました)
ちなみにドラマの妊婦さんのように私は喫煙はしてません。
主人は愛煙家ですが、妊娠してから私の前では極力吸ってなかったし、妊娠8ヶ月くらいから里帰りして離れてたからあまり関係ないかな…

ちなみに母も妊娠高血圧症の既往があるし、父は今も高血圧で治療中。
体質的に遺伝も考えられるから今後も血圧には注意しなきゃならないですね(>_<)

そしてこの妊娠高血圧症、産んだらあっさり下がると母から聞いていたのに私は全然下がらず。
服薬治療(母乳の為それほど強い薬ではありませんが)していましたが160台とかまであがることもあって、でも自覚症状はなくて、薬増やしたら肝機能は悪化するしで大変でした(ノ_・。)
退院後2週間くらいでようやく元の血圧に戻り、今は服薬せず経過観察中です。(肝機能も回復しました)
先生から「上がる時もあっという間だったけど下がるのもあっという間だねw」と言われましたが、こんなもんなんですかね…


そして浮腫もはんぱなかった!これは産後の方がひどかったんですが、足から顔までぱんっぱんで、体重が妊娠中最後に測ったときよりプラス3kgになる始末wwww
非妊娠時からプラス10kgにとどめていたんですが、産んだのにどういうことだよwwwwと。まあ水が溜まっていたんですね…
漢方を飲んで治療しましたがなかなか治らず、これまた自宅に帰ってしばらくしたらスゥっと消えましたw
そして今、体重はそのmax太っていた時よりも9kg減りましたw
妊娠中はやはり食欲旺盛だったんだな…と今では思うほどあまり食べなくなりましたw
非妊娠時の体重まで残り4kgです…がんばれわたし…


帝王切開だったせいか貧血もあったんですが、これは薬に頼らず回復しました。あーよかった。


健康がとりえ!みたいな自分が、出産で色々体調に変化がでるようになってしまい、これから育児していかなきゃならないのにこんなんで大丈夫なのかと不安になったりもしました。
そんなマイナス思考もおそらく産後のホルモンバランスのせいでしょうねw
出産後しばらくは「手術予定立てていたのに急に産むことになってしまい、病院にも家族にも迷惑かけてしまった」「息子をお腹の中で大きくしてあげられなかった」と落ち込む気持ちが時々でてきてしまっていたんですが、息子が順調に大きくなって一緒に退院でき、自宅でも問題なく過ごせて、退院後1週間の検診で「もう低出生体重児は卒業です」って言ってもらえたことで安心したのか、前向きな気持ちに戻りました。
ホルモンって目に見えないところで作用するからおそろしい…
最近は搾乳している時に、なんだかいやーな気分になることはあります。
これから嫌なことが待っている時のような、誰かを傷つけてしまったような、誰かに嫌われていると実感してしまった時のような、名前をつけにくい謎の嫌な感覚です。
搾乳が終わると、そんな気持ちもスッと消えてしまうので不思議だなと思い、検索したら産後あるあるだったみたいですw
原因がわかると楽になりますね。

目下、戦っているのは乳腺炎です…
すでに3回ほど微熱がでたりとなりかかって自力で治している状態です。
ありがたいことに母乳の出はよいのですが、息子が生後しばらくは哺乳瓶だったこともありなかなか私のおっぱいには慣れず直接吸うことができないんでどんどん溜まっていくという…
さぼらずに頻繁に搾乳すればわりと大丈夫なんですけどね。
食事もまだまだ気をつけないといけないので、気が抜けません


実家で過ごすのも今月末頃までの予定なので、体調が悪化しないようにがんばりまーす!(`・ω・´)




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-10-28 22:05:48

出産の記録③産褥編

テーマ:マタニティライフ
少し間が空きましたが出産の記録の続きです。今回で最後!
(実は前回更新後、軽い乳腺炎になってしまい発熱して倒れてました…orz)


