親しみやすいドイツ語

テーマ:
ドイツ語は英語にはない、我々には馴染みやすい側面があります。ドイツ語は英語と構造的に共通しているところは多くありますが、実は日本語ともかなり近いと感じる部分も多いのです。ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもわりと多いですが、元の意味はちょっと違うというものもあります。ガスボンベはドイツ語ではガス爆弾という意味になるのですが、日本の家庭にはそんな物騒なものはありませんよね。ドイツ語的に言えばカートリッジ式ガスタンクとなるでしょうか。この単語の場合は誤って使われ続けている言葉です。

ドイツ語が日本語と似通っていると気づく点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則が影響していると考えられます。

ドイツ語を公用語としているのは、統一ドイツと音楽の都ウィーンを首都とするオーストリア全土、最大都市チューリッヒを含むスイス連邦の一部、それとヨーロッパの小国家リヒテンシュタイン、ルクセンブルク大公国の北東部の周辺です。ドイツ語の学習を進めていくと、結構ドイツ語は英語とは違い日本語の漢字・かな的な発想を発見します。

ドイツ語の習得をはじめる発端は、いろいろな人生の局面が絡んでいるはずです。大学の第2外国語でのドイツ語がはじめてという人もいるでしょう。ドイツ語は英語と同じくヨーロッパ語族ゲルマン語群に属しますが、英語にはドイツ語ではそれほど多くない、元来フランス語である言葉の借用も相当数見られます。ドイツ語をはじめようと決心した人は、中学校で学び始める英語とは違い、何か自主的な動機がありますよね。ドイツ語は、酒井高徳や清武弘嗣など、日本人Jリーガーのブンデスリーガ移籍などで脚光を浴びることもあるようです。
AD

やさしいドイツ語学習

テーマ:
ドイツ語の第一歩を踏み出すのは大体において英語の後だと思います。どんなタイミングなのでしょうか・ドイツ語圏には有名な音楽大学がいくつもあり、留学先に選ぶのならやはりドイツ語が必修となります。

ドイツ語は英語に似ているところも多くありますが、実は日本語に似ていると感じる部分も多いです。ドイツ語は割と楽に取り組めます。格変化はちょっとややこしいかもしれませんけどね。

ドイツ語の学習を進めていくと結構ドイツ語には英語にはない日本語的な面を発見します。ドイツ語を話すようになってくると、日本語とドイツ語でニュアンスが同じような言葉が多いと感じます。

ドイツ語には例えば否定語のnichtがありますが、この否定語は文の最後につけることが多いので、文が完結しないと賛成か反対かの意見がわからないことがあります。

ドイツ語には日本語の表現として感覚的に捉えられるものもあります。アイスクリームにリーベンデールという商品があるのをご存知ですか?ドイツ語ではLiebender 「愛されている人」とか「愛すべき物」とか言った意味でも解釈できるのですが、この意味で考える場合は、文法的に言うとちょっと複雑なのですが「動詞liebenの現在分詞形liebendの受動的用法による人称変化liebenderの名詞的用法Liebenderとなりますが、能動的に解釈も可能です。

ドイツ語の発音はとてもカンタンです。学習する時間もフランス語の発音の20分の1以下くらいの労力で済みます。ドイツ語の発音で難しいのはMuseum(ムゼウム)など音節の切れ目がいくつか考えられる場合ですが、あとは混乱はほとんどないと言ってよいでしょう。



今まで誰も成し得なかった、ドイツ語の体系的学習法、英語の知識、日本語の知識を脳で変換、直ちにドイツ語化するという圧倒的効率の学習法、おすすめのドイツ語教材はこれです。

AD

楽しいドイツ語学習

テーマ:
ドイツ語をはじめようと思った人には、クラシック音楽やサッカー等の自分の趣味の延長線上にドイツ語があったという動機が多いようです。例えば文化とか芸術とか技術的なものに魅せられることもありますね。

ドイツ語は英語とはもともと非常に近い言語ですので、英語の知識をドイツ語に応用することが可能です。しかしドイツ語には英語では簡略化されている格変化というややこしい活用形がありますから、ちょっと面倒ですよね。

ドイツ人と日本人の間には昔から共感できる何かがあります。ドイツ語を話すようになってくると、日本語とドイツ語でニュアンスが同じような言葉が多いと感じます。



ドイツ語には日本語の表現と非常に近いものがあります。ハンバーガーと言う言葉は北ドイツ最大の都市、Humburger「ハンブルグの」と言う意味です、後ろにつくSteakが略されて世界共通語になっていますね。

ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。二重母音に特殊なでも覚えやすい音がありますが問題ありません。ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、最近ではあまり大げさにやらなくなってきています。

ドイツ語はクラシック音楽ファンにはわりと親近感のある言葉ですし、オペラ作品などもドイツ語のものが多いのですね、モーツァルトが代表的です。

ドイツ語を速攻でマスターしたい。ゼロからはじめるのに適した効率的おすすめのドイツ語教材

AD