【いつのころから・・・】
日本人の女性は、内股歩きが多い・・
と言われたのも、今は昔?
最近、街中でお見受けされる、
女性・・で、
20代~40代頃までに
多い、歩き方は、
がに股歩き・・
お子さま連れで歩かれてる、
女性の方は、
ほぼ・・
がに股にプラス、
ドン!ドン!歩き
(100%ではないですが)
高校生までの間には、
この、
がに股歩き&ドン!ドン!歩きの
女性は、皆無・・
(100%ではありませんが)
がに股歩き&
ドン!ドン!歩きは、
婦人科系疾患に
繋がっていくのです。
(内股歩きもよくは、ありませんが・・・)
中には、
器用な方もいらっしゃって、
片方は、がに股歩き・・
片方は、内股歩き・・
という、
異常に疲れる歩き方をされてるかたも、
チラホラ・・・
これは、若い女性の片に多いです。
我が子が、どんな歩き方をしているのか?
おわかりですか?
お父様方・お母様方。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
足と脚のメンテナンス専門shop
~足元からの健康管理ショップ~
「足と脚と歩行と脚の総合サポート」
岡谷・飯田。《完全予約制》
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
AD
【工夫】
サッカーではメンタルが強くないと生き残れない
by遠藤保仁
20代の頃から日本代表に選出されながらも、
なかなか、出場機会に恵まれなかった遠藤選手。
「自分が置かれた状況の中から次への糧を
見つける工夫をすれば、精神的に腐ることなく、
続けていけるものなんだと思っています」
「上を目指すなら、多少は精神的なプレッシャーや
ストレスを感じても、ハングリーな気持ちを
持ち続ける事が大事。」
「会社員はどうしても組織の中で、不本意な仕事
を与えられたりして、つらい思いをしている人も
いるかもしれません。そんな人に言いたいのは、
”その中から次につながるきっかけを見つけだして
ほしい。”ということ。
どんなに些細な事でもいいんだと思います。」
遠藤選手・・・個人的には、いつも、
前髪をどーにかして
頂きたいなー、って思うのですが(笑)
メンタルを強くするには、
指を突き上げて小躍りするより・・・
することを愛するか・・・
でなければ、
愛することをするか・・・
だと、思います。
勝負の世界にいて、
勝負しない。
では、ないのでしょうか・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
足元からの総合メンテナンス、岡谷・飯田
~足と脚と歩行と靴のお悩みサポートshop~
《完全予約制》
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
AD
【二段!膝カックン】
30代とおぼしき女性が、
傘を差し、足元はヒールで、坂道を歩いておりました。
片方の足を地面に下ろす時に、
第一段の、膝カックン!
身体が一瞬沈み込みます。
反対側の足を
前方に移動させる瞬間に・・
再度、先ほど膝カックンさせた
足(脚)の膝を
第二段の膝カックン状態。
身体が瞬間沈み込みます。
つまり、
二段の膝カックンと、
二段の身体の上下行為を
片足にさせている・・・
のだから、
二歩踏み出すごとに、
四回の膝カックンと
四回の身体の沈み込みを含む
上下行為を
歩く時常に衝撃を加えている。
田舎だから、
そんなに距離は歩かないだろう・・かな?
傘を差し、足元を見て(下向き)
歩いているから、
首は当然下向き。
関節不良まっしぐら・・
のみではなく、
循環器・消化器・呼吸器・泌尿器・
内分泌・生殖器(婦人科系疾患)
脳神経系にも、
ダメージを蓄積させていってしまいます。
たかが、歩行。
されど、
歩行です。
ヒールで歩く・・のであれば、
意識は最大に注意が必要なのと、
歩いた後のメンテナンスは必達事項です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
足元からのメンテナンスshop・岡谷・飯田
~足と脚と筋膜と歩行と靴の統合メンテ~
《完全予約制》
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
AD
【気づいていないのでしょうが・・・】
中南信の高校では、この時期、
文化祭が行われているようであります。
いいですねー。
若いって(笑)
で・・・
高校生の歩き方を見ると・・
99%、
いや、100%かな?
自分の歩き方に柔軟性があるって
ことに気がついてない人。
歩行の方向性は正しくないが、
歩行時の柔軟性は、まだまだ
ある高校生時代。
歩行時に見受けられる柔軟性と
身体の柔軟性(関節の柔軟性)
は、比例します。
だが・・
高校生の方々、
いつまでもあると思うな・・
身体の柔軟性(関節の柔軟性)
関節不良は
身体の外も中も
老化の開始を早めるのだから・・
老化を促進させるのだから・・
って、
高校生に
老化の話をしても、
実感わかないでしょうけど・・
脳機能や
集中力の問題にも
リンクされるんだよ・・
と、
言えば、
食いついてくれるかな?
関節不良は、
身体機能すべてに
影響を与えていきます。
そー、
脳機能も例外ではありません。
基礎・基本・土台は、
下半身バランスに隠されています。
下半身バランスに多大な影響を与えてしまう、
再構築してみましょう。
大人だから
遅いってことはありませんから、
大人の方々も、
下半身バランスを進化させましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
足元からの健康管理shop・岡谷・飯田
~足と脚と歩行と靴と筋膜の総合メンテナンス~
《完全予約制》
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■股関節が動いてない・・40代女性
本日も、一生懸命にウォーキングをする
女性に遭遇。首からタオルをかけ・・・
はりきって歩かれています。
ご本人は、気づかれているのか?