出産後の夜はとにかく後陣痛が痛い!!
最初はオペの傷の痛みなのかどっちかよくわかんなかったけど、後陣痛も「陣痛」っていうだけあって波があるんだと初めて知りました。
てっきり生理痛みたいにずっと痛いのかとw
そして下半身がずっとしびれている感じで(麻酔が残ってるから)当然体が動かせず、同じ体勢で寝てなきゃいけなくてつらかったな(´Д` )
夜勤の看護師さんが最初の方は体位交換してくれてたんだけど、思ったよりしてくれないもんなのねwww(一般的には2~3時間おきにするもの)
途中で「寝返りうっていいですか」って自分で聞いてなんとかちょっとだけ横を向いたりとかしてみたけど、当然うまく動かないしお腹痛いしで厳しかったー…
尿道留置カテーテルを入れてもらったのも初めてだったけど(入れたのは何回もあるけどw)、やっぱり違和感あるもんなのね。
カテーテルを太ももとかに止めておくんだけど、テープ止める位置とか配慮してあげないといけないなあと改めて思ったのでした。
消灯前に看護師さんが痛み止め使う?って聞いてくれて、てっきり座薬だと思ったら筋肉注射だったのですが、これが痛みには効果抜群!うつときはそれなりに痛かったけど、陣痛に比べれば何のその。
でも打った跡が内出血しててひどかったwww打ってから2週間くらい青くなってたw
すごく疲れてるけどやっぱりお腹痛いし、赤ちゃんの泣き声も聞こえるし、廊下に置いてある赤ちゃん用の体重計のピッって音が頻繁になるのも気になるし、ナースステーション近いから看護師さんたちの出入りする音も気になったりしてあまり眠れなかったなあ
自分に対しても点滴交換もあるしバイタルサインの測定もあるからわりと頻回に巡回きてくれてたしね。
そして飲まず食わずが続くから唇がからっからwリップクリームをとってもらって何度も塗り直しました…
次第に麻酔が切れて足が動かせるようになってきて、「明日からきっと歩かなければならないにちがいない」「早期離床しないと回復が遅くなる」「黙ってねてたら血栓ができちゃいそう」と思い、ひたすら足をにぎにぎしたり、曲げ伸ばししたりしていましたw

翌朝、麻酔もすっかりきれて足の感覚は戻ってたし、後陣痛は落ち着いてきていた。
でも今度は傷が痛いし、普通分娩じゃないのに骨盤付近が痛い。
あと筋肉痛。陣痛にのたうち回ってたせいかよくわからないところが痛むw

助産師さんが諸々の観察を終えて早速清拭してくれて着替えてさっぱり
すぐに尿道留置カテーテルも抜去してくれたけど、この時点で歩けるかどうかまだ確認してないからトイレまで歩けるのか若干不安だった…
と、そんな不安をよそに助産師さん。「じゃあ、部屋移動しますねー」とΣ(゚Д゚;
(元々個室を希望していたので、産後急性期を過ぎたら移動することになっていた)
先に看護助手さんが荷物を移動してくれて、それに続いて自分も移動…なんだけど、とにかくお腹の傷が痛くて背筋を伸ばしてまっすぐ立てないw
足は動かしてたかいあって思ったよりは力が入ったけど、点滴スタンドによりかかって腰を曲げてゆっくーり移動しました。
個室はシャワー、トイレ、洗面台がついてたし、何よりベッドがリクライニングつき!(ただし頭側とベッド全体の高さだけだった…足も欲しかった)
自分が使いやすいようにセッティングして、くつろげるようにしました。
ちなみに帝王切開かつ低体重児の我が子、私の血圧が高いままだったので母子同室はまだまだ先の話となってました。
早く息子に会いたかったけど、今思えばここでのんびり休めて本当に助かった…あの痛みの中だっことかお世話は無理だったと思う…(腰曲げて洗顔するのも一苦労だった)
そして、看護師さんが「飲み物もってる?なかったら買ってくるよ!」と言ってくれて、絶飲食からの解放キタ━(゚∀゚)━!
DAKARAやさしい麦茶があの日ほど美味しいと思ったことはなかった…。
こちらの病院では朝から全粥普通菜で食事スタートだったので嬉しかったー(排ガスとか確認しなくていいんだwとは思ったけど実際なんともなかった)
ふつうのお粥ってあんまり好きじゃないけど美味しく感じました…食べれるってすばらしい…

