本能を満たすことの重要性

テーマ:

人間の本能を社会制度配下で満たすことが

「人間の健康維持・向上」延いては「社会健康維持・向上」を果たす。


食欲、睡眠欲、排泄欲、性欲、物欲、知識欲、独占欲・・・


と、人間にはいくつもの本能がある。


人間の行動の大半が本能と言っても過言ではない。


命に関わる本能(生命欲)と、自制も必要な本能とに区別される。


食欲、睡眠欲、排泄欲は命に関わる本能である。


性欲、物欲、知識欲、等の快楽要素を含む欲は人の健康の維持や向上に寄与する。


昨今、このような本能であるにも拘らず、セックスレス、無欲が増えているという

調査を見るが、これが家族崩壊、自分崩壊(欝病:セロトニン欠乏、エンドルフィン欠乏)、

延いては社会崩壊を起こすことになる。

委縮し、疲弊している現代日本人としか思えない。

生殖力の象徴である蛇信仰から、再び命の水を飲めるか。


日本・世界人口は減少の一途を辿っている。

人口が経済を動かす。


快楽欲は生命欲にも影響を与える。


睡眠欲もまた、すべての行動に影響を与える。他の本能を欠落させる恐れもある。


排泄欲は代謝であるから、衰えは加齢に繋がる。食べる出す能力は食欲による


吸収力を増す。代謝が衰え、サプリメントを飲用しても消化吸収しない。


人間界の調和と、健康のために、人に備わった本能は重要視しなくてはならない。


只、本能は社会ではルールを守り、満たすことが、大切で自己中心型では逆効果を


や社会犯罪を引き起こす。



AD

同じ1分でも、好きなことをしている1分と、嫌なことをしている1分では
感じる長さが違う。(アインシュタイン人間の心理版「相対性理論」)

相対性理論は、任意の点における重力の違いにより時間の経過する速度が
異なる。これはあくまでも、点に存在する人間には感じ取れない。
感じ取れるには何か基準が必要である。

走っていても、いつも1人では早いのか、遅いのか、皆目見当もつかない。
只、昨日と今日の速さの違いはわかるであろう。
自分以外の速さと比較することは不可能である。比較の対象が必要である。
これが、他者比較。

これに対し、相対性理論自者比較は
己の行動で、長く感じるか、短く感じるか、行為の対象によって異なる
ことが自覚可能である。

①今が、長いと感じる・・・目標がない。生活(人生)に無駄がある。
②今が、短いと感じる・・・目標がある。生活(人生)に無駄がない。

※只、①の場合、人生・生活の密度が低く、平均化すると’振り返る’と短く感じる

    ②の場合、人生・生活の密度が高く、平均化すると’振り返る’と長く感じる

これは日常生活でも何にでも言える。

睡眠時間は外的作用によるセロトニン等の化学物質の分泌でも決まるが、
毎日、好きなこと(やるべきことをする時間:学習、仕事/余暇時間:趣味等)

を順調にやっていると自ずと短くなります。

日々、充実した人生は人生70年~80年を150年~200年にも変換できます。

「長かった」と思える人生を創造するために、積極的な、プラス思考の行動を

毎日致しましょう。




AD

器を大きくしていくことの人生における重要さ

─────────────────────────────
「悪運」は「悪運」と繋がり合う。

「偏屈」は「偏屈」と親しみ、


「清人」は、「清人」と出会い

そして繋がり合う

「類は友を呼ぶ」ということわざがあるが、
もっと興味深い法則が人と人との出会いを作り出している。

仏教言語では「宿命」、「宿業」であろう。

これは事業家にも言える。

「伸びていく人」は、例え、どんなに仲がよくても、知らず知らずのうちに
「落ちていく人」とは、疎遠になり、いつの間にか自分と同じ「伸びていく人」

と交わっていく結果となる。

恣意的にこのようになるのではなく、無意思でそのようになってしまうのである。

抵抗しても、抵抗しても、自分と言う人間の核をなすものを共有してる人間としか
結びついていかない。

出会いとは、決して偶然ではない。
これは人間世界に存在する数ある法則の一つである。


そうでなければ、どうして出会いが一人の人間の転機となり得ようか。
どんな人と出会うかは、その人の命の器次第である。

─────────────────────────────

師に出会うことも運命。


友に合う事も運命。


第二家族の配偶者に出会うことも運命。


 運命は偶然ではなく、必然である。


自分が過去に培ってきた結果が、当為運命を呼ぶ。


今も自己を磨いていなくてはならない。


「運がいいとか、悪いとか」自分の現在の技量が決めている。


つまり、人生は自分次第で変わる。



AD

心底、没頭できるものがない。


心底、学習は好きではない。

心底、好きな人がいない。好きになったなった経験がない。

心底、社会貢献である仕事は好きではない。

心底、信念ができない。

・・・・・


学習が将来の自己能力を作る。(将来の道を切り拓く)

