2011年10月26日(水) 03時10分16秒

皇位継承問題を考える(2.皇位継承問題に関する事実関係)

テーマ:皇位継承問題(完)

 今回は、皇位継承に関する過去の例や、皇族の現状など、皇位継承問題をめぐる事実関係を紹介していきます。



1.125代の天皇は1人の例外もなく男系で継承
(1)男系とは何か
 「男系」とは、父の父の父の父の……と父方の祖先をたどっていくこと。
 過去125代の天皇は、1人の例外もなく男系の祖先をたどると天皇に(概念上は神武天皇に)たどりつきます


 父の父の母の父の……のように、母方を入れないと天皇にたどりつかない場合は、男系ではありません。天皇の男系子孫ではない人が天皇になった例はありません。
 なお、「男系ではない」は長いので、間に1人でも母方が入る場合は、便宜的に「女系」と呼ぶのが一般的です。


 例えば、眞子さまと一般人男性との間に生まれた子供は、その子が男の子であっても男系ではなく、「女系」の「男子」と呼びます。
 逆に、悠仁さまと一般人女性との間に生まれた子供は、その子が女の子であっても男系で、「男系」の「女子」と呼びます。


 このように、女性皇族と一般人男性との間の子供を天皇にする、いわゆる「女系天皇」の前例がないことは、眞子さま、佳子さま、愛子さまの子供を天皇にすることへの反対論の大きな理由になっています。



(2)過去8人いた女性天皇
 過去「女系天皇」は1人もいませんが、男系女子の天皇(女性天皇)は8人10代います(皇極天皇と孝謙天皇は2度即位している)。

 この、「女系天皇」は前例なし、「女性天皇」は前例ありというのは、皇位継承問題を語るうえでの最も基本的な知識です。


 第33代 推古天皇(在位592~628年)
 第35代 皇極天皇(在位642~645年)= 第37代 斉明天皇(在位655~661年)
 第41代 持統天皇(在位690~697年)
 第43代 元明天皇(在位707~715年)
 第44代 元正天皇(在位715~724年)
 第46代 孝謙天皇(在位749~758年)= 第48代 称徳天皇(在位764~770年)
 第109代 明正天皇(在位1629~1643年)
 第117代 後桜町天皇(在位1762~1770年)


 これら8人10代の女性天皇は、かなり特異な政治情勢のもとで、多くが本命の男性天皇につなぐまでの中継ぎ的な形で天皇になっています。

 どういう事情があったかは、この資料 をご覧ください。8人10代とも非常に興味深い。皇位継承問題を追っかけてきて、いちばん面白いと感じたのはこの資料です。

 特に持統天皇の執念がすごい。上でリンクを貼った資料には書いてないですが、息子・草壁皇子のライバル、大津皇子に罪を着せて死に追い込んだことも含めて読むと、非常に味わい深い。「春すぎて」とかお気楽な歌よんでる場合じゃないって。

 男系の女性天皇の前例はあるので、眞子さま、佳子さま、愛子さまたち本人が天皇となることには、女系天皇ほどの反対論はないです。

 しかし、彼女らが天皇になることを認めても、その子供が天皇になること(女系天皇)を認めない限り、一代限りの延命策にしかなりません



(3)傍系の男系子孫に継承した例
 125代の歴史の中には、時の天皇に近い男系子孫が途絶え、傍系の男系子孫に継承した例がいくつかあります。


a.第25代武烈天皇→第26代継体天皇(507年)
 武烈天皇と継体天皇は、ともに応神天皇から5代目の子孫で、10親等の隔たり。
 継体天皇は武烈天皇の姉、手白香皇女を皇后に迎え、2人の間の子供が第29代欽明天皇となることで、血筋の融合を図っています。

霞が関公務員の日常 ←「継体天皇」のイメージ画像



b.第48代称徳天皇→第49代光仁天皇(770年)
 共通の祖先である舒明天皇から、称徳天皇は5代目、光仁天皇は3代目の子孫で、8親等の隔たり。
 称徳天皇は天武天皇から4代目、光仁天皇は天智天皇から2代目。672年の壬申の乱で皇位が天智系から天武系に移行後100年を経て、天智系に戻りました。