ところで産んだからってお腹がすぐへこむわけじゃないって聞いてたけどマジでしたw
あれ、もう一人いるんじゃ?wwwっていうくらいまだ膨らんでたw
ちなみに、この数日後体重を測ってみたら、妊娠中最後に測った時より3キロ増えていて、赤ずきんの狼的な感じでお腹に石でも詰められたのかと疑うほどびっくり\(^o^)/
のちにこれは盛大な浮腫だったと知るのでした…

そんなわけで長々と書きましたが、陣痛~出産直後までのお話は今回でおわり!
妊娠・出産に関するまとめはまた後日かきたいなー
(産後の体調の話とか、妊娠中準備してきたことがどうだったとか、息子の話とか)

ここまで読んでくださった方、どうもありがとうございました!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-10-22 18:57:56

出産の記録②帝王切開編

テーマ:マタニティライフ
出産記録の続きです。(また長いしまとまりないです)

オペ室へ入ると、手術台にすぐ横になりました。
本当はゆっくりオペ室どんなかなーって見たかったんだけど余裕なかったなあw
この時2~3分おきに陣痛きてたので早く麻酔打ってくれーって感じでした。
モニター類つけるんだけど、血圧が160台とかいっててすごい高いorz
私の体いきなりどうしたのよ\(^o^)/
いつもの先生がいろいろ説明してくれて、縦切りにするか横切りにするか相談→縦切りで!(縦切りのほうが早く終わると聞いてて、一刻も早く息子を出して欲しかったw)
あとは麻酔の量とか決めてたっぽい。
ちなみに腰椎麻酔で下半身だけ痛くなくなるような麻酔。
麻酔使うと血圧が下がって気持ち悪くなったりするらしいから、側臥位で麻酔打ったらすぐに、上半身は高めの姿勢を保つ形で仰臥位にするとのこと。
横向きになって背中をまーるくして針を入れてもらう。「逃げないでね~」って言われたけど、もはや陣痛が痛すぎて麻酔を入れる痛みなんてたいしたことなく感じたw
すぐに足がじんわりあったかくなってくる感じで感覚が鈍くなる。
ここでようやっと陣痛の痛みも消える(゚∀゚)
先生が冷たい何かを上半身にあてて「これ冷たいのわかるー?」と質問。→わかる
そのあと下半身にあてられて、触れられているのはわかるけど冷たいのはわからない。
ってのを何箇所か繰り返して、麻酔の効きを確認。
触られている感覚はあるのに痛みや温度は感じないという不思議さ。
オペに関わる外部の先生も到着。
「よろしくおねがいしまーす」ってスタッフみんなで挨拶するのに混じって自分も「おねがいしまーす」って挨拶w

麻酔のせいなのか若干頭ぼんやりしていて先生たちの話し声が遠くに聞こえる。
自分からはさすがにお腹のほうは見えないようになってたw(術野確保&清潔野確保のために布とかいっぱいかけられてた)
特になんてことなく切られていっているようだったけどさっぱりわからずw
もうすぐ赤ちゃん生まれるよーって言われ、程なくして内臓をぐっと押される感じがして(噂には聞いてたので、おっ、この感覚か!と思った)、赤ちゃんが取り上げられた!
「赤ちゃん生まれましたよー!」と言われてわりとすぐに元気な産声が聞こえてほっとする。
息子はすぐに綺麗に拭いてもらったりなんやかんや処置をしてもらっていたっぽい。
「小さいけど21××g(聞こえなかった)はあるねーよかったよかった」と体重に関して聞こえてくる。やっぱりあまり育っていなかったのか。