股関節が動いていないから・・・
脚が棒のように動いています。
もちろん、
がに股歩きになってます。
子宮内膜症など・・
婦人科系疾患にお気をつけあれ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
足元からの健康管理shop・岡谷・飯田
~足と脚と歩き方と靴の総合メンテナンス~
《完全予約制》
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■東洋医学の五臓六腑は、西洋医学のように特定の
臓器や器官をさしている・・・だけでなく、
機能も含め表したものです。
そんな五臓の中でもとりわけ
重要な役割を持っているのが、
「脾」と「肝」です。
東洋医学で言う
「脾」は、
胃腸を含めて、
消化する機能をすべて
指しています。
「脾」が健康な状態でないと・・
血の原料が不足することになり、
全身の生命力が低下していきます。
また、
食滞(消化吸収不良)
つまり
・食欲不振
・お腹が張った感じ
・下痢
などの
消化器系の症状があらわれてきます。
また、
泌尿器系のトラブルにも繋がっていきます。
そこで、単純に、
食べるものに気を使う・・
ことも、
消化器系のトラブル防止に
なる一つですが・・・
歩行の癖でも、
「脾」を痛めていきます
から、
悪癖は早期に改善した方がいいでしょう。
健康のために歩いている・・
間違った方法では、
健康になるどころか、
身体を痛めつけ、
不健康まっしぐらですよ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
足元からの健康管理shop、岡谷・飯田
「足と脚と歩行と靴の総合メンテナンス」
・足育実践教室
・メディカル・フットケア
・歩行ケア
・ウォーキング指導
・筋膜調整
《完全予約制》
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■身体機能をバージョンアップさせる、
上で、もっとも大切なことは、
身体の中の細胞(筋肉、静脈、リンパ、臓器、神経、)から、
不要物(毒素)を体外へ、すみやかに追い出すことですね。
いらない物は捨てると一緒で、
体内に留まることに、
合意しないで、
老廃物はすみやかに
解毒(追い出す)してしまいましょう。
解毒効果を上げるのには、
自分の足元を見直すことが一番だと思いますね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
足元からの健康管理shop・岡谷・飯田。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【良い事を習慣化しても・・・効果が現れていない?】
よく、健康雑誌などに掲載されている、
「足首回し」ですが・・・
骨盤や関節などにも
関連が深い・・などと紹介され、
自分メンテナンスとして行っている方も
多いのでしょうが・・
なんでも、
そうですが、
「やればいい」っていうものでもなく、
「私は、足首回しを毎朝おこなってます」
とか、
当方でも指導する
足首のメンテナンスを
「やってますよー」
という方の、
足首のケアをすると・・・
なぜでしょー、
固いんですよねー。
固いなかでも、
すぐに、ほぐれる方もいらっしゃれば・・
なかなか、がんこな固さを保持されちゃってるかたも・・
やればいい→正しく行う意識化→習慣化
の、
方向転換が必要ですね。
足首回しだけでなく、
ウォーキング・歩行にも
同じ事がいえますし、
感じ方・生き方にも、
通ずる・・と、思います。
whyが大切で、
howは、後回しにしなさい・・
などと、
成功法則系では言われたりしますが・・
how
は、同等に大事なことです。
やればやるだけ、
弊害になるやり方で
ウォーキングをされている方は・・
特に・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
足元からの健康管理shop・岡谷・飯田
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【季節柄・・よく見かけるようになる危ない靴?】
本日は、70代かな?
半ズボン・Tシャツ姿・帽子をかぶり、
ユッサユッサ身体を揺らしながら歩いている
男性の歩き方に目が行く。
足元を見れば、
かなりのO脚・・・(左脚が特に)
更に、左側の足は、内股歩き・・・
そんなんでは、
ドンドン曲がっていってしまうなー
と、感じながら、
足元を見れば・・(-_-#) ピクッ
この季節に、よく見かける靴(サンダル系○○○○○風)
一番履いてはいけない靴(サンダル系○○○○○風)
を、はいてらっしゃるでは、ないですか・・
それを履いて
しかも、
あの歩き方で、
あの内股で、
膝関節はやられるのは、
すぐそこ(既に来てる確率が高い)。
循環器障害をおもちで、
自分の思い通りにならないときには、
かなり大げさにキレる気質である・・
と、みました。
全てではない?
かもですが・・・
暴走老人問題が増えている昨今、
この季節よくみかける
風景(姿)が、関係しているのでは?
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
足元からの健康管理shop・岡谷・飯田
《足と脚と歩行と靴のメンテナンス》
~足育実践教室~
~メディカル・フットケア~
~歩行&ウォーキングケア~
~筋膜ケア~
『完全予約制』
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【いつから始まる?身体からのシグナル・・・】
筋肉の衰えから始まり・・
関節に痛みが出てくる・・
関節の動く範囲が狭まれば、
身体を動かすことがめんどくさくなり、
歩いての移動時間や移動距離が少なくなり、
ドンドン関節は固まり・・・
ドンドン老化して行くのみ・・
筋肉や関節の不調で、
日常生活に支障が出てくるのは、
人それぞれですが、
あなたの場合は、50代?60代?
日常生活に支障がでる前段階で、
筋肉の衰え・・
関節の動きの衰え・・
を、感じ始めます。
これも、人それぞれですが、
あなたの場合は、
40代?
いやいや、
30代だけど、
20代だけど、
筋肉の衰えを感じ、
関節に痛みを感じる・・
な方々は、
既に、
赤信号が点滅している状態です。
ボディのメンテナンスとメイキング
を早々に着手された方がいいでしょう。
ボディのメンテナンスと
ボディのメイキングは、
あなたを、裏切ることは・・ないのですから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
足元からの健康管理shop・岡谷・飯田
~足と脚と歩行と靴のメンテナンス~
~下半身バランス調整~
《完全予約制》
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー