雑記帳(旧・ジェルボー、時々ゲリの東京日記)

おされブログはもう書けなくなりました(笑)
人は変化するものです。
日記のつもりで記録します。



テーマ:
ゲリを連れて帰国です♪
帰りも長時間フライト&検疫所泊がんばってくれましたー。

いまは母の実家でとってもリラックス~。元気いっぱいですよ(*´д`*)
若返っちゃうかも( ´艸`)

$雑記帳(旧・ジェルボー、時々ゲリの東京日記)



☆ジェルボー☆
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「2012DC」 の記事

テーマ:
続きです。

14日後、再診察。
先生は予想より状態がよくなっていると喜んでいました。膿出しと格闘したかいがありました。
しかしながら、かさぶたがはがれるたびにまだまだ膿が出てくるのでどうしたらよいのか聞いたところ、根本治療ができない限り膿は出続けるので、膿出しを続けてくださいとのことでした。場合によっては一生だそうです。
この日先生は目の前で膿の洗浄(注射器に水を入れて傷口の中を洗い、膿を掻き出す処置)をしてくれたのですが、まあ出るわ出るわ。これだけ出ればすっきりするだろうな、と思いました。
なんだかふっきれましたね(笑)

そんなわけで翌日からは先生の処置を参考に、患部の温熱療法に加え、1日一回簀巻きにして膿の除去をすることにしました。病院でやったような特別な注射器と水(生理食塩水のようなもの??)はないので、チューブ薬の細い先端をつかって見える範囲の膿を掻き出します。
$雑記帳(旧・ジェルボー、時々ゲリの東京日記)

すっごくいやそう(笑)
3日目くらいからは簀巻き脱出のコツをつかんだようで、一人でやるのは結構大変です。でもなんとかできますよ。手伝ってくれる人がいたら身体をおさえていてもらうとスムーズですね。

この方法で膿出しをするとと毎日かなりの量が取れます。一日で耳かき3~5杯分くらいかな。目やにと涙はほとんど出なくなり、鼻水とくしゃみも改善しました。鼻が通るようになったためです。
9歳という超高齢のゲリにとって膿出しの負担は小さくはないので、疲れていじけてしまうことも多いですが、日本に帰って主治医と根本治療の相談をするまではこれでよい状態をキープできればなと思っています。

いじけるとごはん食べないので薬とお腹の管理に気を遣います・・・
$雑記帳(旧・ジェルボー、時々ゲリの東京日記)

現在傷口は小さな穴が開いた状態です。
患部には新しい毛が生えてきて、目の周りもきれいになりました。ここ1年右顔は痛々しかったからよかったね( ・ิᴗ・ิ)
$雑記帳(旧・ジェルボー、時々ゲリの東京日記)

ゲリさんがんばってくださいね。


☆ジェルボー☆
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
久々の更新です。

昨年4月、右奥歯の不正咬合と歯根膿瘍が発覚したゲリりん。
歯削り後は元気に食べるようになり、昨年8月の渡米も無事乗り切りました。

しかし、今年2月頃から右目の涙と目やにが酷くなり、眼球突出もひどくなって目が閉じられないようになりました。
$雑記帳(旧・ジェルボー、時々ゲリの東京日記)

眼球に傷がつくようになり、獣医さんに相談したところ、このままでは感染が酷く体力も落ちてくるので膿を出す手術をしましょうとのこと。
本来なら歯根膿瘍の原因となる歯の治療をしなくてはならないのですが、そのためには大がかりな手術が必要で、もうすぐ9歳になるゲリには負担が大きいそうです。帰国に備えて体力を回復させるという目的の一時処置が選ばれました。

手術は半日で終了。軽い麻酔をかけ切開、入院は不要でした。
術前同意書のようなものは書かなかったのですが、麻酔をかけて切開をする直前に医師本人から意思確認の電話がありました。日本で手術をしたときは、預けるときに引き取り時間を言われるだけですが、「今から切るわね。終わったらまた電話するわね」という安心できるようなハラハラするような手術体験でした(笑)

処置は成功したのですが、引き取りにいってびっくり。傷口が縫ってありませんでした。
どうやら膿瘍の切開手術はたまっている膿を除去したあとも傷を開けておいて膿を出し続けるもののようで、退院後は飼い主が自分で膿出しをしなくてはいけないのです。
ちょっと動揺しました。縫っていない傷口なんて見たことありませんからねー。
$雑記帳(旧・ジェルボー、時々ゲリの東京日記)

術後のケアは薬の服用と温熱療法の大きく二つです。
飲む抗生物質と痛み止め。目薬。傷口に注入する抗生物質のジェルを処方されました。
一日2~3回温かいお湯でしめらせたコットンで患部を2~5分圧迫し、膿を出します。膿は固くてねっとりしているので拭くだけではとりきれず、ぬぐうようにして傷口から掻き出します。最初はなかなか怖くて手が震えました。

