司法試験情報局(LAW-WAVE)

司法試験・予備試験・ロースクール入試の情報サイトです。                          勉強法、教材情報、予備校情報 etc… 司法試験関係の情報を掲載しています。


テーマ:

以前、ロースクール進学のリスク というエントリーを書きました。そこで、ロー進学の危険性、そして司法試験という試験自体の危険性を語りました。


今回は、その後の状況の変化を踏まえた、続編です。


最初に、エピソードを2つ書きます。



********************



ひとつは、昨年三振した友人の話です。

「三振」とは、ロースクールを卒業後、5年内に3回不合格になると受験資格を失う制度のことです。

現在この文章をお読みの方には、既に過去の制度となっているかもしれないので念のため。

彼とは結構仲が良かったですし、当然、ケータイの電話帳にも、未だに彼のアドレスが残っています。何度も飲みましたし、食べましたし、普通ならば試験の結果報告があってもいいところです。


しかし、彼は連絡をくれませんでした。私が知る限りのすべての友人に、結果報告をしていないようです。

完全に音信不通状態のまま、1年以上が過ぎました。事実上、縁は切れているのでしょう。誰も、自分から連絡できる人はいません。私も無理です(なんと書けばいいか分かりません)。


彼が三振したことは、5年目いっぱいの三振り目だったことと、合格者名簿に名前がなかったこと、この2つから確かなのですが、それ以上のことは何も分かりません。やっていたブログも、受験生の途中で中断されたままです。


彼はいま、どうしているのでしょうか。


K大学の経済学部という世間的には「超」一流の大学をでて、そのまま就職せずに(旧)司法試験にチャレンジし続け、ローに入り、三振し、すでに30歳を超えた彼は、いま何をしているのでしょうか。


いくつか可能性を考えてみます。


ごくごく稀に伝え聞くのは、三振のあと、「二打席目」に入る人がいるということです。

でも、もし彼が「二打席目」に入るくらいに司法試験にまだ「希望」を残しているのだったら、きっと普通に連絡はしてくるはずです。たぶん、二打席目には入っていないのでしょう。


司法書士という選択肢もあります。

しかし、毎年何千人もの三振者が量産されていく中で、司法書士に転進する三振者は毎年のように増え続けているらしく、(書士に転向した友人に聞いたところでは)元からの純粋な書士受験生たちがあからさまに嫌悪感を表明するほどに、いまや司法書士試験は三振者の巣窟となりつつあるようです。司法書士試験の難度は、数年前とはもはや同じものではないはずです。「司法試験がだめだったら司法書士」という甘いセオリーは、既に過去のものとなっていると思います。


行政書士という選択肢もあります。

しかし、正確に何割かは言えませんが、おそらく行政書士試験の合格者のほとんど(8割以上?)は、実際には生活できていないはずです。行政書士は、ほとんど資格を取るための資格になっています。


彼は労働法選択だったので、社労士という選択肢もあります。

これも、行政書士と同様、今のご時世で社労士で独立・開業→家族を養う程度にまで安定した収入を確保するというのは、現実的にはかなり難しいと思います。少なくとも、簡単でないのは確かです。


思い切って就活という手もあります。

大変です。なにしろ彼には職歴がありません。果たして、それで仕事は見つかるのでしょうか。おそらく、ハローワークに行けば、それでも何らかの仕事は見つかるだろうと思います。しかし、それは、学歴もない、何の取り柄もない、ただのぷー太郎さんが職探しをする場合の話です。「K大学の経済学部」の出身者が「その仕事」をしなければならないのだと考えると、涙が出ます。


彼は、今どうしているのでしょうか。。。



********************



もう半年以上前のことなのですが、数年間会っていなかった大昔の受験仲間に会う機会がありました。


どうしてそんなに昔の知り合いと今さら会うことになったのか、実はいろいろと理由があったのですが、細かい経緯はともかく、数年ぶりに彼と顔を合わせることになりました。


彼は三振者ではなく、旧司受験生だった人で、旧司が終わる前に司法試験から足を洗った人です(ちなみに、お金がなくてロースクールへは行けなかったそうです)。


W大学の法学部という世間的には「超」一流の大学をでて、そのまま就職せずに(旧)司法試験にチャレンジし続け、30歳を超えたあたりで断念したとのことでした。私が会ったときには、もう司法試験をやめて何年にもなっていたようです。


