司法試験情報局(LAW-WAVE)

  司法試験・予備試験・ロースクール入試の情報サイトです。                          勉強法、教材情報、予備校情報 etc… 司法試験関係の情報を掲載しています。


テーマ:

伊藤塾 のエースです。

塾生の支持が非常に高く、人気のある先生です。



【インプット】


インプット講義(入門講座)の領域では、受験界でNo.1の講師だと思います。

個人的には、全体的な講義の質は塾長 よりも高いと思っています。


特に、伊藤塾の目玉講座である基礎マスター講義 (他校でいう入門講座)や商訴集中講義 は、全ての入門者に自信をもっておすすめできます。


テキストを読み進めながら、細かくマーク箇所を指定していく講義スタイルが特徴です。

この講義における「マーク指定」は、その場の適当な思い付きでなされているものではなく、(想像するに)かなり入念な事前準備の中で、考えに考えられた末に決められたものだと思います。


このように、マーク箇所や書き込みの指示が極めて的確なので、一通り講義を受講し終えた暁には、試験対策という観点から完全武装されたテキストが手元に残ることになります。


この点が、呉先生のインプット講義の最大の特徴であり、(他の講師と比して)優れた点です。


「あの先生は分かりやすいよ」とか、「こっちの先生もいいよ」という声が受験界には多くありますし、どれも程度問題としては間違っていない意見だと私も思うのですが、他の講師のインプット講義では、テキストのどこにマーカーを引くべきなのか、、どこにどんな内容を書き込むべきなのかということは、ほとんど完全に受講生の責任に委ねられています。

こういった(呉先生以外の全ての)入門講座では、テキスト加工という「講義の成果」を上手に残せる受講生と、ヘタな受講生がどうしても分かれてしまう(=「講義の成果」の残し方に受講生間で差がついてしまう)ことになります。


この点、呉先生の基礎マスターでは、上述のマーク箇所の指定や書き込みの指示は、入念な事前準備に裏打ちされた「決まりごと」として、全ての受講生に一律かつ半強制的に課されることになりますから、呉クラスでは、「講義の成果」を上手に残すことは、全ての受講生に平等に保証されています。


具体的にいうと、(講義をさぼりさえしなければ)「完全武装されたテキストが手元に残る」という点が、講義の開始時点で全受講生に約束されているのです。


繰り返しますが、この点こそが呉先生のインプット講義の最大の「売り」であり、他講師の入門講座では絶対に享受できない恩恵だと私は思っています。


基礎マスでも入門講座でも、(聴いたことがある人なら分かると思いますが)きちんと復習をしていても、授業で聴いた内容など、悲しいほど簡単に頭の中から消えてなくなってしまいます。綿密に復習をしたつもりでも、講義で聴いた内容を十全に思い出すことは、想像以上に至難の業です。

結局、どんな人でも、テキストを片手にもう一度自分で学び直さざるを得ない、というのが現実です。その点は、どんなに分かりやすい入門講座を受けたとしても、基本的には変わりません。


つまり、入門講座を1回受ければそれでインプットが終わるわけではないのです。

あくまでも講義は(2回目、3回目、4回目・・・の学習を行うための)「最初のきっかけ」に過ぎず、むしろ、その後の(自力での)講義内容の「上書き」の繰り返しこそが、インプット学習の「本番」です。

すなわち、司法試験においては、入門の「受講後」こそが学習の本番なのです。

そんな中で、「完全武装されたテキスト」が入門修了時に手に入るということが、どれだけ有難いことか、おそらくは入門を終えた段階になってはじめて、その本当の価値が理解できるだろうと思います。


翻って、一見その場では分かった感じにはなるかもしれない、トーク主体のスカスカなおしゃべり講義が、どれだけ後の役に立たないのかということも、入門を終えた段階になれば理解できると思います。


このように、呉先生のインプット講義の「真価」は、講義進行中の分かりやすさにあるのではなくて、(もちろん、呉先生の講義は分かりやすい講義で定評のある伊藤塾の中でも分かりやすいのですが)講義後にもその効果が持続する、という点にこそあるのです。


