腹ペコで花火までなんとか持ちこたえ、サイゼリアに寄って帰宅するまで〜前編でした。

②です。

 

実はサイゼリア後にすぐ帰宅するかと思いきや、、、旦那がイカスミスパを食べている最中に、「会社のお土産が足りないかもしれないから追加で買わなきゃ!」ということになり、ランド入り口のお店に逆戻り。

夜は寒くてブルブル怖い 子等は眠そう。次回こそは宿泊するぞ!と思うのでした。

 

:::::::::::::::::::::::::

 

さて、としまえんです。

いい季節だし、あじさい祭り開催中なので混雑かもと予測してましたが、なんと!!入り口から空いてました。

曇り空だから客足が鈍いか!?

アトラクションはロープ張りのウロウロ順路をノロノロ進むことなく、5−10分くらいの待ち時間で好きなだけ乗れました。

 

 

ただワタクシ、最初に乗ったコーヒーカップで子等がぐるぐる回し過ぎたのか、途中ですごく気持ちが悪くなってしまいゲッソリ、その後はゆるい系に付き合う他はほぼ休憩。

旦那とエヌさんが乗りまくっている間、トラウマのビッグサンダーマウンテン以来アトラクション拒否のピィとソフトクリームと焼きそばでまったり。

 

 

ポニーさんに乗るよ

 

唯一ピィが興味を示したポニーさん、500円で乗馬出来ます。

エヌさんも乗りたそうでしたが、小4までだそうです。残念!

ペットガーデンにいた動物たち可愛かったニコ

また行くよ乙女のトキメキ

 

 

そしてその帰り道。

家の近くの自販機で、なっちゃんオレンジを押したのに出てきたのはなぜかコーヒー。

押し間違えたのかと再度お金を入れて、なっちゃんオレンジを押してみると、、、ボス。

同じだよボス!

 

 

なっちゃんオレンジ?

 

 

2週のお出かけは子らが喜んでくれて何よりでした。

あと何年付き合ってくれるのかな〜とふと考えたら、なんかツーンときました。

 

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

AD

タイトル通り、2週にわたって2箇所に出かけました。

まずディズニーランド。

 

 

晴れて良かった〜

 

 

いつの頃からか6月恒例のディズニーどっちか行き。

今年はランドでした。園内は工事中というのか、改装に向けての箇所が目立ちあちこち囲ってありました。

比較的待ち時間が少ないイッツアスモールワールドまでもが閉まってるビックリマークシーの方が良かったか?

その改装工事の壁際にシートを敷いて寝転がっている方がいました。完全に横になってるzzz、、、お疲れのお父さんでしょうか。

夢の国で夢の中へ〜zzz

 

 

さて。今回もあっという間に財布が軽くなりました。

札束に羽が生えるペースが異様に早いディズニー国。

 

 

 

下の霧吹きに水を入れて扇風機を回すと、暑い時には快適〜

 

 

 

すれ違う子が持っているのを見ると、何かと欲しがるうちの子供ら。

帰ったら使わないんだからと渋るワタクシムキーと、買ってあげるよ〜と子供らにいい顔をする旦那ニヤニヤ

 

 

上矢印一つ2千円ちょっとだけど!?

✖️2だといくらだよガーン

ただの霧吹きなんだよ!

ダイソーだったら108円だよ!!

216円で買って手動で腕ブンブン高速回転したら同じものだよ!!

夢の国の魔法にかかってるだけなんだよ!!

おまいら気付けおーっ!

ワタクシをけちんぼ呼ばわりするなパンチ!

日々ワタクシは断捨離目指しーーー

 

 

 

 

 

夢の、、、

 

 

 

 

 

国っ!チーン

 

 

 

 

初のビッグサンダー・マウンテンは、パレード開始前だったからか待ち時間50分くらいだったと思います。

ピーは「息が出来なくて怖かった、一生乗らない」と終了後しばらく泣いてましたぐすん

ワタクシはさほど恐怖ではなかったですが、終盤ちょっとえづきました。もう少し長かったらやばかったかもしれませんあせる

 

 

 

とにかく今回は今までにないほど人が多くて、何を買うにも長蛇の列なので思うように軽食が買えず、ずっと腹ペコでやっと並んでゲットしたポップコーンを貪り食ってました。

ビザ発給緩和効果なのでしょうね。人、人、人、、、

花火花火も見たし、最寄りのサイゼリアで腹ペコを満たして帰ったのでした。

 

 

 

長くなったので続きます。。。

 

