魔神機兵団の日記

自家用ロボットを手に入れるまでの記録…なのか?


テーマ:
$魔神機兵団の日記-闇の帝王1

ついに1巻発売したねくま
巻末には永井豪先生へのインタビューもあります。

永井豪先生の描くオリジナルの「デビルマン」は、
ヒロインの牧村美樹が惨殺されから、
デビルマンがサタンとの最終決戦(アーマゲドン)を行うまでに
約20年の 連載では描かれていない時間があります。

この「デビルマン対闇の帝王」は、
その空白のときを描いた物語 です。

しかも、グレートマジンガーのラスボス
「闇の帝王」を「=冥王ハデス」にすることで、
デビルマンだけでなく、グレートマジンガーの世界も同時に描く。
・・・メッチャ楽しいじゃないっすかくま
ぶっちゃけ!AMON・・・より断然楽しいし、らしい

原作では20年後の世界も美樹は死んだままなので、
結果はわかっているわけですが、
永井豪先生以外の漫画家さんが描くifの物語の中でも、
これまで例のないアプローチの仕方だし、
とにかく画がキレイで、戦闘シーンも物語も迫力があるから、
どういう過程を描くつもりなのか?
今後が非常に楽しみな作品です。

1巻は
冥界で暴れて美樹の魂は現世に蘇るけど、
勝手に生き返らせたので、生前の記憶もないままだし、
美樹がどんな姿で蘇ったかも不明。
そこで、地球を彷徨い美樹を捜す・・・そんな話。
元僧侶?元陰陽師?だけど今は幻覚使いのカラス。
そんなヤツを相棒・・・というか手下にして共に旅をします。
基本シリアスな物語なので、カラスはお笑い担当です。
そして敵には、ハデスが蘇らせた
シレーヌ、ジンメンが敵として現れます。
シレーヌは、あっけなく殺されたのは残念だけど、
永井豪先生らしさを軸にドSな超絶美女に描かれています。
そして、ジンメンがまたハデスのチカラで超パワーアップ。
なかなか見応えのある戦闘でした。
そして1巻のラストは、闇の帝王がハデスとしての姿を現して終了。
インドの神様的なデザインだけど、個人的にはもっと、
洋風なデザインをイメージしてました。
まあいいけどね。

どうやら2巻は、グレートマジンガーの話になるっぽいのですが、
グレートマジンガーのお話って永井豪先生自身もほとんど描かないので、
そちらも楽しみです。

---------------
ひらめき電球追記(2013/06/19)
デビルマン不動明の性格が、永井豪のオリジナル版とは違う。
・・・という意見もありますが、
確かに、不動明というよりは魔獣戦線の来留間慎一って感じ。
そう言えば、他の作家さんが描く不動明はこういう性格多いです。
でも、大好きだった美樹を信じていた人間達に惨殺され、
その人間達を自らの手で殺した直後ならば、
不動明の人格がどんなに変わっていても不思議ではない気がする。
オリジナル版には、美樹を失ってからサタンと戦うまでの不動明の心境とか、
はっきり描かれていないですしね。
PR
いいね!した人  |  コメント(4)

[PR]気になるキーワード