魔神機兵団の日記

自家用ロボットを手に入れるまでの記録…なのか?


テーマ:
ラブストーリーの主人公だったら相手役は誰がいい? ブログネタ:ラブストーリーの主人公だったら相手役は誰がいい? 参加中
ハリウッドで数百億円の予算を使ってお金
世間のイメージとは全然違うだろうけど
髪が長い頃の蒼井優を弓さやかにして、俺が兜甲児で、
マジンガーZの実写映画でラブラブストーリーラブラブをやりたいカチンコ

魔神機兵団の日記-マジンサーガ6
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
●お話
今回の最終6巻は、新たなエピソードを描き下ろした
・・・と言うよりは、
残されたガミュラ&サイコ・ジェニーの話を大きく膨らませた
・・・と言う感じの内容ですパー
そこに、残されたデュークフリードの話をおまけ程度に挿入
---------------
まずは、無数のバイオマシンビースト軍団を相手に戦う火星軍。
$魔神機兵団の日記-機械獣軍団
右のバイオマシンビーストはメトロン星人みたいにひひ
マジンガーZが先頭に立ち、次々とソレを蹴散らしていく。
マントをスクランダーブーメランにして放つ、マジンガーがイカスラブラブ!
---------------
そんな無敵のマジンガーZに対し、カイザーヘル軍団は、
ゴーゴン大公により開発された暗殺用人工生命体「ガミュラ」を使い、
Zのパイロットを殺すための新たな作戦を発動する。
しかし、Zの謎を解きたいブロッケン伯爵と、
自分が手柄を立てたい悪醜羅男爵が、
ゴーゴン大公を出し抜くために手を組み、
超能力を使うバイオマシンビースト「サイコ・ジェニー」も出撃。
結果的に二段構えの強固な作戦となる。
それでもZのチカラはそれを上回り、ガミュラによる暗殺は失敗し、
サイコ・ジェニーもブレストファイヤーで瞬殺される。
・・・が、サイコ・ジェニーは倒される瞬間、精神波攻撃を行い、
それを喰らったZは縮み、兜甲児は気絶する。
しかも、Zマスクをブロッケンに奪われてしまう。
---------------
Zマスクは超能力でガードされ、兜甲児でも呼び戻せないため、
合田曹長をリーダーにしたZ奪回作戦チームを結成し、
プログラムを変更して味方となったガミュラQ3に案内され、
カイザーヘルのアジトへと乗り込む。
その結果、Zマスクは奪回するが、兜甲児以外の全員が犠牲となる。
---------------
Zマスクの分析は不十分だったが、
ブロッケンの分析結果を基に、カイザーヘルが自分なりの考えを加え、
未知なる元素地獄界の物質Xを用いた悪魔の鎧を開発。
それをカイザーヘルの孫(不動明っぽい男)が装着することにより、
デビルマンXへと変身する。
デビルマンXは新たな組織の幹部っぽい存在で、
カイザーヘルは、新たな組織、新たな幹部(暗黒大将軍、他)を率いて
打倒マジンガーZを目指すパンチ!
---------------
同じ頃、謎の宇宙船団が確認される。
その船団は、デュークフリードを狙って火星を目指している。
ガンダル司令率いるその船団の正体は?
果たしてその目的は?
---------------
・・・6巻の内容はこんな感じかなはてなマーク
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
●感想
終わったね~ニコニコ

終わったけど、ついに終わった・・・と言うよりは、
なるほど、確かに終わってる・・・と言う印象。

こういう終わりも想定してはいたけど、
個人的には、決着は着かなくても、
デビルマンとの一回戦くらいは演じて欲しかった。

これじゃあ、扶桑社版6巻の最後と大して変わらないじゃん
・・・と思って、久々に扶桑社版6巻を読み返してみたら、
ガミュラも、サイコジェニーも、なんとも中途半端で、展開もチグハグ。
続巻を予定していたから当たり前だけど・・・
そんな扶桑社版6巻と比較すれば、
講談社版は内容が整理され、一応終わりになっている。

だから・・・まいっかべーっだ!って感じ。
---------------
全体を通して
今回の講談社版は、これまでの扶桑社版と比較して、
説明の足りない部分に補足を入れる作業、伏線部分を回収する作業、
それに、読みやすく編集する作業と
いかにもマジンガー的なシーン(ファンサービス)を挿入する作業、
あとがきの約束を守りつつ(デビルマンXのこと)、
ページ数の関係もあるだろうけど、
最短で最もキレイな終わり方を目指して制作された、
・・・と言う感じ。
続きを描くことよりも、この作品をとりあえず終わりにする
・・・そういう終わり方な印象を受けました。
---------------
伏線部分の回収
こういうことするのって、あんまり永井豪作品らしくないけど、
例えば今回の6巻では、
すっかり忘れていた合田曹長が剣鉄也そっくりの服装で現れた時は、
その網T似合ってねーーよビックリマークむっ
・・・と思いつつも、嬉しかったですニコニコ
---------------
いかにもマジンガー的なシーン
これは、嬉しい反面、
こんなのマジンサーガじゃないという印象を受ける。

マジンサーガの連載をヤンジャンで読んだとき、
アフロダイAはオパーイミサイルを発射しないし、
ボスはロボットに乗らないし、
グレンダイザーは大きな顔のUFOだったのを見て、
寂しい印象も受けたけど、
リアリティのないものはなるべく排除し、
新たなマジンガーを目指そうとする力強さを、
この作品から感じました。

"マジンガーは何でもあり"だから、
武器が追加されても違和感ないけど、
5巻のオパーイミサイルや、6巻のボスボロット(轟神)は、
楽しい気分になる反面、こういうのを描くことで、
よくあるリメイク作品になっちゃった印象を受け、
勿体ないような、寂しいような感じがしました。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
●デビルマンX
魔神機兵団の日記-デビルマンX
どんなデザインになるのか、すっごい楽しみにしていたのに、
デビルゲッター以上に格好悪くて残念でしたショック!
しかも、体のデザインはマジンガーZとほぼ同じだしガーン
いくら鎧とは言え、もっと生物的なデザインでも良い気がするけど。
これじゃデビルマンと言うより、デビルサイダーだよドクロ
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
●ボスボロット(轟神
魔神機兵団の日記-ボスボロット
火星軍基地が、Z奪回作戦用に突貫で開発したロボット。
いくら突貫で開発したと言っても、
こんなの何の役にも立ちそうにないくらい性能が悪そうガーン

せめて、分析用に回収したバイオマシンビーストのパーツを
つぎはぎして造った・・・くらいの設定が欲しかった。
そういうロボットなら、仮に武器がなくてもなんとか戦えそうだし。
---------------
真マジンガーのボスボロットに設定が似ているな~
・・・と思って画像を並べてみたけど、
よ~~~く調べたら、全然似てなかったにひひ
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

永井豪先生のあとがきを読むと、
とりあえず終わりと言う感じのコメントがありました。
この先、続きが描かれることはないかもしれないけど、
デビルマンX、暗黒大将軍、ベガ星連合軍などと戦う
マジンガーZの姿をまだまだ読んでみたい・・・と思うので、
続きが描かれるといいな~~と儚い夢を抱きつつ、
マジンサーガをもう一度読み返してみたいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

まんじゅうさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。