バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ


本日発売タイトルの中で勢い良くスタートしたのは、

「Wii:バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」です。


発売初日で「Wii:バイオハザード4 Wiiedition」の

累計販売数(自店舗実績)を超えたショップも多く、

発売初日の販売数が10万本に届く可能性も出てきました。


初日でこれですので当然初週販売数が10万本を突破するのは確実で、

ほぼ完売となりますので次回出荷12月中旬分の発注で頭を悩ませそうです。


バイオUCの好調での本体牽引効果は微々たる物でしょうが、

元気の無かったWii市場への良い活性剤となったのではないでしょうか。



ゲームセンターCX 有野の挑戦状


次点には「DS:ゲームセンターCX 有野の挑戦状」。


予約が好調でしたので予想は出来た事なのでしょうが、

ファミ通での高評価もあり予約外での動きも活発のようです。


バイオUCほどの販売数ではありませんが、

出荷数もそう多く無い為、週末には高い消化率を記録しそうです。


初週分の流通はほぼ完売しており、

次回出荷の12月分の確保が必要かもしれませんね。



プロ野球 ファミスタDS


販売数でぼちぼちなのが「DS:ファミスタDS」。


出荷数が多いので消化率自体は高くないのですが、

ゲームセンターCX並に売れている店もあるとか。


上記の通り消化率自体は低いのであせる必要はなさそうですが、

長く売れる可能性もありますので注意が必要です。



一部で高消化率なのは「PS3:Heavenly Sword」。


もちろん出荷数が少ない為なのでしょうが、

無双5の発売後でありながらこの数字は上出来かも。


累計で「PS3:ライズフロムレア」程度まで伸びる可能性はありそうです。


といっても3万本程度じゃメーカーは赤字かもしれませんが。



その他の新作ではちらほら売れる程度がいくつか。


「PS2:ボトムズ」「PS2:流行り神2」「PSP:アナユル」

「DS&PSP:ダンジョンエクスプローラー」などなど。


いつもの事ながら販売数が少ないので好不調の判断は難しい状態。



何はともあれバイオUCとゲームセンターCXが発売前予測の通り、

かなり品薄となっていますので購入予定者はお早めに。

AD

コメント(4)