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

AD

真アジを買ってきました。

佐賀産。塩焼きにでもと思ってましたが、刺身でいけそうな大きさだったのでクックパッドの魚のさばき方を見つつ3枚に下ろしてみました。うーん、刺身にはちょっと足りないか。南蛮漬けかな〜。

残った中骨は、身もついてるし骨せんべいにでもするか。

 

 

Cpicon 骨せんべい。。☆☆ by けんたま おかん

 

 

レンジで出来るレシピ発見。

 

 

まずは2尾分。

身の残りが多かったようで、レンジ庫内に飛びまくりで焦りました。ポーンソウジメンドウクサイ。。。ぶー

更にレシピにはクッキングシートと書いてあるのに、キッチンペーパーでレンチンしたから引っ付きまくり。なんとか剥がし、、、見た目は悪いが、、、どうよ?

サクッと美味しく出来上がりました!んで、子供ら取り合いでお代わり。

 

 

 

今度はちゃんとクッキングシート仕様。

庫内掃除を省くために、大きく切ったクッキングシートに挟み込んでレンチン。

 

 

 

 

クッキングシートを被せたので飛び散りもなく、今回は完璧。

塩も何も振らなくても、とってもおいしい。

油で揚げなくてもこんなお手軽に出来ちゃうんですね。子らは骨をもっと食べたいからまたアジを買ってきてと言ってます。

身じゃなくてそっちなのか。真顔

 

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

AD

毎年クリスマスブーツに入ったお菓子を子らにあげています。

去年は「なんだ、またこれか」という不平が出たので今年はあげないつもりでしたが、「お菓子でもなんでもいいから、クリスマスプレゼントを枕元に置いて欲しい」と二人からリクエストがあったので買ってきました。

 

 

 

 

知りませんでしたが、近所に”おかしのまちおか”がありました。

細々したお菓子からチョコ菓子、スナック、お菓子入りブーツもありましたが、今回は適当に買って、いつだったかに買ったダイソーのクリスマスの袋に入れて家にあったリボンをつけたら、クリスマスっぽくなりました。

 

 

 

 

二人分で千円弱。クリスマスツリー

うちでは誕生日とかクリスマスに限らず、おもちゃやゲームなんかをパパがちょくちょく買っちゃうので、こういう時に子供達が大喜びしそうなものが思いつかず困る。

サンタじゃなくて、プレゼントは私が買ったものを枕元に置いているのを子供たちは承知しているのに、なんでもいいから枕元に置いてくれという、考えてみれば妙な行事ですね。。。デレデレ

 

 

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
 

単純疱疹

テーマ:

一昨日から、単純疱疹になる前の症状特有の神経痛がムズムズ。

疲れたり抵抗力が落ちると発症します。

何度もなっている人ならわかるあの痛み。ビリビリ痛いです。滝汗

 

 

バルシビル

 

単純疱疹はピィ出産直後から出るようになり、その後も度々なります。チーン

初期症状は筋肉痛のような、足がとにかくだる〜くなってピリピリムズムズ、とにかく不快で痛みもあります。この時期に薬をすぐに飲めば早くて数時間〜半日で症状が和らぎますが、痛だるいのを我慢しているとブツブツと湿疹のようなのが出来てきて、最終的にブツブツが膿を持った水疱になって潰れます。

 

 

最初は病院で診てもらってましたが薬が結構な値段で、初めて診てもらった時は確か薬代だけで6千円くらいだったと思います。ムズムズでは見た目の症状がないので、病院に行くとなると湿疹が出来てからになるので、そうなると治るのに時間がかかります。

市販薬があると便利なのですが無いようで、今は薬の輸入代行オオサカ堂で何箱かまとめて買ってます。

 

 

 

 

今回は症状が重かったのか、薬を飲んでも翌日まで痛みが続きました。

二日目からは半分の500mgを朝夕1回服用。

三日目の今日は痛みは無いものの、昨日と同じ量を服用。

 

 

 

 

初めは真ん中から包丁でザクッと真っ二つにしてましたが、レビューを見ると手で割ることが判明しました。ガーンピルカッター買わなくてよかった。

 

 

 

 

 

切り口が結構なシャープ加減hurtなので、半量を服用する時は喉につかえないように要注意です。

薬の在庫が切れたので、早速再注文しました。バルシビルはジェネリックで、再注文時に本家のバルトレックスの方が安かったので次はバルトレックスです。

今回も水疱にならなくてよかった。

私の場合は体の疲れより、心労というか悩みがあると発症しやすいようです。考えすぎはよくないですね〜。真顔

 

 

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