 なお、光仁天皇が天皇に選ばれた理由としては、称徳天皇の妹、井上内親王を妻とし、2人の間に他戸王という皇子がいたことが大きいとされています。

 そこまでは継体天皇と似ていますが、光仁天皇即位の1年半後、謀反の罪で井上内親王は皇后を、他戸親王は皇太子を廃され、さらに3年後2人は変死します(別の女性を母とする光仁天皇の皇子、山部親王(後の桓武天皇)の陰謀とされている)。



c.第118代後桃園天皇→第119代光格天皇(1780年)
 共通の祖先である東山天皇から、後桃園天皇は4代目、光格天皇は3代目の子孫で、7親等の隔たり。


 それ以上の特段のエピソードはありませんが、光格天皇のひ孫が明治天皇なので、現在の天皇家(仮に「明治一家」とでも呼びましょうか)は、この1780年の傍系継承のたまものと言うことができます。


【2011年10月27日追記】
 「特段のエピソードはありません」と書きましたが、改めて調べたら、光格天皇も後桃園天皇の娘を正妻(中宮)にしていました。
 男の子も生まれ皇太子に指名されましたが夭折し、別の女性が生んだ皇子が第120代仁孝天皇となっています。


 このように傍系継承を重ねて男系を維持し、明治一家も近い先祖の傍系継承により生まれた事実は、女系より傍系男系を選択すべきという論拠の1つです。


 女系継承に反対する立場からは、女系継承=明治一家が伝統にそむいて皇位の独占を狙うこと、傍系男系継承=男系子孫を失った明治一家が伝統にならい皇位を返上すること、のように見えるのかもしれませんね。


 また、継体天皇と手白香皇女、光仁天皇と井上内親王のように、傍系の男系男子と直系の女性皇族の結婚というアイディアも語られています。



2.皇位継承者不在の危機
(1)次世代の皇位継承者が悠仁親王しかいない
 現在の皇族の系図は、こちら をご覧ください。


 現在の皇族は、すべて大正天皇を共通の祖先としています。
 以下に大正天皇の血を引く子孫を記しておきます(10歳以下で夭折された方と、結婚して皇族を離れた女性が生んだ子供は除く)。


昭和天皇▲
  東久邇成子▲
  鷹司和子▲
  池田厚子(80)
  今上天皇(77)
    皇太子徳仁親王(51)
      愛子内親王(9)
    秋篠宮文仁親王(45)
      眞子内親王(20)
      佳子内親王(16)
      悠仁親王(5)
    黒田清子(42)
  常陸宮正仁親王(75)
  島津貴子(72)
秩父宮雍仁親王▲
高松宮宣仁親王▲
三笠宮崇仁親王(95)
  近衛やす子(67)
  三笠宮寛仁親王(65)
    彬子女王(29)
    瑶子女王(27)
  桂宮宜仁親王(63)
  千容子(60)
  高円宮憲仁親王▲
    承子女王(25)
    典子女王(23)
    絢子女王(21)


 が大正天皇の子供、は孫、はひ孫、は玄孫。( )内は年齢。▲の方は既に亡くなられています。


 こう見ると、秋篠宮文仁親王の誕生以降、9人連続して女の子が生まれているのですね(黒田清子、三笠宮彬子、三笠宮瑶子、高円宮承子、高円宮典子、高円宮絢子、秋篠宮眞子、秋篠宮佳子、敬宮愛子)。


 45歳の秋篠宮文仁親王より若い男性皇族は、5歳の悠仁親王しかいません。
 悠仁親王以外の男性皇族が今後子供をもうける可能性は低いので、男系の子孫を将来につなぐ後継者は悠仁親王1人しかいないこととなります。


 このことが、皇位継承問題をめぐる議論が必要な背景となっています。



(2)仮に男系による皇位継承を維持するなら、その候補者は旧皇族
a.旧皇族とは
 戦前は、明治天皇の子孫以外にも、数多くの傍系の皇族がいました。
 終戦後、1947年にこれらの方々、11宮家51人(うち男子は26人)は皇籍離脱をすることになりました。


 11宮家とは、伏見家、閑院家、久邇家、山階家、北白川家、梨本家、賀陽家、東伏見家、朝香家、竹田家、東久邇家です。それらしい名前が並んでいますね。
 旧皇族と現在の皇族とは、約600年前、室町時代の伏見宮貞成親王(1372~1456)を共通の祖先としています。


 現在の皇族に男系子孫が絶えてもなお男系で継承するとすれば、この旧皇族11宮家の男系子孫が候補者となると考えられています。
 今、どこの家にどういう男子がいるかという情報もあるようですが、私は詳しくないのでこのページ に丸投げしておきます。ウィキペディアの「旧皇族」の項 もどうぞ。