彼は、私ともう一人の友人に向かって、何度も何度も、司法試験を受験したことを、


「とてもいい経験だった」


と語りました。


焼き鳥を突きながら、将来は会社を起ち上げたい、と夢を語りました。同じような夢を持っている仲間と定期的に飲んでいる、とも言っていました。


彼は、現在「派遣」です。


土日こそ休んでいるようですが、仕事はかなりキツイとのことです。早く辞めたいとも言っていました。「いくら貰ってるのか」なんてとても聞けないのに、とっても「前向き」な彼は、聞かれてもいない収入を、その悲しいほど安い収入を、笑いながら告白しました。


帰りに、彼のマンションに立ち寄りました。


築30年以上、ワンルーム、家賃6万円のその部屋は、案外きれいに片付いていました。玄関からすぐのところに小さな本棚があって、その一番上には、かの『7つの習慣』をはじめとする自己啓発系のインチキ本定番書が何冊も並んでいました。『お金持ちになるための○○』みたいなシリーズがいっぱいありました。


彼は、W大学の法学部を卒業して、現在30代後半です。もうすぐ40です。もちろん独身です。派遣です。月給○○万円です。少なくとも、結婚は難しいでしょう。


彼は、私たちに向かって、何度も何度も、


「いま充実している」


と言いました。


(うそをつけ)(うそをつけ)(うそをつけ)・・・心の中でそう思わなかったといえば、嘘になります。「もしあなたが、司法試験などやらずに、天下のW大学の法学部を卒業して、普通に就職して、30代後半になっていれば、今どうなってた? あなただって本当はそう想像してるんだよね?」 そう思いました。


誤解のないように言っておきます。私は彼を軽蔑しているわけではありません。


彼が、司法試験を「とてもいい経験だった」と語るのも、今の生活を「充実している」と語るのも、すべて、彼の中にあるギリギリの、最後の矜持なのです。


そんなことくらい、いくら甘ったれの私にだって分かります。切ないほどに分かります。



********************



以上です。


これが、「司法試験に受からないということ」です。



司法試験は、人生を破壊します。


単なるモラトリアムを満喫したいからというだけで、あるいは就活が億劫だというだけで、こんな世界に簡単に入ってきてはいけません。


法学部は、他の社会科学系学部の中でも、際立って就職内定率が低いです。司法試験だとか司法書士だとか公務員試験だとかを「言い訳」に、モラトリアムに「特攻」してしまえるインセンティブが整備されまくってしまっていることに最大の要因があります。本来はもっと就職率が高くていい学部であるはずの法学部が、この有様です。


◆法学部は、(文学部とは全然違う意味で)いまや「地雷学部」と化しています


◆ロースクールは、事実上、日本の(世間的にみれば)頭脳優秀な若者の一部を、社会的に抹殺するための機関と成り果てています


学生さんは、この現実をよく見て、まずはちゃんと就職されるべきだと思います(もちろん、何らかのリスクヘッジがあるのなら構いませんが、それがないならまずは就職です)。司法試験がやりたければ、司法書士がやりたければ、働きながらやるべきです。


予備試験の合格者は、今年いきなり倍増(200人)しました。今後はもっと増えていくかもしれません。この直近の状況変化を踏まえれば、法曹への「おすすめルート」は今やはっきりしています。

逃げずに就職をして、働きながら予備試験を受け続ける。

↑これが、今も昔も、一番賢い司法試験の受験の仕方であることは、間違いありません。


もし、それで受からなくても、あなたは何も失いません。

↑このことが、どれだけ「とてつもないメリット」であるのか。ここまでお読みいただいた方には、十分すぎるほどご理解いただけたはずです。


きちんとリスク計算のできる、真に優秀な人間ならば、きっとそのように選択するはずです。司法制度の数年間の混乱期を経て、このことはようやく誰の目にもはっきりしてきたと思います。

特に、今年の流れは、司法試験制度の主体がロースクールから予備試験に移っていきかねない、と思わせるのに十分なものがあります。

もちろん、現時点では、大勢が「ローvs.予備試験」のどちらに傾くかは全く分からない状況です。しかし、昨年までは、「原則:ロー」「例外:予備試験」という図式は、まだしも当然視されていました。それが、今年になってはじめて(ロースクール設立以来はじめて)どっちに転ぶか分からないという事態にまで進展したのです(私は進展したと思います)。この状況の変化の持つ意味は大きいです。

今後は、ローに行くという選択が、「本流」とはいえなくなる「可能性」がでてきました。つまり、「原則:予備試験」となる可能性です(あくまでも可能性ではありますが)。

もし、法務省が本気で「ロー」と「予備」の合格率が拮抗するまで予備試験合格者を増やすつもりならば、ロースクール制度は、間違いなく終焉を迎えると思います。そうなったら、きっと10年ももたないでしょう。

現在の状況は、「そうならないとは全く言えなくなった」という意味で、まさに「岐路」なのです。

こんな混乱期に、人生を破壊されるリスクを背負ってまでローに身を預ける選択をしてしまうのは、相当に危険な「賭け」だと思います。いえ、ローに行くこと自体が、最初から危険な賭けだったのです。しかし、かつてはその危険なローへの「賭け」をしなければ、原則法曹にはなれないと思われていました。

ところが、これからは違う「かもしれない」のです。

もしも、予備試験が法曹への「主要ルート」になれば、上記の「危険」は全て回避できます

・予備試験に受からなくても、何も失わない

・司法試験に三振しても、何も失わない

・ローに何百万もの無駄なお布施をしなくて済む

・ローの無駄な講義を受けなくても済む

・予備試験に受かるまで、その人のペースで自由に勉強し続けることができる

・予備試験に受かるまでは、司法試験受験の(5年枠の)カウントは始まらない

・予備試験を利用して、自分の司法試験への適性を見極めることができる    etc…


自らの社会的な足場を築いたうえで予備試験を受ければ、すなわち、働きながら予備試験を受ければ、上記のメリットは、全て享受することができます。しかも、しつこいですが、「何も失なうことなく」それが可能なのです。


それに対して、ロースクールに進学したり、予備試験で行くにしても司法浪人を選択したりすれば、(本当にしつこくてすみませんが)ダメだったときの痛手は、それはもう尋常なものではありません。

言っておきますが、本当に尋常なものではないのです。


悲惨な状況に直面する前に、どうかその「現実」をしっかりと認識してください。


司法試験は、知識や努力や勉強時間や勉強期間の試験ではなく、「センスの試験」です大学在学中の若い学生たちが予備試験に大量に合格しているという事実からも、それは分かります。司法試験を受ければ受けるほど合格率が(急激に)下がっていくという事実からも、それは分かります。もちろん、一定程度の努力は絶対必要ですが、それは、学生が2~3年やれば済む程度の努力です。それ以上の時間と努力を費やして受からないなら、それはもう、時間と努力の問題ではありません。


ちなみに、専業受験生の合格率が、有職者受験生のそれよりも高いのは事実です。しかし、これはまず何よりも、判断資料となっているサンプルの「本気度」に大きな違いがあることが最大の要因です。たとえば日本人のTOEIC受験者のレベルが他国よりも著しく低いことはよく知られた事実ですが、これと似たような構造です。また、すでに合格可能性の消滅した(センスの欠如が当局によって認定された)大量の「超」長期受験生たちのほぼ全員が、「有職者」のほうにカウントされているであろうことも、有職者受験生合格率の引き下げ要因のひとつになっていると思います。このように、専業受験生と有職者受験生とでは、その比較の前提となる標本の質自体に大きな違いがあるのです。受験生の環境が合否にどれだけの影響を与えているかは、本当は、受験生の質を合わせなければ正確に判定できません。もし、専業と有職の質(=本気度や長期受験生含有率などの条件)を平準化させて改めて両者を比較することができれば、専業と有職、両者の合格率に、現在の形式的統計結果が示すほどの差は生じないだろう・・・というのが私の見立てです。


司法試験は、専業受験生になって大量の勉強時間を確保しなければ受からない試験ではありません。反対に、専業受験生になったところで、残酷ですが、受からない人はどう頑張っても受かりません。繰り返しますが、それは知識量や置かれた環境や勉強時間や努力や根性のせいではありません(強いていえば、このブログに書かれているような「あたりまえのこと」から目を背けたせいです)。

【社会人の方へ】

仕事を辞めて専業に移行するなら、最低限、合格の目処がついてからにするべきです。繰り返しますが、司法試験はセンスの試験です。人によって明らかな向き不向きがあります向き不向きがある以上、仕事を辞めるのは、自らの適性を確信・確認してからでも遅くはありません。一定の努力を経たあとで、「自分はこの試験に向いている」「あと少しで間違いなく合格できる」という主観・客観両面での確信・確認が得られれば、最後の1~2年を専業に賭けるのも悪くないでしょう。逆に、そういう吟味期間を全く設けずに、スタート段階から闇雲に専業に突っ込んで行ってしまうのは、後先を考えない極めて愚かな行為だと思います。


【大学生の方へ】

今あなたが本気で法曹への道を考えているなら、なるべく早い時期に(できたら教養課程の段階で)司法試験の勉強を始めてください。在学中に最低2年くらいかけて、滅茶苦茶勉強してくださいその結果、優秀な友人のAさん(←知識&答案作成能力が2年の勉強で相当のレベルに到達した人)に比べて自分が明らかに劣るなぁと感じたなら、その時点で司法試験はやめるというのも一案です。2年間滅茶苦茶勉強して一定のレベルに達しない人が、そこから3年・5年と勉強を続けても、たいして実力は向上しないのが普通です(←これはかなり精度の高い「司法試験あるある」です)。それでも、どうしても続けたいという方は、できれば司法浪人ではなく、まずは社会人になってください。その後の手順は、【社会人の方へ】に書いた通りです。

ここまで書かれてきたことを読んで、それでも、ローに行くというのなら、司法浪人をするというのなら、私からひとつだけ言えるのは、この一言だけです。


それならば、絶対に落ちてはいけません。


それは、安全ルートを無視して司法試験をやる人間の、ほとんど絶対的な義務です。雪山登山をする人間の絶対的な義務が、「無事に生きて帰ってくる」というのと同じです。これだけ危ないことを好き好んでする以上、「生還への備え」には万全を期さなければなりません(あたりまえのことを、あたりまえにすれば、それは可能です。あとはあなたの気持ち次第です)。


でないと、本当に後悔することになります。悲惨なことになります。

最も悲惨なのは、「悲惨だ」「後悔している」と言わざるを得ない環境に落ちることではありません。

最も悲惨なのは、「私は悲惨だ」「私は後悔している」という本音を言うことすらできなくなることです。


自分のプライドにこだわって人生を棒に振るほど愚かなことはありません。


プライドを捨てましょう。


やるべきことをやりましょう。








【追記】 続・司法試験に受からないということ


私はこのブログで、今回のような「樹海で死ぬ」(司法試験に受からない)話を何度か書いてきました(入門講座は誰にすべきか 【追記】司法試験バトルロワイヤル参照

司法試験に受からないという「現実」がいかに悲惨であるかについて、しつこく注意喚起してきました。

私の度重なる「おせっかい」に対して、たくさんの方々が、(コメント欄を通じて)ほとんど悲鳴に近いほどの不快感を示された一方で、何人かの方々が、(なぜか全員メッセージ機能を通じて)私のした「警鐘」に賛意を示されました(コメント欄から賛意を示していただいた方も何人かはおられます)。

不快感を示した方は全員、まだ三振していない、「これから三振する」受験生たちでした。「今から死ぬ可能性なんて考えたくないよ」という現実逃避願望をむき出しにした人たちでした。「現実は、それが現実であるが故に、見たくないし聞きたくないし考えたくない」という人たちでした。

メッセージから賛意を示された方は全員、司法試験を三振→離脱した元受験生の方々でした。悲惨な状況の中で、司法試験受験を今なお後悔し続けている生々しい「現実」がそこにはありました。彼らは一人の例外もなく、「一人でも多くの受験生にそのことを知ってほしい」と語っていました。

「現実」を見ないようにしている人と、「現実」を経験した人とでは、こうまで言うことが違ってくるのです。

だからたぶん、このブログの「マイナス思考」に対して、ほとんど悲鳴に近い拒絶反応を示した方々も、実際に三振すれば、今度は「あいつの言ってたことは正しかったな」と思ってもらえるのだと思います。

したがってお節介を承知でいえば、三振して悲惨な境遇に追い込まれてから賛成(反省)するくらいなら、三振する前に、先回りしてしっかりと賛成(反省)をしておけばいいのに、と思うところです。

本当は、受験生には、先に賛成(反省)するか、後で賛成(反省)するか、の選択肢しかないです。それなら、先に賛成(反省)しておくのがいいですよ・・・と、私が言いたいのはそれだけなのです。







 ~ 人生が終わってしまった人へ ~


ちなみに、三振組の受験生・元受験生の一部に、当ブログのような悲観論・(悲惨な)現実論を退けて、もっぱら自らの体験を根拠に、撤退組などに対して楽観論・精神論を説いている方々がいるようです。三振後の最悪の事態を免れて、再び自らの社会的足場を築くことに成功した幸運な人々に多いです。

言うまでもなく、そういう幸運は、三振組・撤退組にも十分に起こり得ます。私でも誰でも、特定の撤退者がそうなれば、「よかったね」と言ってあげたくなるのは間違いありません。そういう幸運が舞い込んでくる可能性を希望する権利が、撤退組にもあるというのは当然のことです。撤退組の全員がそうなることを望んでいいし、そうなることを諦める必要もないと私も思います。

その人の幸運を否定する権利は誰にもありません。その意味では、絶望の淵にある撤退者に対して、些か無理にでも楽観論を説き、人生を諦めるなと精神論で励ます意義も(多少は)あるのでしょう。

しかしながら、私が強調したいのは、(こんなことまで言わなければならないのは私だって憂鬱ですが)実際には、皆がそのような幸福な環境に舞い戻れるわけではない、という残酷な現実のほうです。目を背けたって仕方のない真実のほうです。

おそらく、楽観論・精神論を説いている人たちは、撤退組や撤退可能性のある受験生を励ますことで、彼らを不安の淵から救い出すと同時に、自らの人生をも肯定(救済)したいのだろうと思います。

しかし、私には、このような楽観論に、真の意味での「救い」があるようには思えません。

なぜなら、こういう主張は、現実に悲惨な人生を生きている人の心には、全く届かないからです。せいぜい、樹海を抜け出られた人と、まだ抜け出られるかもしれない希望のある人にしか届きません。つまり、「まだ悲惨な状況には陥ってない人」にしか、このような楽観論は届かないのです。


すでに希望を絶たれた人たちにとって、このような楽観論・精神論ほど辛いものはありません。すでに完全に希望を失ってしまった人に、「まだ希望はある」とか「希望を持て」とか言うことは、彼・彼女らをいたずらに追い詰めることにしかなりません

希望を失い、人生に絶望している人にとって、それほど残酷な言葉はありません。

たしかに、樹海を抜け出た幸運な人々と、これから抜け出られるかもしれない希望を残した人々には、実際に樹海から生還した人の楽観論・精神論は、心地よく響くことでしょう。逆にいえば、私がしているような悲観論・現実論は、これらの人々には不快なものに聞こえるでしょう。

それはその通りだろうと思います。

私自身、「幸運な人」と「希望を捨てていない人」が不快な思いをするのは仕方がないと考えて、これまでの記事を書いてきました。全員に伝わるはずはないし、伝わる必要もない、と考えてきました。

なぜなら、何かのメッセージを送ることが本当に必要なのは、本当に悲惨な状況にある人々、本当に希望を失ってしまった人々だけだからです。

それ以外の人々は、本当はメッセージなんて必要としていないからです。

楽観論・精神論を開陳している人たちも、本当はそんなことくらい分かっているはずです。
撤退後に樹海から生還した人たちが、わざわざ撤退者に向かって楽観論・精神論を唱えているのは、単に、自らの無謬性・善人性を確認したいからなのではないでしょうか。

樹海から生還することができた幸運な撤退者にとって、私の主張は耳障りなものでしかないでしょう。ただ、それは単に耳障りで不快というだけで、逆に、これといった実害があるわけでもないはずです。そういう幸せな人には、こんな記事は無視していただければいいだけです。

また、樹海から生還する可能性(希望)が残されている撤退者・受験生についても同様です。あなたのその「希望」が幸運にも叶うかどうかは、私の悲観論の「不快さ」とは何の関係もありません(そういう「縁起でもない話」が現実に影響してくるように思えるのは、日本人特有の言霊信仰のせいです)。当たり前ですが、私の言葉が、あなたを正社員にしたり、路上生活者にしたりするわけではありません。あなたの「希望」が幸運にも叶うかどうかは、あなたの努力の問題が少々、あとは単に「運」の問題です。楽観論を聞かされようが、悲観論を聞かされようが、今のあなたがすべきことは完全に決まっています。今のあなたにとっては、その「今するべきこと」だけが真に重要なことであるはずです。楽観論を聞いて安心したり、悲観論を聞いて激怒したりしている場合ではないはずです。そういう「言葉」に過ぎないものに右往左往している暇があったら、「今するべきこと」を成すべきです(あと、ちょっと「不快」なくらいでいちいち悲鳴をあげるのは勘弁してください)。

このように、私の言葉が、樹海から生還した撤退者や、生還可能性を残した撤退者・受験生に対して、何か害を及ぼしたり、何かの役に立ったりすることは、(少なくとも今のところは)ないのです。

私がメッセージを送っているのは、自らの人生の悲惨さを、悲惨だと正面から認めてもらう以外に、もはや何の救いもなくなってしまった人たちです。本当に「人生が終わってしまった」人たちです。

撤退者についていえば、私は彼らにしか関心がありません。



最後に。


いつも思うのですが、人間には、何をしたってどうしようもないことがあります。


たとえば、司法試験で、どんなに「正しい方法をとれ」と言ったところで、とれない人にはとれません。どれだけ結果の重大さを理解していても、できる人にはできるし、できない人にはできないのです。その選択を適切にできない人は、たしかにその限りでは、まったく「愚か」としか言いようがありません。


しかし、それがその人の人生を丸ごと全部否定する論拠になるわけではありません司法試験に合格した人も、本当は、それ以外の人生を選択できなかっただけなのかもしれません。その程度には「不自由」であったのかもしれません。そんなことは誰にもわからないのです。

同様に、撤退組が他資格を取って活躍したり、正社員として社会復帰したりできる可能性についても、そうなる人はなるだろうし、ならない人は絶対にならない、としか言いようがありません。


そして、もし、非情な運命が、不幸にもある人を、「そうならない」ほうに振り分けてしまったとしても、ここでもやはり、それがその人の人生を丸ごと全部否定する論拠になるわけではないのです。みんな、それぞれに、それ以外の人生を選択できなかったというだけのことかもしれないのです。


人間の世界には、幸か不幸か、「幸福」と「不幸」という、2つの概念が存在しています。

これら2つの概念が存在する以上、それに対応する幸福な人生と、不幸な人生が、必ず存在します。

必ず、誰かが幸福になり、誰かが不幸になるのです。

これはすなわち、誰かがその「不幸」を引き受けなければならない、ということです。

その役割が、他ならぬ「この自分」に回ってくることは、たしかに不条理です。

それは、まさに不幸そのものです。


しかし、その不幸を生きることが、間違いなく、今のあなたに課せられた当面の役割なのです。

そうである以上、やはり、その人生を演じてみせるほかはないのだと私は思います。









AD
いいね!した人  |  コメント(12)

[PR]気になるキーワード