シフクノトキ

ヴェルディと日本代表の話が中心です。


テーマ:

先日の南米予選に続き、大差がついた試合でした。

ですが、今回勝ったチームはブラジル

 

この両チームの試合結果の予想は難しく、やってみないと分かりません。

 

選手のコンデション、試合中のちょっとしたプレーで

展開が大きく変わってしまいます。

 

今回はブラジルの1点目と2点目が効きました。

1点目はアドリアーノ、2点目はカカでしたが、

いずれも個のスキルを活かしたゴールでした。

 

TVは「アルゼンチンは1日休みが少ないので疲れている。」と

言っていました。

確かに、ソリンは特に。メキシコ戦の様は迫力が無かったですね。

 

FW陣も迫力が無かったです。クレスポがいる方が怖いですね。。

 

それと何故か1点目のアドリアーノのゴールの時、

ふと平本が頭に浮かびました。

日本人でああいうシュートを打てるのは

平本(と久保)くらいかな。。なんて思いました。

 

土曜日はシトンvs大黒の得点王対決と言われてますが

平本に期待します。。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

惜しくもPK戦で敗れてしまいましたが、

メキシコの良さが光ったゲームでした。

 

最近ではAマッチでは負け知らずだそうですが、

「なるほど」と納得できます。

 

今日も守備は堅く、アルゼンチンは手を焼いていました。

攻撃は狭いエリアでもパスをつなぐ意識があり、

見ていて爽快でした。

 

でも、速く仕掛けるときは、一気にゴール前に攻め立てます。

相手はスピードの強弱について行けません。

 

得点のシーンはまさに速攻でした。

 

見ている限りでは、身体の大きさなど、

フィジカル的には日本と大差が無いような感じです。

そして、国内組がほとんどですが、選手のレベルが高い。

 

決勝はブラジルとアルゼンチン。

先日のW杯予選はクレスポがいて、アルゼンチンの完勝でしたが、

今回はどうでしょう??

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日の日曜日は久しぶりにフットサルをやりました。

取引先の会社と練習試合です。

場所は五反田スタジアム。(五反田ボーリング場の屋上です。)


会社の同僚と作ったチームなのですが、

昨日はメンバーが揃わず、助っ人に来てもらいました。


その中の1人が「YOMIURI」のジャージを着ていました。

聞いてみるとその彼は関西で高校生だったときに、

2週間程度、読売ユースの練習に参加したそうで、

そのときにもらったものだそうです。

彼は23才ですので、6~7年前の話ですかね?


そんな助っ人がいましたから、

早いパス回しも出来?楽しいフットサルになりました。


ただ、午前中やったのですが、それでも暑くて大変でした。


その後は、懇親会。両チームで焼肉屋さん。


サッカーをやってる人は話題も共通なので初対面でも会話も弾みます。

とても楽しい1日でした。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブラジルとドイツのコンフェデ準決勝は

アドリアーノの個の力で、ブラジルが勝ちました。

 

1点目FK

2点目は突破からPKを獲得しました。(得点はロナウジーニョ)

3点目はこぼれ球を相手DFとせりながら決めました。

 

調子が良かったわけではありませんが、

要所は押さえるといった感じでしょうか?

 

試合自体はドイツが優勢でした。

ブラジルに先手を許しますが、伝統の「ゲルマン魂」で追いつきました。

 

ドイツはあまり、よく知らないのですが、若手中心という事でした。

予選の無いドイツは公式戦で試合をできる数少ないチャンスですので

テストではなく、本大会を睨んだメンバーなのだと想像しています。

 

ただ、バラックへの依存度が高いのも事実ですね。

 

来年この両チームのどちらかと同じ組になる可能性は25%

日本はできれば、組み合わせが決まる前に、もう一度試合をしておきたいですね。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

世界の強豪国相手に良い試合をしたA代表と、

不完全燃焼だったU-20、好対照だった大会でした。

 

そしてプレースタイルも好対照だったと思います。

 

僕はA代表の

「早いパス回しと縦パスからのゴール前でのダイレクトプレー」

「高い位置からのプレスと組織敵なボール奪取」

が好きなのですが、これが日本サッカーの長所だと思っています。

 

世界の強豪国を見ると長い歴史に培った

その国のサッカースタイルがあります。

そのスタイルは全てのカテゴリーに共通していると思います。

 

日本も次のステップとして、「日本のスタイル」を確立して欲しいと思います。

 

他の国では、今回のWユース組から、来年ドイツに行く選手がいます。

 

韓国の様に既にレギュラーになっている選手もいますし、

たとえ試合に出る時間が少なくても、ドイツの経験をいかして

南アフリカのときは主力になっているでしょう。

 

日本はどうでしょうか?

 

A代表をベースにして、下のカテゴリーを育成して欲しいですね。

勝敗よりも、いかにしてA代表に送り込めるか?

という事を意識して欲しいです。

 

このままではドイツが終わったあとは、「何も残っていない。」

 

そんな心配をした二つの大会でした。。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まず、入場前の通路の映像を見てビックリ。

ロニーもカカもアドリアーノもいる。???欠場では???