うさぎの傷の回復は早いので4~5日もすると黄色いかさぶたができてきます。しかしそこで傷口をふさいではいけないのでかさぶたを取らなくてはいけません。痛み止めを飲んでいるので痛くはないはずなのですが、傷をいじるのはやはり嫌がられます。ゲリはすっかり怖がっていじけてしまい、逃げ回るようになりました。私も「いつまで膿出しを続けなくてはならないんだろう」と落ち込みました。

このころになるとゲリ自身が自分でかさぶたを掻いてはがしてしまうようになりました(術後カラーなどはつけません)。かさぶたがはげるとどばっとまた膿が出てきます。見つける度に取りました。不思議なもので傷口から膿を出すと目から膿が出なくなります。傷をふさぐと目から膿があふれます。術後眼球がずいぶん引っ込み、まぶたも閉じられるようになりました。眼球を圧迫していた膿を出し続けることで状態が改善したようです。
$雑記帳(旧・ジェルボー、時々ゲリの東京日記)
$雑記帳(旧・ジェルボー、時々ゲリの東京日記)


同じ病気治療の飼い主さんの参考にと詳細に書いていたら長くなりました。
次の記事に続きます。

☆ジェルボー☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2012年12月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:4054ページ
ナイス数:45ナイス

幻想運河 (講談社文庫)幻想運河 (講談社文庫)感想
こういう作風もいいね
読了日:12月29日 著者:有栖川 有栖
黄泉がえり (新潮文庫)黄泉がえり (新潮文庫)感想
読み応えあった。
読了日:12月29日 著者:梶尾 真治
朱色の研究 (角川文庫)朱色の研究 (角川文庫)感想
火村シリーズ初長編。うん、やっぱり長編の方がキャラクターが膨らむし、事件の舞台や背景の描写も丁寧になっていいよね。私はミステリは断然長編が好きだ。正統派のトリックと異色な動機の組み合わせが有機的に効果を上げていてミステリでありながら不条理小説のような、不思議な読後感。
読了日:12月21日 著者:有栖川 有栖
空中ブランコ (文春文庫)空中ブランコ (文春文庫)感想
『イン・ザ・プール』『町長選挙』を読んだのが随分前なので思い出せないのだけど、このシリーズってこんなに「回復の予感」で終わるのが多かったっけ?まあ確かな希望は感じさせるので相変わらず読後爽やかですね。今作が直木賞か。マユミちゃん可愛いよ(*´д`*)
読了日:12月19日 著者:奥田 英朗
ラッシュライフ (新潮文庫)ラッシュライフ (新潮文庫)感想
面白かった
読了日:12月18日 著者:伊坂 幸太郎
最新版 女性のうつ病の治し方―うつ病の再発を防ぐ自宅療法最新版 女性のうつ病の治し方―うつ病の再発を防ぐ自宅療法感想
実践療法の解説。ふーんという感じ。
読了日:12月13日 著者:税所 弘
ペルシャ猫の謎 (講談社文庫)ペルシャ猫の謎 (講談社文庫)感想
火村たんの猫'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ うり坊腹白凶暴女子'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ
読了日:12月11日 著者:有栖川 有栖
英国庭園の謎 (講談社文庫)英国庭園の謎 (講談社文庫)感想
さらさら読める
読了日:12月11日 著者:有栖川 有栖
クロスファイア(下) (光文社文庫)クロスファイア(下) (光文社文庫)感想
途中から結末は読めてた。まあこういう落としどころしかないよね・・・
読了日:12月11日 著者:宮部 みゆき
クロスファイア(上) (光文社文庫)クロスファイア(上) (光文社文庫)感想
ダークヒロインかっこいい!!!
読了日:12月11日 著者:宮部 みゆき
オーデュボンの祈り (新潮ミステリー倶楽部)オーデュボンの祈り (新潮ミステリー倶楽部)感想
借りたやつ表紙が取れてたんだけどこんな素敵な外装だったのね。 残虐描写が怖かった。話面白いから読むけどいつも嫌な思いになる伊坂作品。。
読了日:12月11日 著者:伊坂 幸太郎

読書メーター
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本年もお世話になりましたm(__)m

$雑記帳(旧・ジェルボー、時々ゲリの東京日記)

こちらDCは30日の夜ですが、日本はもう大晦日。
近年これほどバタバタした1年もなく、ブログもろくにアップできませんでした。
来年はもう少し心に余裕を持てたらなと思います。。

ゲリりんは、8歳という高齢ながら、太平洋&アメリカ大陸横断を成し遂げ、元気に年の瀬を迎えることができました。ガブちゃんとくろすけも日本で元気にやっているようです。
これが一番。


$雑記帳(旧・ジェルボー、時々ゲリの東京日記)

みなさまよいお年を・・・


☆ジェルボー&ゲリ☆
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。