とにかく、インプットでは受験界最高の講師です。

この点だけは全ての受験生に保証できます。


【アウトプット】

一方、アウトプット系の講義(論文指導)については、既にコメント欄などで何度か触れましたが、私自身は「普通に良くない」と感じてます(どちらかというと「普通」というほうに力点を置いています)。

理由は、(あくまでも呉先生以外の90%以上の講師も同じであるという前提の上で申し上げると)論文講義においても、結局「問題を読んで→マークをさせ」「解答を読んで→マークをさせる」という風に、「問題」と「解答」の解説をしているだけだからです。


論文系の講座において本当に講義されるべきことは、その答案ならその答案が創り上げられていく処理の過程=「プロセスそのもの」を見せることです。「プロセス」は、思考過程といってもいいし、(問題と解答の間の)行間といってもいいです。この「プロセス」は、問題や解答のように文字として見えるものではなく、基本的に「見えないもの」なのです。

そういった見えない「プロセス」を解説せずに、見えている文字(処理の「結果」)だけをなぞっていっても、それはインプットに更なる屋上屋を架すだけの行為であり、要は基礎マスのリプレイに過ぎません。


たとえば呉先生は、基礎マスで学んだ知識を比較させるような概念的な問題がお好きだそうですが、それは結局、お得意のインプット的思考を、「論文」という名目の下で更に積み増しているだけです(そんな内容は基礎マスターで話せばいいことです)。

こういう点だけをみても、呉先生もまた他の講師と同様、アウトプットで話すべき内容(論文指導能力)をほとんど持っていないのだろうないうことが想像されます


繰り返しますが、アウトプット講義にかんしては、呉先生「だけ」の話をしているのではありません。単に、このエントリーを書いたついでに、業界の「論文指導の実態」を書いておこうと思っただけです。

呉先生の論文系講義は、(いきなりフォローに入りますが)「その他9割以上の予備校講師」の中では、かなり「マシ」な部類に入ると思います。この点は、公平を期すためにもきちんと確認しておきます。


いずれにしても、論文指導で本当に必要なのは、


① 答案の処理手順(方法論)を明確かつ実践的な形で示すこと

② ①の辿り方を講義で実演すること


この2点だけです。


最低限のインプット知識を前提に、この2つの能力(道具)を使って事案処理ができるようになれば、それでアウトプットは終了です。


しかしながら、この①②をやってくれる講師が受験界にはほとんどいません。

「○○の制度と△△の制度を比較してみたら、今度はこんな新たな『トリビア』が生まれました」みたいな、インプットの上塗り(応用インプット)でお茶を濁すのはいい加減にやめて欲しいです。

こういうのはいかなる意味でも「論文指導」ではありません。


①②のうち、1つでもできている講師がいれば、論文指導において「一流」と評価してよいと思います。そして、「一流」がごくごく少数しかいないという前提の上で、あとは全部「二流」と言わざるを得ません。論文指導においては、(現時点では)ほとんどの講師が二流の仕事しかしていません。呉先生もまた、論文指導においては、残念ながら、到底一流とは呼べないと思います。



【自分はできる but 人には説明できない講師たち】


もちろん、呉先生をはじめとする講師の多くも、「合格答案を書く」ことはできます(orできました)。

ただ、彼らは、自分では一流の答案が書けるにもかかわらず、その方法を人には説明できないというだけなのです。


司法試験の世界では、伝統的に答案の書き方(その極意)の修得は、まるで伝統芸能の継承のように、いわば「見よう見まね」の繰り返しによって、各自が「なんとなく」その方法を(頭ではなく)体で体得していくというやり方がとられてきました。