「日本相手に欺くとは・・」なんて思いました。

 

でも、そのおかげで充分楽しめましたよ。

ブラジル強いですが、日本も思っていた以上に出来ました。

 

アトランタオリンピックのときは攻撃出来なかったのですから。

 

不用意にボールを取られると、一気に持っていかれてしまいます。

この辺は、強豪国とやる場合は気を付けないとダメですね。

 

でも世界ランク1位のチームと公式戦でドローなんですから

充分評価できます。

 

最後はドイツの人も「ニッポンコール」していた様に聞こえました。

少しは日本のサッカーも分かってもらえたのでは?

ヒデとスシボンバーしか知らなかったみたいですから。

 

今回の内容に満足せず、強い国とテストマッチを繰り返していけば、

来年は期待が持てそうです。

 

スカパーではセルジオが「決定力不足」と怒っていましたが、

ブラジルから2点取ったのですから、そんなに怒らなくても・・・と思いました。

 

過去のA代表は福田の1点のみという話もありましたので。

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

森本は延長になってからか~」 なんて思っていたら、

ロスタイムに決められてしまいました。

選手も延長の事を考えて、集中が切れていたのでしょうか?

 

この試合もロングボール主体でしたが、

今までと違い、ドリブルで仕掛ける事が多かったです。

そして、ラインは相変わらず間延びしてパスを繋ぐサッカーは

見る事ができませんでした。

その中で、梶山のサイドチェンジのパスは良かったです。

 

守備は失点以外は粘り強く守っていたと思います。

 

選手はみんな頑張っていたと思いますが、

もうすこし、攻撃の方で連携が見れたら良かったと思います。

(守備はボールの奪い方など、組織で出来ていたと思います。)

 

チームとしては一つになっていない様な印象がありました。

 

まだまだ、先は長いですので、期待をしていきましょう。。。

 

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

こういう試合が見たかったのです。 

ナイスゲーム。ドイツへの夢が広がるゲームでした。

 

前半、ヤナギ玉田も決めれませんでしたが、

彼らだから、あそこまで行けたとも思います。

シュートは入らなくても、高い位置でのプレーを続ければ

失点のリスクは少なくなりますし、

ギリシャDFもかなり、消耗させる事ができたと思います。

 

大黒はさすがです。

本人は「スタメンで」と思っているでしょうが、「唯一の切り札」

僕はドイツまでは「切り札」でいて欲しいと思っています。

 

全体を通すとヒデの縦パスが際立っていました。

この縦パスを待っていました。

 

この縦パスから攻撃がひろがっていきます。

 

国歌斉唱からギリシャ国歌の大合唱でした。。

完全なAWAYの中、いい内容で勝てたのは自信になります。

来年も少なくとも1チームは欧州のチームが相手でしょうから。

 

次はブラジル。

メキシコに負けたので、「本気モード」で戦ってくれます。

ブラジルが本気で戦ってくれるチャンスはなかなかありません。

 

結果は気にせず、チャレンジして欲しいです。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

前田ありがとう。オランダもありがとう。

 

前田は4月13日、悪夢の試合の口火をきった危険な男。

さすが、この試合でも短い時間の中で決めてくれました。

なんでこの試合まで使ってもらえないんですかね?

 

オランダは勝っても負けても1位通過なのに、

よくぞベナンに勝ってくれました。さすがホスト国。

 

前半はオーストラリアにかなり攻められました。

シュートが下手だったので助かりましたが、

あぶない場面がかなりありました。

 

後半はオーストラリアの足が止まり、

水野、前田、森本と投入しましたが、

よい攻めの形はなかなか作れませんでした。

 

平山を1トップ気味に使うのであれば、

DFラインはもっと高くしないと落としたボールを拾えません。

逆に相手に拾われ、一気に攻められてしまいます。

 

DFラインを低くしたいのであれば、

カウンターを狙うしかありませんので、

速くてスペースを狙えるアタッカーを配置する必要があると思います。

 

3試合見た感想は、「とにかくラインが間延びしすぎている」という事です。

 

「とにかくまずは平山に」というのは、???です。

 

勝ち点2でも上がれました。次の相手はアフリカ4位のモロッコ。

ブラジルやアルゼンチンは決勝まであたりません。

 

この運を生かして欲しいものです。


決勝Tまできたので僕は勝敗はこだわっていません。

とにかくパスをつないで欲しい。。

技術のある選手はそろっているのですから。


北京に向けて夢を見させてくれるプレーが見たいんです。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

遅ればせながら、ようやく試合を見ました。

「試合はLIVEで」をモットーにしているのですが、

その日は同僚と飲んでしまい、

1時前には家に着き、国家斉唱は見ていたのですが、

気づいたときには試合が終わっていました。

 

試合の感想ですが、「日本は悪くなかった」と思います。

むしろ内容的には良かったのではないでしょうか?

 

それでも勝てないのは、メキシコが勝負強いからですね。

メキシコはW杯では、どんな組み合わせになっても

決勝Tに行く力がある強いチームです。

長い歴史がチームを安定させているのだと思いますし、

FIFAランクも6位です。

 

来年のW杯もシード国との対戦以外は

こういう淡々とした展開になるでしょう。

そこで勝ちきるか最低でもドローに持ち込めるかが、

決勝Tに進むためのKeyになります。

 

決められたシュートもアジアでは枠に行っていないシュートだと思います。

 

今回の全ての経験が来年役立つと思っていますので、悲観はしていません。

 

日本は強い相手の胸を借りて成長していく段階だと思いますので。。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。