次世代機2機種の出荷数を妄想中

テーマ:


SCEから11月11日に発売予定のPlayStation3。

認知度はさすがにゲームに興味がない方も高い。

PS2はいまや一家に一台はあると言われ、

DVDプレイヤー代わりに使っている方も多かったのでは。

そう考えるとPS3も安価でブルーレイディスクが再生でき、

ゲームに関係のない方々の需要も期待できるのである。

将来的には一家に一台と言われる可能性も高く、

10年闘えるハードですので世代交代も必要ありません。

そういう意味では長期的視野で見ると良いのかも。

そして気になる出荷台数ですが、

一部のサイトでは数万台が調整されたり、

初回出荷台数が2回目3回目を含む数だとか言われてます。

なんやかんや言われてますが、

初回10万台くらいはやはり出荷されていると私は思います。

でなければ家電量販店には、

あまり初日には入荷しない可能性もあります。

PS3の初回出荷の回答はだいたい終了しました。

予約を始めるショップも出てくる事でしょう。

初日の分で予約できなくても、

週明けに出荷される分で予約出来るかもしれませんから、

店員さんに何気なく聞いてみるのも手かもしれませんよ。





任天堂から12月2日に発売されるWii。


ゲームに全く興味のない人達に聞くと、

「うぃー?なにそれ?」てな感じなのにはびっくり。


まだまだTVCMも効果は薄いようです。


あのティーザーCMから徐々に核心にせまり、

どんなゲームなのかさわりたいと思わせる事が成功への一歩。


これからもわかりやすいTVCMをお願いします。




そして気になる出荷台数ですが、

前々から言われている通り全世界で年内に400万台、

来年の3月までに600万台を出荷する予定である。


じゃぁそのうち日本はどれくらいなのか。


あくまでも現段階での流通の噂だが、

年内は400万台のうちの25%程度が日本向けで、

初回にはその30~40%が用意される模様。


メーカー各社もこの数字で動いているようで、

年内日本総出荷台数にて目標をたててソフト生産に入るそうだ。


というのもWiiソフトのプレスには、

およそ2~3週間を要するらしく年内リピートが辛い為、

あらかじめの生産を行わないと売りのがす可能性があるからだ。


多種多様のタイトルが発売されるWiiで、

一体みなさんは何タイトルを購入されるのでしょうか。


任天堂が目論むゲームに興味のない層の方々の、

一体何人が年内もしくは来年の3月までに購入できるのか。


コアなユーザーが飛びついてしまうと、

ゲームに興味のない層の方々はWiiを購入できるのでしょうか。


Wiiを購入する事ができた方々の趣向によって、

かなり売れるタイトルが左右される為発注はとても難しそうですね。


まぁコアなユーザーも飛びつかない可能性もありますけど。

AD

コメント(24)