鳩山首相と連合の古賀伸明会長が5日午前、首相官邸で会談し、古賀氏は民主党の参院選公約で、昨年の衆院選のマニフェスト(政権公約)を現実に合わせて修正するよう求めた。

 古賀氏は冒頭のあいさつで、衆院選の政権公約について「大胆に見直すところは見直し、国民を巻き込んで議論をしていくのが本当に民主党らしい政権のあり方だ」と述べた。「国民の期待が大きかったことから、支持率がじりじりと低下している。透明性を持って成果を上げていく以外にはない」と語った。

 首相は「なかなか国民の支持(を得るの)が難しい状況だが、だからこそ正念場という時に、改革の時計の針を逆行させるわけにはいかない。参院選もある。ご指導をいただきたい」と協力を求めた。

 これに関連し、平野官房長官は5日午前の記者会見で、参院選公約について「党を中心に、政府も参画して5月20日くらいまでに粗々のものをつくりあげる。その中で連合の要望も含めて議論したい」と述べた。

力士暴行死の元親方、2審は懲役5年に(読売新聞)
<北九州社長殺害>解雇通告で逆上か 「雑用ばかりで不満」(毎日新聞)
最終回迫る「キャンパスナイトフジ」あの娘たちと接触するチャンス!
平沼新党「敬老会みたい」=東国原知事(時事通信)
野生復帰で初誕生のコウノトリ、不明3か月(読売新聞)
AD