シフクノトキ

ヴェルディと日本代表の話が中心です。


テーマ:

6月16日。 長い1日の始まりです。


「スウェーデンvsパラグアイ」が23時終了で

翌日の出発が早かったので、

思い切って夜行のICEでケルンへ寝ていく事にしました。


が、その思惑は外れました。


試合が終わって故郷に帰るスウェーデン人

ハノーファーに向かうメキシカン

ゲルゼンキルヘンに向かうアルゼンティーナ


想像以上に人が多くて座れません。

このまま4時間半、ケルンまで立つのかと思いましたが、

1時間30分後、ハノーファーで座れました。そして爆睡。。


目がさめたらケルンでした。



大聖堂


朝6時前の大聖堂(文化遺産)。


ケルンで荷物を預け、この日泊まるホテルの場所を確認した後は、

ボンのG-JAMPSに向かいました。


ボンに着きました。


住宅


途中の家にブルーフラッグ。


入り口



到着しました。 中に入ると・・・


机



まず、インフォメーションがあって、

練習時間がアナウンスされていました。


他には、


ダルマ


ブルーダルマ。(結局、目は入らず??)

メッセージ


メッセージ2


メッセージカード。


ロッテ


千葉ロッテ選手の寄せ書き。


ユニ


ビックユニに「あきらめるな!」と書いてみたんですが、、


シアター


奥にはシアターもありました。

僕が行った時には、

ZICO JAPANの全ゴールダイジェストが流れていました。

練習風景なども流していた様です。


1時間ほど滞在して、次の目的地に向かいました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

自分的には前回の横浜戦が

この低迷のキッカケになったと思っています。


なので、明日は勝って、この流れを断ち切りたいですね。


WMで一層思いましたが、サポータの力は重要です。

もしこの後、ドイツが勝ったら半分以上はサポの力だと思います。


シーチケの残りが届きましたが、残り試合はまだたくさんあります。


1試合、1試合丁寧に戦って勝ち点を積んでいく事が重要だと思います。


明日は頑張りたいと思います。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5日目(ベリルン)の試合編です。


fest


試合は21時からだったので、FAN FESTに行ってみました。

ここはドイツが勝ち進むと、必ず中継されると思います。


中に入ってみましょう。。


画面


この様な画面が通りに何個も設置されています。

エクアドル vs コスタリカ がやってました。


FAN FESTがいいのは、


ビール


その地域のおいしいビールが飲める事。

(スタジアムはバドワイザーしか飲めませんでした。)


ベルリンは「ベルリーナ・キンドル」だそうです。


アトラクション


スポンサーのアトラクションもあります。


出口


そろそろ、出口。


オリンピア・シュタディオンへ向かいます。

決勝戦が行われるこのスタジアムには

是非、行きたいと思っていました。



シュタディオンン


到着。。


外壁


ヒトラーが作らせたスタジアムは大理石で作られていて

築70年。歴史を感じさせます。


中は、


中は


この聖火台+マラソンゲートと青いトラックが特徴。


聖火台の横の壁には、


前畑


ベルリン五輪の金メダリストの名前が刻まれています。

上から3番目が「MAEHATA JAPAN」でした。




観戦した試合は「スウェーデン vs パラグアイ」でした。


スウェパラ



72000人の観客の8割くらいがスウェーデンサポ。

声援が地鳴りみたいでした。


スウェサポ


バルト海を渡って来ればすぐなので、当然といえば当然。


最終戦がドバゴ戦なので、この試合は引き分けでいいと考えていた

パラグアイを攻めあぐねていたスウェーデンでしたが、

最後の最後にGOALを決めました。


終わった後、予選敗退が決まったパラグアイの選手は泣いてました。


1-0という地味なスコアでしたが、お互いの思惑が反映されていた

見ごたえのあるゲームでした。。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

朝は睡魔に負けて観れなかったのですが、ようやく観れました。


スペイン、フランス。丁度ドイツで観てきたチームの戦いでした。

ウクライナに圧勝したスペインと、

ジダンが全く機能しなかったフランス。。


今回こそはスペインはいいところまでいくのでは??