 旧皇族の有名人としては、現在の日本オリンピック委員会(JOC)の会長、竹田恒和氏(63)や、その子供で皇位継承問題について旧皇族の復帰を支持する立場で積極的な発言をしている竹田恒泰氏(36)がいます。
 竹田恒泰氏は発言や著書がちょっとアレなので、私は彼の発言を目にするたびに旧皇族の復帰には反対したくなってしまうのですが……。



b.旧皇族を皇位継承者とすることの問題点
 旧皇族による皇位継承は、男系という点では伝統にならっていますが、次の2点では前例がないという点が指摘されています。


・ 現皇族との血のつながりがあまりにも薄い(共通の祖先は600年以上前。今上天皇と皇籍離脱した方々の隔たりは35~37親等。過去、最も遠い傍系継承(南北朝合一を除く)である武烈天皇→継体天皇は10親等)

・ 皇籍離脱(臣籍降下)後、数十年以上たって復帰し、天皇になった例はない


 血のつながりについては、血縁の薄さを憂慮した明治天皇と昭和天皇が、娘を宮家に嫁がせており(明治天皇の娘が北白川家・竹田家・朝香家・東久邇家に、昭和天皇の娘が東久邇家に)、女系も含めればそれほど薄くないという意見もあります。


 例えば、JOC会長の竹田恒和氏は、明治天皇のひ孫(娘の息子の息子)で、今上天皇のはとこです。
 また、東久邇家には、昭和天皇の孫(娘の息子)、ひ孫、やしゃごに当たる男性もおられるようです。


 いずれにしても、10親等と40親等は50歩100歩かもしれないので、血のつながりよりは、皇籍離脱から長い年数経っていることの方が問題になるでしょう。


 皇籍離脱した皇族やその子孫が天皇になった例は、平安時代の宇多天皇(在位887~897年)と、その子供の醍醐天皇(在位897~930年)の2例があります。


 しかし、宇多天皇は光孝天皇の子供で、皇籍離脱した期間も3年(884~887年)しかありません。
 醍醐天皇は、その3年の間(885年)に宇多天皇の子供として生まれ、887年に父の即位に合わせて皇族に復帰しています。これが、生まれたときに皇族でなかった人が天皇になった唯一の例です。


 このように、時の天皇の子供・孫で、3年しか皇籍離脱していない宇多天皇や醍醐天皇を前例に、時の天皇から35~37親等も離れ、60年以上皇籍離脱している旧皇族の復帰を認めてよいのか、議論のあるところだと思います。


 というか、こういう細部の議論の前に、根本的に「旧皇族?誰やねん。女性皇族たちとその子孫が天皇でいいじゃん」という意見が国民の多数を占めることが、旧皇族を皇位継承者とすることの最大の問題点なのですが。


--------------------------------------------------------------------


 長々と書きましたが、皇位継承問題を論ずるために必要な知識としては、これでも全く足りないでしょう。


 もっと詳しく知りたい方には、「皇室典範に関する有識者会議」の報告書の参考資料 をご覧ください。ウィキペディアの「皇位継承問題 (平成)」の項 も参考になります。



 ところで、今さらながら、公務員の本音を語るはずの私のブログの読者の中に、皇位継承問題に興味がある方がいるのでしょうか……。(誰かあるって言って~ >_<)


 読み手のいないモノローグになってしまう気もしますが、引き続き自分用の備忘録として書き続けていきますので、しばし、おつきあいください。





AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

まろりいさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

7 ■目からうろこ

女系と女性で意味が大きく違ってくるんですね。
ちょっと勘違いしてたかも(・・。)ゞ

6 ■これからも宜しく。

わたしなど皇位継承の知識が無いものでも、
日本人として大変勉強になります。
優しい解説をありがとうございます。
これからも是非ぜひ続けて頂けたら、ありがたいです。

5 ■Re:

なんだかコメントを催促したみたいですいません。
引き続きご愛読のほどを。

4 ■AZ

私も興味あります。

3 ■中川八洋氏の本が

参考になると思います。
中川氏は大変口がお悪いのですがとても参考になるでしょう。

2 ■素直に面白かったです。

あんまり考察する機会はなかったんで勉強になりました。

1 ■興味

ありますよ。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。