数分後、私の顔元に連れて来てくれたんだけど、角度的に一番最初に目が行ったのは息子の股間だったwwww(メガネしてなくてぼんやりだけど)
ほぎゃほぎゃ可愛い声で泣いてる息子のほっぺと私のほっぺとを看護師さんがくっつけてくれて、カンガルーケアはできないけどあたたかさを感じれて嬉しかった。
感動で泣きそうだなと思ってたけど、ここまでいろんなことが突然すぎて夢のように過ぎ去ってたし、麻酔のせいかなんかぼーーーっとしてた。ただひたすら息子が元気に生まれてよかった…とほっとしていた。

胎盤取り出されてたんだけど、「あ、これ血腫できてるな?もしかして早期剥離かも。病理出して」って声が聞こえてきて、どうやら胎盤早期剥離になりかけてたらしいことが判明(((((((( ;゚Д゚)))))))オソロシヤ

その後お腹の中がいろいろ吸引されていってる音が聞こえて、縫合されておわったっぽい。ぼんやりはしているものの、寝ることはなく最後まで意識はありました。
血圧が高めだったせいで下がってもたいしたことなく気持ち悪くなったりはなかったのが怪我の功名w
オペ後はストレッチャーでお部屋まで移動し、看護師さんたちにベッドへのトランスしてもらいました。(自分もやってたよ…懐かしいな…と思いつつw)


間もなくして両親がきて赤ちゃんの話とかオペ中の話とかしたと思います。
主人にLINEで無事産まれたと連絡。マタニティハイってことはなかったけど、疲れてるのになんだか妙に冷静な自分だったきがする。
で、もうすぐ主人がくるから迎えに行ってねーと父にお願いしたり。

間もなくして主人が到着して、忙しい中きてくれたことと、久しぶりに会えた感動でテンションが妙に上がったし、なんだかほっとした。
やっぱり自分が辛い時に会いたいなと思うのは家族なんだなあ。

看護師さんが、オペ後は私が休めるように家族は早々に帰ってくれ的なことを言ってて、まあいてもらったほうが気持ち的には安心だったけど、確かに休んでおかないと今後辛いのでは…と思ったので、そこまで長居せず帰ってもらったのでした。

この時点で赤ちゃんに会えたのはオペ直後の一瞬だけだったので、主人が撮った写真を見せてもらいました。
すやすや寝てて、体温下がらないように帽子かぶってた(´ω`*)
なんだか出産した実感があまりわかないまま、しかし始まった後陣痛に苦しみながら夜が更けていくのでした…。
産褥編に続く!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-10-21 21:34:51

出産の記録①陣痛が来た!編

テーマ:マタニティライフ
私もいろんな方の出産記録をすごく参考にしたので、ブログの方には出産までの経緯をこまかーく記録しておこうとおもいます。
自分の中では人生の一大イベントだったし、記念に残しておきたいですしね!
私の経験も誰かの役に立てばいいなーくらいの気持ちで。
すごく長くなりそうなので興味のある方だけどうぞ↓


10月7日の深夜2時30分頃、なんだかお腹が痛くなって目がさめる。
明日は健診だから早く寝ておこうと思ったのにゆっくり寝れないな~なんて思っていたら、その痛みはそれなりの間隔をおいて不規則にやってくる。
あ、これ前駆陣痛ってやつかな?と思いながらも、念のため予めインストールしていた陣痛アプリを起動。(陣痛きたかもってアプリです)
うーん、定期的な間隔ではこないなあ。
と、思いつつも痛みに耐えること1時間。
少し落ち着いたのか朝まで寝てしまうw
そして7時半頃、また痛くなってきてアプリを起動。
5分おきくらいのこともあれば10分おきの時もあって、いわゆる陣痛の間隔とは違うよね?と思いそのまま様子を見る。
痛いけど陣痛ってこんなもんじゃないだろうと考えていた。
でも今まで感じたことないテイストの痛みにまさかな…と思いつつ、食事をしようとするもあまり食べれず。
もしかしたらしばらくお風呂にゆっくり入れなくなるかもしれないという予感がして、入浴する。
その間も不規則な間隔で痛みはやってきていた。