ブラジル戦が楽しみだ。。と思っていたんですけれど。。


ボールは持ててもシュート打てませんでした。


一方、フランスはジダンが輝いたら、ビエラも輝いてしまい、

バルデスまで安定してしまいました。98年の様に。。


同点ゴールのドリブラー・22番はスイス戦、韓国戦に

出ていたらしいのですが、全く印象無いです。。

なんか、はまっちゃったんでしょうか?


ジダンの最後になるかもと思っていたこの試合でしたが、

ラウルの最後の試合(WMでは)だったのでは、、、

若手が育ってきているので、次回選ばれるのは大変そう。。


ラウルに運がないのか、スペインという国に運がないのか・・


そんな気がした試合でした。。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

「ブラジルって守備強いな~。」

「集中したときの決定力はすごいな~。」


なんて事を思った試合でした。


ガーナに持たせて、DFラインを上げたところで、その裏を狙う。


そして決める。


日本戦とは全く異なった戦い方でした。


今後は相手も強くなるので、こういう戦い方になるんでしょうかね??


ブラジルですが、次はフランス。

僕が見始めてから、86年準々決勝負け。98年決勝負け。


相性よくないですね。。


ジダンも調子を上げてきている様なので、多少心配しています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本来であれば、日本代表が再度ピッチに戻ってくる。。

はずだった、カイザースラウテルン。今回はあまり暑くなさそうう。


戻ってこれたのはオージー。。


前半はイタリアの方がたくさんチャンスを作りましたが、

オージーもまったく攻めれなかった訳ではなく、チャンスはありました。。

まぁ互角の展開。


後半になると、いきなりマテラッティが退場。

10人になった訳ですが、ここからイタリアの真価が発揮されます。

リッピは「攻撃的なチームになった」と言ってますが、カテナチオは健在。


あの身長でその中核を担うカンナバーロは凄いと思います。


監督の采配も好対照でした。

ヒディングは延長を見越して、後半35分にようやく1人交替。

リッピは90分で決着をつけたかったのかどうか分かりませんが、

後半30分に3人目の交替でトッティをピッチに送ります。


この15分間、怪我人や退場者がでたらどうするの?

とドキドキでしたよ。


延長になったら、日本戦同様デカイのを投入してパワープレーに持ち込むので、

オージー有利かなと思ってました。。

(日韓大会の様に、またヒディングに屈してしまうのかなと)


判定は微妙でしたが、最後のワンチャンスにペナルティエリアに

切り込んでいったイタリアの執念勝ちでしたね。


トッティのPKは実は心配でしたよ。。

PKでは、よく浮かせたボール蹴っていたのと、

WMでは今まで、運がなかったので。。


終わったのは2時前でしたが、

まったく眠くならないスリリングなゲームでした。。


オージーはこれからアジアのライバルになる訳ですが、

相手するのは正直、しんどい。。って感じですかね。

ヒディングがいなくなって一気に劣化するかもしれまんけど。。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

謝らないといけないと思っていました。


日韓大会の時は、たまたまサウジが相手だったので爆発しただけ。

典型的な一発屋。


その時はそう思っていたんですよ。。



そんな事なかったですね・・・・     「クローゼ選手」。


グループリーグの好調を維持し、この試合も2点に絡む大活躍。


どうもすいませんでした。。


次はアルゼンチン。


僕の学生時代は2回連続決勝戦のカードです。


盛り上がっているドイツ国民はさらに爆発しますね。。


「先制されて、追いつく」っていうゲルマン魂の塊の試合がいいです。。


スウェーデンはズラタンが期待外れでしたね。今大会は。。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月15日。


この日は試合が夜だったので、昼前からベルリン観光。


ホテルから最寄駅の途中に、、

「新ナショナルギャラリー」というのがありまして、、


ナショギャラ



ベルリン・東京展みたいなものをやっていました。

(中は入っていません。)


ベルリンと東京は友好都市みたいですね。


なので、

VERDYもヘルタベルリンといつか親善試合して欲しいですね。

(その前にお互い強くならないと。。)


LUNCH。


LUNCH


豚のスネを煮て軽く焼いたみたいな感じです。

今にして思うと、これが一番豪華な食事でした。。


LUNCHの後はひたすら歩きます。


大聖堂



ベルリン大聖堂。


ツーショット



大聖堂とテレビ塔のツーショット。

右のテレビ塔の丸いところは、

サッカーボールに装飾されてます。


壁


これベルリンの壁なんですかね??


