東京電力福島第一原子力発電所の作業で放射線に被ばくし、がんの一種「多発性骨髄腫」になったとして、元作業員の長尾光明さんが同社に慰謝料などを求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は23日付で、原告側の上告を棄却する決定をした。長尾さん側の敗訴が確定した。
 一審東京地裁は、長尾さんの疾患を骨髄腫とは認めず、請求を棄却。二審東京高裁は骨髄腫と認定したが、「加齢が原因の可能性を否定できない」とし、被ばくとの因果関係を認めなかった。 

【関連ニュース】
もんじゅ再開へ申し入れ=試験運転計画書も提出
安全委も運転再開容認=停止中の高速炉「もんじゅ」
敦賀原発1号機、40年超え運転へ=福井県知事、地元市長が容認
中国電、11年度採用計画は30人増=事務系も増やし210人
東電、11年度も1100人=新規原発建設で2年連続大量採用

東アジアの文化交流推進=鳩山首相(時事通信)
母親殺害容疑で58歳長男を逮捕 東京・葛飾区(産経新聞)
覚せい剤密輸、過去最高の68件=「小口化して空輸」09年成田空港-東京税関(時事通信)
被害相談の女性にわいせつ行為、警部補逮捕(読売新聞)
【党首討論詳報】(3)谷垣氏「助け舟を出したつもり」(産経新聞)
AD