とりあえず健診行けばわかるよねーと思って、10時頃健診へ。
血圧がいつもより高い。(最近家で計っていると少し上がってきてたし、痛いからさらにあがるよね、とこの時は思っていた。)
おしるし的な出血を確認。(あ、これやっぱりやばいかも、と思い始める)
NSTの予定だったので、機械を装着してもらう。
看護師さんに「なんか、陣痛みたいなのきてるような気がするんですけど…」と夜からの経緯を伝えると、「え、もしかしたら先に内診になるかもしれません」と言われ、NSTもそこそこに内診へ。

先生「あー子宮口3cmあいてるねー血圧も高いし、今日手術しましょう」

やっぱりか\(^o^)/

そう言われるとだんだん痛みも強まっている気がしてくる。
すぐ母に連絡して準備をしてきてもらうことに。
主人にも連絡すると、職場から直ですぐにきてくれることになった。

しかし、今日は病院のオペ日ではないので先生も慌てて色々連絡したり、予約キャンセルしたりしてくれているっぽかった。
それでオペ時間がなかなか決まらず。

とりあえず入院となり病棟へあがる。
師長さんが点滴ラインとったり、剃毛したり、あれこれ手術に向けて処置してくれる。(ちなみに浣腸とかはなかったw)
さらに痛みが厳しくなってくる。
師長さん「16時の予定っていってるけど…子宮口開いてきてるし厳しいと思うから先生にもう少し早くできないか連絡して」

初産婦さんは予定日過ぎてもなかなか陣痛が来ない人が多いなか、なぜよりによって普通分娩できない私に限ってこんなにもお産が進むのか\(^o^)/
普通分娩だったらスピード安産だったのかなあ…と思いながらも、今はオペ時間まで子宮口あいたらまずいし、絶飲食だからノドはカラカラだしでただ黙って陣痛に耐えるしかない。


オペ時間が14時に決定し、あと2時間耐えればいいのか…と思っていた矢先、トイレに行って戻ってきたらまさかの破水\(^o^)/
ナースコールで看護師さんを呼び、どうにかしてもらう。
そこから陣痛がさらに間隔が短くなり痛みも強まる。
お腹っていうか腰(仙骨部分)がすごい痛い。
入院準備をして母が来てくれたけど、オペ時間までだいぶあるので一回帰る。(母はこの日の夜仕事だった)
誰もいないので自分でげんこつ作って仙骨部を押すと少し楽になる。(噂通りだなと思い、テニスボールとかないんですかって看護師さんに聞いたけどなかったw)
スイミングで習っていた呼吸法をやってみる。
あたためると楽になりそうだなと思い、「蒸気でgoodnight」を腰にはる。
息を吐くのに口の中がカラカラなので濡れマスク&リップクリームで対処。
赤ちゃんの心音は下がらず元気そう。(ずっとNSTつけてた)
時々看護師さんがきて腰をさすってくれる(これがマジで楽だった)
主人が夕方くらいには来れることになり、なんとか両親の連絡先とかを教える。
陣痛に耐えるために必要なアレコレを勉強してたけど、帝王切開待ちの私には使えないことばかりでそれがツラかったな~

オペ30分前頃両親がきてくれて、母が腰をさすってくれてマジ助かり。
もともと普通分娩になっても陣痛は一人で耐えようと思ってたけど、今思えばツライw
これから出産する人は旦那さんでもお母さんでも誰か腰をさすってくれたり身の回りのお世話をしてくれる人に立ち会ってもらったほうがいいと思います…

そして時間になりオペ室へ移動することに。
ストレッチャーに乗ったりすることなく、オペ室まで歩いて行くんだよねw
「もうあゆさんのHPは0よー\(^o^)/」と思いながらも、陣痛の波がこないうちに!って、そそくさと小走りで移動しました。
帝王切開編へ続く!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。