そろそろ15時近くなったのでFAN FESTへ。。


ここは首都だけあって規模が一番大きかったです。


観光名所の


門



フランデンブルグ門から


塔


戦勝記念塔ジーゲスゾイレ。


この二つを繋いでいる道路を

「6月17日通り」というのですが、

1km以上あるこの道を完全封鎖して、

会場にしています。


FUN FESTと試合の話は次回に続きます。。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は午前中、家の近くのグラウンドで試合をしました。

グラウンド着くと、3名は諸事情で遅れていて

キックオフは8人で迎えないといけないとの事。


でも、今日は凄かったんですよ。


途中2名が来て10人になりましたが、0-0で折り返し。


守備の意識だけを持っているとなんとかなるものです。


そして後半、11人揃いました。


セットプレーから先制。 残り10分切りました。


そして・・・


ハンドかなと思って、足が止まったところで

同点にされてしまいました。


そして、その後は・・・・・ 4失点。1-4


日本代表の試合の様でしたよ。。(涙)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月14日。

3日間拠点にしていたフランクフルトから離れる日です。


7時30分前のICE(新幹線みたいなもの)で出発。


ice


車内はこんな感じです。

日本の新幹線より座席スペースが広いです。


車内


3時間ほど乗って


ライプ駅


ライプツィヒに到着しました。

ここは唯一の旧東ドイツの開催地です。


学生時代は東なんて一生行けないと思っていたので、

ひそかな感慨がありました。


試合まで、しばらく時間があったので観光。

この地でまず行きたかったのは


ニコライ教会


ニコライ教会。


ここで毎週行われていた祈祷集会が、

民主化要求のデモに発展していき、

ベリリンの壁崩壊の第一歩となったそうです。


そして、ドイツサッカー連盟設立の地でもある様です。


この二つの要因で、ここが開催地になったみたいですね。


しばらく街をブラブラしました。

今までの地とは違い、趣のある建物が多いのですが、

この街はトイレが少なくて困りました。


そんなこんなで時間も過ぎ、スタジアムへ出発。


トラム


トラムに乗って行きます。


駅に着くと、


広場


目の前に広いスペースがありまして、ひたすら歩きます。


逆から


逆からみるとこんな感じです。かなり距離ありますよ。。

その後、急な坂を歩かされます。


池


入り口の横には大きな池があります。

そして到着。。疲れました。


スタジアム


ツェントラル・シュタディオン。

ブルーが基調なこのスタジアムはWMのために

作ったもので、使用する地元チームは4部の所属、

1試合あたり、2~3000人に集客しかできない様です。


「もったいないな~」と思いますが

「Verdyも4000人程度の集客で味スタや国立を使っている。」

というあまり大きな声では言えない事実があります。(笑)


この日のゲームは


スペウク


スペイン vs ウクライナでした。


kick off


4-0でスペインが圧勝した試合ですが、

F・トーレスが特にスゴすぎ。。

この大会が終わったあとは、たいへんな事になりますね。。

ビッククラブからオファー殺到しますよ。


試合終了後はゴールラッシュに満足しながら、

宿泊地のベリリンに移動。


ベルリン中央駅に着くと

ドイツ国旗を持った人や大声で叫んでいる人の嵐。


ドイツの試合があった日なので、どこか盛り上がっている

ところに繰り出そうかと思ったのですが、

思いの他、宿泊ホテルを探すのに手間取って疲れたのと、

門限23時だと言われたので、部屋でおとなしく見る事に。


部屋に入ろうとするとカギがなかなか開かず、

泣きそうになっていると通りがかったブラジル人が助けてくれました。

さすが王国の余裕。


ドイツ戦は結局、前半で寝てしまった様です。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。