とにかく大量の答案を読んで(→書いて)、最初に「問題提起」なるものをすることを(なんとなく)学び、次に、論点を処理する過程で、再度問題提起をするということを(またもさしたる根拠もなく)刷り込まれ、いつの間にか「事案の問題提起」とか「論点の問題提起」とかの、パターンにもなっていないパターンを、仕方がなく「パターン」として受け入れて、それらを繰り返し繰り返しカラダに沁み込ませていくうちに、「なんだか分からないけど合格答案が書ける」優秀な受験生が(場合によっては)出来上がるのです。


もちろん、「なんとなく」「見よう見まね」でやっている以上、「できるようにならない」受験生のほうが圧倒的多数であるのは言うまでもありません。「見よう見まね」でできるようになる人は、その意味で幸運かつ非常に勘の良い受験生なのだと思います。


これでは、受験界で「コーチができないホームラン王」が量産されるのも無理のない話です。


「自分ができる」ということと、それを「人に説明できる」ということは、根本的に別の能力です。

受験界のほとんどの講師は、(こと論文指導においては)後者の「人に説明する能力」を磨いてこなかった人たちばかりです。残念ながら、これが司法試験業界の現状であると言わざるを得ません。


しかし、その状況にも、いずれ終わりがくるはずです。


上で示した①②の処理手順をきちんと教える講師 が、受験生の一定の支持を集めるようになれば、ここで私が申し上げていることは、多くの方に理解していただけるようになるだろうと思います。


今回は、(特に後半部分は)呉先生のファンの方にとって煩わしい話をたくさん書いてしまいましたが、そういうことでどうかご容赦ください。




【最終補足】


司法試験情報局は、当時の受験界の一般的通念と大きく乖離しないよう、ある程度「妥協」しながら書き進められました。そのため、いくつかのエントリーで、私の本音(100%の真意)が示されていない部分があります。本エントリーには、特にその「自己欺瞞」が強く表れてしまっています(申し訳ありません)。

私の理想の講師観・講座観・教材観は、初めから一貫して変わっていません。

私の最終的な本音(100%の真意)は、下記をご覧ください。

司法試験情報局の見解の変化についての釈明<その1>

司法試験情報局の見解の変化についての釈明<その2>

今となっては、↑この主張内容に「内容面」からきちんと非難ができるとお感じになる方はほとんどいないでしょう(10年後には更に少なくなっているでしょう)。

しかし、人間は感情に左右される動物です。どうしても私の主張内容を受け入れたくないという方もおられるはずです(ほんと、不安な思いをさせてしまってごめんなさい)。本ブログは方法論ブログですから、そういう方へのおすすめの「方法」もちゃんと用意してあります。

それは、内容面ではなく「形式面」に着目する方法です。不安で仕方がないという方には、このように形式面に話を逸らしていただくことで、情報局の磁場から一刻も早く「避難」されることをおすすめします(要は、非難できないなら避難すればいいのです)。

<避難経路一覧>

①言ってることは正しいかもしれないけど、お前、受験生だろ(属性避難)
②言ってることは正しいかもしれないけど、やり方が気に入らないんだよ(手法避難)

③言ってることは正しいかもしれないけど、表現がヘタなんだよ(苦笑)

④言ってることは正しいかもしれないけど、NOAや中村は特殊なんだよ(これも属性避難)

⑤言ってることは正しいかもしれないけど、やっぱりダメなものはダメ!(とにかく避難)

上記のいずれか、あるいは複数の方法を組み合わせることで、どうかご自身の心の平安を上手い具合に回復させてあげてください。大丈夫、あなたならきっとできます。磁場から遠ざかりさえすれば、すぐに元のあなたに戻れます。さあ、出口はあっちです。早く、急いで・・・。


(しばらくお待ちください)


残った皆さん。
このブログは、皆さんのため「だけ」に書かれたものです

さっきその辺をうろうろしていた人たちは、実は、皆さんの獲物になってくれる人たちです。

あの人たちがいてくれるからこそ、皆さんは存分に道具を使って狩りができるのです。

感謝の気持ちとともに、残さず大事に頂きましょう。



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

NOAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。