学習能力が弱いと、将来の仕事能力(生産性)も強くならないことも多々ある。

※作業的仕事は別だが、知的生産的仕事は学校教育学習(教養)が必要


就活でも「教養科目」、「専門科目」が必要となる。

※公務員行政職は、当為だが、「法律、経済」科目等は大半が必須となる。

志望動機・小論文・面接(個別・集団)とあらゆる就職検査を求められる。

面接対策や小論文対策等、にわかには出来るものではない。

暗記は簡単に見抜かれる。かつ、万が一でも雇用があった場合、

後で能力不足が暴かれ、退職勧奨やあまりの能力不足は止む終えず、

解雇・配置転換・転籍を強いられることになる。結果、元の鞘。


心底、惚れ込んで結婚しない(わからない状態)人もいる。

昭和一桁生まれ以前ならよくある話であるが、現代では本当に欲しいものを

手中にするのではなく、沢山のもの(具体物)を手に入れるため、心底、

また、いちばん欲しいものではないことも多々ある。一時的、欲求。

離婚率も未婚率も右肩上がりになっていく世の中である。

※結婚前、結婚後では異なる環境が離婚を促進することもある。

 婚姻といった安心が、結婚前と違う環境を作る。人格が変わる。

 互いの関係も、双方、要求ばかりになる。

 最初のエッセイでO2がCO2に変わり、2人関係が子供が加わり、

 3人以上の関係になり、人格が、環境が変わり、O2の性質は消滅する。

 男性は必然的に、性質が変わったため次のステージを求める動向がある。

 CO2になろうと、H2Oになろうと、O2の性質は維持する義務もある。

 老後はまたO2だから。


心底、社会貢献である仕事が好きではないは、多分、受身的・非創造的

仕事になっているのであろう。

        学校の学習vs遊び=仕事vs遊び

学習も仕事も人としてやるべきことである。

やるべきことをしないと自由は手に入らない。(憲法)

「やるべきこと」は「やりたいことにかわる」道なら、正しい道を選択している。

やるべきことを日々、夢中になりやっているとやりたいことに変わる。

これを天職という。


信念、・・・Please wait






人は人によりて人となる

テーマ:

人はお互い頼り頼られ生きている



頼る、頼られることは、人生、生甲斐(遣り甲斐)にもなる



弱いから頼る 当然かも知れない



頼り過ぎる、頼ることがなさ過ぎる、も問題かも知れない。



強がり、また、心を開かず、人を頼らなさ過ぎると



人間関係は希薄になり、



皆、独立した冷たい関係で空虚な人生になる



強がらず、心を思いっきり開き、素直に自己を表現する



これをいつも心から維持できることが人が寄り合う素であろう



只、それにより、ひとりひとりが更に止揚し、ひとまわり大きな



頼りを築いていくようになりたい



人の根はやはり弱い



何かに頼るところがあるから、何か自信がある。



中年女性は子供の養育で強くなる



しかし、あまりこれを他にも同様なことをすると避けられる



だって、強いといっているようなものだから。



強がりは止すと人は集う。





契約を破ると権利は与えられない。

神から基本的人権は与えられない

結婚能力思考

テーマ:

結婚可能と思われる人の思考(主張文)


①受験・就職と同様、「結婚は才能があるから出来る」のであって、才能がないとできない。


②30代後半~40代は結婚対象にされ難い傾向がある、なんて思わない。

③A&B&C&・・・male、femaleいないなら、結婚は困難。


④素直な心、隠さない心、相手に益を求めない心(恋:奪うもの/愛:与えるもの)

⑤魅力的な女性は、最初から素晴らしいのではなく、素晴らしい男性が作る。


⑥味気のない女性は、よい条件(安定した)の男性を捜す。(探してもいないから、結婚率低下)

