走るファイナンシャルプランナー

何も考えず走るのはもったいないと思い
本を読んでから走ると色々な知識が定着しやすいと
勝手に思い込んでるFPが
日本経済のみならず
世界経済を考えるGFPとして
走りながら、その都度気になったことを記録していくブログです


テーマ:
7月31日(日)晴れ?

昼過ぎから八景島、海の公園を目指してランを開始!

曇り時々雨かと思いきや、なかなかのカンカン照り(゚o゚;;

あちいー
すぐに体力の消耗月訪れ、海の公園の砂浜にやられてダウン(^_^;)

なかなか距離走れないなー

新杉田→海の公園→野島公園

10.85km
1:13:02

さて本日は多くの銀行で採用されている変動金利型住宅ローンを考えて行きたいと思います。


メリット
当初の返済額が低い


デメリット
返済額を正確に計算出来ない
未払い利息


変動金利型も過去最低金利をたたき出していいます。

なんと驚異の0.35%で融資する銀行もあります!

この数字だけ見るとやはりフラット35は金利が高いと言わざるを得ません。

但しこの驚異の金利で融資が受けれる人は全ての人ではありません。



店頭金利と呼ばれる金利が存在します。

銀行にもよりますが大体2.45%~3%ぐらいでしょうか。

そこからお客様の属性によって優遇金利を受け

最大-2.1%などひかれ0.35%などになります。



ただどちらにしてもフラット35に比べれば当初返済額は低くなる可能性が高いです。
なので金利が低い時期に繰上返済ガンガンやって10年とか15年で返済する人にはとても有効ですね。



気をつけないといけないのは「未払い利息」です。

これをご理解されてない方が多い。

というよりあまり説明がされてない可能性も否めない。




通常、変動金利型では半年に一回金利が見直しがあります。
ただ金利が爆発的に上昇しても返済額が爆発的に上昇するわけではなく、
返済額が急激に上がってしまっても返済額自体は5年間変わらない。
更に返済額が上がったとしても以前の返済額の1.25倍までしか上昇しない。

という一見ありがたい措置があるのですが・・・


この時発生する恐れがあるのが「未払い利息」です。

返済額が変わらない5年の間に金利が上昇しつづけて、
毎月の返済額の中の利息額が増えて返済額を超えてしまう可能性がある
そうすると毎月返済していても元本が減らずに
払いきれない利息が発生してしまいます。

これが「未払い利息」です!


多くの場合この未払い利息は最終返済月に一括で返済を求められます(ー_ー)!!

未払い利息は約2.5%上昇すると発生する計算になります。(あくまで目安です)
2.5%の上昇があるかないか・・・
これは各自の判断になってしまいます。

この状況を全くわからずに5年後を迎えてしまったり、
最悪35年後に気づく可能性もなくはないでしょう(+_+)


確かに最初は返済額が低いのは間違いない。
だから営業トークもやりやすい。
でもあくまで最初だけだということをお忘れなく・・・


なので繰上返済を積極的する方や、金利動向をしっかりチェックできる方は変動金利型がオススメになると思います。



あくまで変動金利型は「借り手が金利変動のリスクを負っている」ということを忘れないで下さい。



さて次回はミックスローン(固定と変動の組み合わせ)について考えて行きたいと思います。


しかし暑くなってきていよいよ夏本番になってきましたね(^_^;)


トレーニングには丁度いいけど、明日には妻が戻ってくるので、なかなか走れなくなるかも(^_^;)


でもなんとか頑張ります!


走るFP  横田大範

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。