キャンベラ日記

ニュージーランド編


テーマ:
漢方を飲み始めて20日ほど、気分は良いが体がついて来ない感じ。
食べても身になっていない気がするし、すぐ動悸がする。
下を向いてから顔を上げると星が飛ぶし、とにかく体力がない。
お出かけは週に2~3回に抑えて、あとは家でおとなしくしていないと、という感じ。
天気がよいと、家にいるのが非常にもったいない気がして、外に出たくてウズウズするのだが・・
(先日採血をしたが、貧血は無いし血糖値も肝臓の値も普通。今回はしていないが甲状腺もいつも異常なし。ちなみに血圧も正常。コレステロールを調べてもらうのを忘れてしまった!)
中国のお医者さんによると、漢方は脾臓と肝臓を元気にするもので、脾臓が元気になれば胃も良くなる→食べたものをちゃんと栄養として取りこめるようになる、漢方はゆっくりゆっくり効いていくので、せめて一ヶ月経たないと何とも言えないそうだ。
舌に食べたものが絡みつくように長時間くっついてるし、胃酸が上がってきて舌が痛い時もあるくらい。
制酸剤は飲んだり飲まなかったり。(基本朝晩飲んでいるが、忘れるくらい調子が良い時はわざわざ飲まない)
舌に歯型がついてナミナミになっているし、舌が浮腫むと息苦しくなる感じ。
自分的には、汗をかくことが全くなくなったので、水分が貯留してしまっていて、水毒状態ではないかと・・
とにかく体の機能が停滞してしまって動いてない、って感じがする。
あと粘膜が弱くて、なかなか修復しない気がする。
逆流性食道炎もなかなか改善しない。
もっと活動的に日々を送った方が循環が良くなるとは思うのだが、しんどくて動けないという悪循環。
皮膚も筋肉も鍛えた方がいいに違いないし。
60歳になるとこんなものなのかな、と思う。ショック~
今でこんなんだったら70代になったら旅行も出来ないじゃないか、それはダメだ~~

英語クラスで一緒だった中国人のお医者さんにもセカンドオピニオンを聞いてみたが、通っている中国人医者とほぼ同じ意見。
脾臓が弱った原因は、冷たいものの摂りすぎ。
納得!去年夏、牛乳&バナナベースのスムージーを毎日のように飲んでいた。
バナナ、キーウィ、梨、柿も、胃が悪い時は食べてはいけない果物だそうだ。
キーウィ安いからって、めちゃくちゃ食べてた~
それから去年の冬の、家の異常な寒さ。
そのダブルパンチで体調が悪化したのだろう。

(以上、読んでいて気分の良いものではないが、覚書として残しておこうっと)

という訳で、是非とも何とかしようと思っている。ならびに運動も出来る範囲で続けようと思っている。

さて、やっとプレゼンテーションの準備が終わったような・・・
あとは学校でメニューを印刷してラミネートして、皆が手に取って見られるようにしようと思っている。

最近の色々。
こちらでは、コーヒーや紅茶に入れるフレッシュとかクリープなるものがない。何でも牛乳。
そこでマクドナルドでもミルクティーを頼むと、紙コップにお湯と牛乳が入ってくる。(ここにティーバッグを自分で入れる)
カフェでもコーヒー・紅茶を頼むとミルクジャグに牛乳が入って出てくる。

















この間行ったトルコのケバブの店。
ずっとトルコ?の音楽が流れていた。




































































































































日曜に散歩したヨットハーバー。












































今朝10時頃。
消え残る月。






























ところで、ニュージーランドではプリンが売っていない。好きなのに~
スペインでは”フラン”といって売っていたので良かったけど。
そもそもこちらの人はプリンの存在を知っているのだろうか?
そこで学校のカフェプランのプレゼンで、私がメニュー担当なのでプリンを入れよう、と思ってクラスの子に写真を見せて、「これ何て言うの?」と聞いたら、「クリームキャラメルだ」と言うので、ええええ~~!と思ってググってみたら、確かにプリンをそう呼ぶようだ。
でも売っていないから誰も食べないのだろうけど。
びっくりだ。














さぁ、めちゃくちゃ天気がいいので、玉葱買いに出かけようっと!
AD
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
12週間のカフェコースもあと4週。時間の経つのは早い。
そして今年は暖冬のようだったけど、一番寒い8月がすぐそこに・・・今日は暴風雨で寒~~い一日。
PCをしていると、手が氷のように冷たくなってしまう。

クラスでは毎日のようにエスプレッソマシンで泡々コーヒーの練習をしているのだが、なかなか安定しない。
みんなエスプレッソを入れる技術は習得したようだが、ミルクをスチームするのにコツが要り、なかなか難しい。
10人ほどいた生徒はだんだんと減って、毎日来るのは6人になった。(もう1~2名は来たり来なかったり)
先生の認定にパスして、週一回のオープンカフェでコーヒーを入れるのは3人。
私を含め、あとの3人はまだ。(なのでベーキング、レジ、ウェイトレスをやっている)

ミルクのスチームで、思うようにキメの細かい泡を作れる時と作れない時は半々くらい。
あ、ここでちょっと、コースに入るまで知らなかったことを・・・・
フラットホワイトとカフェラテとカプチーノの違い。
(余談だが、ロングブラックとアメリカーノ(アメリカン)の違いは、ロングブラックがカップに半分お湯を入れて、その上からコーヒーを注ぐもの、アメリカーノはカップに半分コーヒーを作って、その上からお湯を注ぐもの・・・ということで、みんな唖然としていた。どう考えても、飲んだ時に(というか見た目にも)違いが分かる人がいるとは思えない)

フラットホワイトは、コーヒーの上からスチームされたミルクを注ぐもの。泡はほとんど無い。表面にうっすらあるくらい。ミルクコーヒーやカフェオレと違って、ミルクがスチームされているのがミソ。(ミルクをスチームすると何となくふんわりする、というか、そんな感じ)←なんか全然ダメな説明ドクロ
(画像はお借りしました)




















ラテは、コーヒーの上からスチームされたミルクを注ぎ、その上層部分1cmくらいが泡になっているもの。
泡状のところはフォームと言う。その泡のキメが粗いと安物というかダメなラテで、キメが細かいマイクロフォームが作れると、それでお絵描きしたりと、ラテアートができるわけだ。
(画像はお借りしました)

















カプチーノは、というとコーヒーの上にスチームミルクを注ぎ、その上にたっぷりと(2cmくらい)泡々のマイクロフォームを乗せる。
(画像はお借りしました)

















つまり、上記三つのコーヒーは、クラスで習うまで全然別物かと思っていたら、要は泡の楽しみ方が違うというだけの事のようだ。

このような金属製のジャグにミルクを半分くらい入れて、
(画像はお借りしました)





















マシンの(左に見える)ノズルをジャグの中に入れて、スイッチを入れるとノズルから蒸気が出てミルクが泡立つのだ。
(画像はお借りしました)




















そんなの言われなくても知ってますよ、と言われそうだが、私は知らなかったので。

さて、私がクラスでひとつ不満に思っていることは、先生の認定をパスした新米バリスタ達が作るコーヒー、ウェイトレスとして運ぶ時に必ずと言っていいほど簡単にこぼれるのだ。
ちゃんと作れば、こぼれるはずがない。街なかのカフェでだって、こぼれるのなんて見たことがない。
だって表面は泡なわけで、少々揺れたって、普通はこぼれない。
つまり、新米バリスタ達は、ちゃんと泡を作れていないってことだ。
(見た目には泡で被われているように見えるが)

誰かが「カプチーノを作りましたが、どうですか、先生?」と言うと、先生は「もっとミルクを入れて(表面張力で)泡を盛って」と言うのだが、運ぶ方にしたら、そんなことされたら、ますますこぼれやすくなって困る。
酷い時は、、カウンターの上を30cmほど移動するだけで曲芸状態だ。

まだ修行中の私は、先生に見てもらうと「まぁ~、素晴らしい出来じゃないの」と言われるけれど、頑固なので「こんなのカプチーノではありません、もっとマイクロフォームを作らなければ・・」なんて言ってるので、ちっとも合格しない。
それから先生は、「ジャグを下げて、下げて!」といつも言うのも不満~
ジャグを下げてノズルがミルクの表面に近くなればなるほど、泡のキメが粗くなる気がする。
かと言って、あまり時間をかけてスチームしてもダメなのだが。(温度は60度まで。それ以上になるとミルクの風味が失われてしまうのだとか)

時折街なかのカフェで、バリスタがエスプレッソマシンでコーヒーを入れているのを見る機会があると、マジマジ見ているのだが、プロ?でもミルクのスチームは安定しないのか、ジャグからスプーンで泡をすくって捨てていたりするのを見る。(泡立てすぎたとか・・?)

熱過ぎたり、ぬる過ぎたりは、私たち新米は温度計をジャグに入れて、それを見ながらスチームするのを勧められるけれども、温度も見ながら、泡の出来具合も見ながら、なんて器用なことは無理だ~
だから手でジャグを触って温度を感じている。

熱過ぎず、ぬる過ぎず、三種類の(フラットホワイト・ラテ・カプチーノ用の)泡を、60度に達するまでの間に作るなんて、バリスタの世界は奥が深い。バリスタの学校があるくらいだものね。

さ来週は、グループでの「カフェプラン」の発表があるので、今はその準備に大変。(自分たちのカフェ。店内の設計にメニューにユニフォームに雇用条件。メニューには、三ヶ国の料理にベジタリアンやグルテンフリーやお子様メニューも入れないといけないし、うちのグループはアルコールも出す店にしたので、ビールにお酒にカクテルまで~。デザートも~)
他のグループは紙に手書きや、ネットから取った写真を貼ったりしてポスターを作っているが、うちのグループは”パワーポイント”で発表すると言っていて・・・ドクロ
でも24歳の男の子は口ばっかりだし、16歳の男の子は頼りないし、どうなるんだか・・
私なんて、”パワーポイントの使い方”からやったので時間のかかることよ。(写真の貼り付け方、ロゴ作り、メニューデザイン、そしてメニューの内容)学校に行っていない時間はほとんどこれに潰れている。

(小声で)まぁ、無料のコースだし、これを終了したからってなんにもならないので、真剣味がないのは致し方ない。
でも以前の終了生は、ちゃんとカフェに就職したようだ。(2回ほど遊びに来た。先生曰く、出来のよい生徒だったそうだ)

先生は一身上の都合で、あと二週間でお休みに入り、代理の先生が残り二週間を受け持つ。
なので、あとの二週間で課題を急ぎ終わらせるようだ。
最後の二週間はますます出席率が悪くなるんじゃないかなぁ。

コースが終わったら、私は”水商売”(笑、とにかく水に触る仕事)は苦手なので、普通のお店で働くなりボランティアしようと思っている。家にいてもいいけど、退屈しそうだし。
今回のコース、”カスタマーサービス”目当てで入ったけど、ほとんどしなかった~

台風台風台風台風台風あ~~~~、暴風が凄い!地響きしそう!




AD

テーマ:
今日は冷たい雨の一日。
湿度90%近く、除湿機フル稼働だが何でも湿っているという感じ。
寒い、寒い。

















ここ3~4日体が怠くて、昨日は一日学校の課題をやっていたけど、今日は半日でギブアップ。
Youtube三昧。セビージャのお祭りを見たり、トスカニーの風景を見たり、果ては北朝鮮の旅まで・・・
皆同じ人間なのに、産まれる土地によってまるで違った人生。切なくなってしまう。

焼こう焼こうと思っていたビスコッティもYoutubeやグーグルで、いかに堅く(「かたい」の漢字も、堅い・固い・硬い・難いなどなどあり、日本語は難しい。煎餅には「堅い」を使うようだ。今まで固いか硬いを使っていた)するかいくつものレシピを見て、今日はバターも油も無しで。
それでもあの歯が折れるような堅さが出せない!
思うに、堅いのは、もっと生地が”詰まって”いるのではなかろうか。

















ところが、ビスコッティを食べたら胃液?が激しく逆流するのか何なのか、舌が痛いほど。参った。
先日の、カフェでのスコーンは大丈夫だった。・・・とすると卵?
いや、昨日朝食べたトマトと卵炒めは大丈夫だった。
砂糖はスコーンにも入っているはずだし・・
単に体調によるのか。
あ、アーモンドも先日バクバク食べてたけど、どうもなかった。

今、シドニー在住の作家Nellie Bennetの” Only in Spain”を読んでいるが、ネットの書評を見たら散々だった(初めの2~3個しか見なかったけど)。
わたし的には割とハマる本なのだけど。
(画像はネットから借りたもの)



















ここ半年ほど、寝る前に布団の中で本を読むのが習慣になって、読み終わると次のを借りてくる。
この本は、高校を出てデパートで働いていた著者が、判で押したような毎日を”何か違う”と感じていて、ある日目にとまったフラメンコ教室に行き始めることで人生が変わり、マドリッドで4年間ジプシーからフラメンコの修行をする、というもの。
フィクションではなく、貯金が尽き果てて、英語を教えて自活したりと、彼女の自伝なので面白い。
ちょっとしたパッションを貰える。

あと、日曜日のビーチでぶらりと入ったギャラリーで見た絵にも、ちょっとインスパイアーされた。(その瞬間だけ、また絵が描きたくなった)
芸術には定期的に触れていないと、と思う。

このところ、私の毎日も判で押したようになってきた。三度のご飯と家事と・・・
Nellieがネットで言っていたのは、「人生は”何かをするため”のものじゃない。私たちは”何かをするため”に居るのではない。”ただ生きる”ために居るのだ。だから”素晴らしい人生”を送りなさい。あとの事は自然とついてくるものなのだ」って。うまく訳せないけど~

自分はいつも”何か(楽しい事を)しなくては”の方に関心があって”人生を(自然と)楽しむ”ことを忘れがちである。楽しい事はいつだってそこらじゅうに転がっているに違いないのに。そんな事すら忘れてしまったとは・・・
小さな事にでも感動できる人でいたいわ~


AD

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。