⑦望まれる女性は、金も地位もないが、今が小さくとも幸福と思っていると、更なる抽象的幸福を掴む。

⑧有能な男性は、安定・財産・子供・老後・(具体物に頼る)を目的としている女を嫌う。

⑨専業主婦をしたい女が結婚すると、専業主婦による夫婦の「くれない」が起こり、離婚傾向がある。

⑩金がないから、結婚できないは言い訳でしょう。金は幸福の必要条件であり、十分条件ではない。


--------------------------------------------------------------

①結婚能力 ・・・ 力とは、素直さや謙虚さ。

           男女の区別意識をしていない。(区別、若しくは、差別感を持つと接する機会損失)

           背伸び(高級ブランド思考、海外コンプレックス)は、魅力減退。


②結婚適齢期・・・結婚に、生物学的適齢期はあるが、精神的適齢期は千差万別。

           アラサーは現代の適齢期になっているが、アラフォーになろうが、

           魅力という若い新鮮な真っ白な能力を持っていれば、心のマグネットは働く。

           加齢による焦げ付いた心(様々な固定概念の持ち過ぎ)は、邪魔なだけ。


③男女関係なく、知人は適度にいること。異性の心理が分かる。

           日々の生活内で必要かつ自然な人間関係を作る。


④相手に求めるだけでなく、無償の抽象物(気持ち)を与えていること。


⑤これらの能力があれば、取り立てて作らずとも、双方が相互関係で、お互いを止揚して行く。


⑥安定した鈴虫はなかなかいない。不安定に熱心に取り組んでいるバッタが実は鈴虫であろう。


⑦現在の金や地位を求めると将来、これらで泣く。ならば、現在から近未来を大切に生きる。

 

⑧今の所有物で判断されると、永遠に期待に応える、維持することを保証はできないと分かって

  いるため、去っていく。


⑨専業主婦が結婚の十分条件だとすると、現代社会環境化では婚姻率は下がる。

  専業主婦が必要条件である時期もある。あまり、拘ると互いが「くれない族」になり、

  結婚破綻を招く。お互いが「与える木」になることが最も大切であろう。


⑩金は生きる一つの手段に過ぎず、必要条件であり、十分ではない。

  金で人を計ると、将来、金で揉め、金で破綻する。


  確実に言えることはお互いが幸福を望んでいること。

  しかし、これを認識しておらず、金や他の人間関係でお互いを攻め立てている嫌いがある。

  よく原点に足を付け、今の喧嘩は理不尽でないかを考える。


                                      以上、事実文でなく主張文です。

私たちの生まれ育てられた家族は、第一家庭と呼ぶ。


進学、就職と青春時代が加速度を増して走って行く。


恋愛で二人だけの秘密を第一家庭の親に秘密にし出すと、本当に恋。


親に感動されることも多々あり結婚し、それでも幸せな二人の世界が続く。


子親から離れ供が出来、自分達が親に変わり、第二家庭と呼ぶ。


第一家庭はH2O(水分子)、恋愛機関はO2(酸素分子)、第二家庭はCO2(二酸化炭素)


青年期からの恋愛から、走馬灯のように、時が過ぎ、人と人のつながりは変化し、性質が変わる。


本来、賢者は分子にしない。原子の関係を保つ。


つまり、いつまでも、初々しい気持ちが続くという意味がある。


そうでないと、性質の変わった分子は、電気分解もしくは、活性化し、不幸という変化を起こす。


幸福の秘訣は永遠に原子でいることだね。


----------------------------------------------------------------

第二家族を持つために・維持するために・慣れ減衰せず止揚するために


第二家族は、次第に性質が変わり、考え、守る努力が必要となる。


子供をいわば「子分」にし、親分になると、もう「おばさん」範疇。これがなぜか


何もないにも拘らず強くなる(自信)原因。おばさん意識団塊を意識的打破が


第二家族のフレッシュさを保つ素。


第一家族は、自己が子供であるが故、親の下(環境下)での自己実現に努力する。


進活、就活、婚活、妊活、育活、生活 ・・・ 第一家族から第二家族へ


第二家族は、個々の関係を維持・止揚することが重要。


-間違いだらけの第二家族-  


脱・<心が離れていく、只の共に居るだけ家族>論