韓国・巨済(コジェ)市 公式ブログ

韓国旅行にもおすすめ!元気いっぱい巨済ガールが、巨済の魅力をお届けします!


テーマ:

9月ももう下旬に入り、今週末から10月!まだ日中は暑く感じることもありますが季節はもう秋。これからさらに秋が深まっていくと町の姿も変わってきますよね~。行き交う人の服装が変わり、街路樹や山々は色付いていきます。美しい紅葉を見にお出かけする人もたくさんいると思います^^ ここ、巨済は海の町なので紅葉のイメージがあまりないかもしれませんが、実はきれいな紅葉が見られるスポットもあるんですよ♪今日は巨済の紅葉スポットをご紹介します。


■山芳山秘園
 


春夏秋冬美しい姿をみせてくれる山芳山秘園。秋になるとこんなにきれいな紅葉が見られるんです♪
 


燃えるように赤く色付いたツツジに黄色いイチョウが秋晴れの青い空に映えてうつります。庭園内は紅葉だけでなく、季節を感じる植物もたくさん植えてあり、秋はコスモスなども見られます。

 

 
噴水と池もあり美しいですよね♪敷地内は大人の足で歩いて散策すると約2時間ほどかかる広さです。写真のような池や上流には滝や川もあるので景色に飽きることなく散策できますよ^^


◆山芳山秘園
料金 大人8,000ウォン 学生5,000ウォン 乳児3,500ウォン
利用時間 4月~10月 午前9時~午後7時 11月~3月 午前9時~午後6時30分
ホームページ http://www.beeone.co.kr/index2.html (韓国語)

 

■老子山(ノジャサン)
 


巨済の南部寄りの所に位置する老子山は標高600m弱の高さで、山の麓には休養林が、さらに下山すると海水浴場で人気の鶴洞黒真珠モンドル海水浴場があります。
 


山頂からは海と島々が一望できとても気持ちが良いですよ♪老子山へ行くのに一番オススメのコースは巨済自然休養林から老子山に登り、展望台-マヌル岩-メェ岩-チンマイジェ-加羅山(カラサン)頂上-ヘリポート-チョグサムゴリに繋がるコースです。ニンニクの形をしたマヌル岩やゴツゴツとした岩肌がむき出しの山など見どころがたくさんあるコースです。


◆老子山(ノジャサン)
住所 巨済市 東部面(거제시 동부면)

 

■鶏龍山(ケリョンサン)
 


こちらも標高600m弱の山ですが、ロケーションが巨済市街中心部、巨済支庁のすぐ近くという意外な場所に位置しています。

 

 
そのため麓の住宅街も良く見渡せます。登山道はいくつかあるのですが、道は舗装されていて登りやすく、登山初心者の人にも歩きやすいかと思います。途中に薬水場(ヤクスト)という湧き水が出ている場所もあります。巨済の山に登ってみたいけど遠くまでは行けない…という方にオススメの山です^^ 今年の鶏龍山の紅葉時期は10月14日頃から26日頃にピークを迎える予想です。


◆鶏龍山(ケリョンサン)
巨済市 上東洞(거제시 상동동)

 

ぜひみなさん巨済の秋の紅葉を鑑賞しに来てくださいね~^^

 

(写真引用:山芳山秘園ホームページ、巨済市公式ブログ、巨済市庁ホームページ)

 

 

※ソウルと釜山から古県市外バスターミナルまでのアクセスは以下の記事を参考にしてください↓


【巨済に行ってみたいと思ったら】
→ソウルから巨済へのアクセス方法は?
→釜山から巨済へのアクセス方法は?


ブログランキングに参加中!
ポチッと押していただけると、ランキングがアップするので嬉しいです音譜
↓↓↓
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

巨済といえば海が近いのでお魚や貝などの魚介類が名物のイメージが強いと思います^^ 実際、海の幸を使っての料理や特産品が多いのですが、実は意外なものも巨済の特産品なんです。それがこちら!
 


しいたけ!!海の物からだいぶかけ離れた食べ物なので全然巨済のイメージにないと思います^^; 巨済で生産されるしいたけは海風を受けて育っているので、味と風味に優れ新鮮でたんぱくな食品なんです。また高級料理にも使われ、昔は王様の食膳にも上がっていたほどなんですよ。

 

 
あまり多くは収穫されないのですが、巨済のしいたけは無農薬で味が美味しいということから人気の高い食品です。先日あった秋夕などは贈り物として贈ったり、料理に使うためにお母さんたちが購入したりと市場にもよく出回っています。
 


色、形が地味であまり目立たないしいたけですが、調理方法は多数にわたり、また出汁を取って使うこともできてとても万能!さらに高血圧や動脈硬化を防ぎ、がんや骨粗しょう症などの予防にもなると言われ栄養面でも優秀です。

 

完全に干した干ししいたけは日本への持ち込みが可能ですので、巨済のしいたけを味わってみてはいかがでしょうか^^ 年中食べられるしいたけですが、旬の時期は3月~9月です。

 

 

 

(写真引用:巨済市公式ホームページhttp://tour.geoje.go.kr/index.geoje?menuCd=DOM_000000703003002000)

 

※ソウルと釜山から古県市外バスターミナルまでのアクセスは以下の記事を参考にしてください↓


【巨済に行ってみたいと思ったら】
→ソウルから巨済へのアクセス方法は?
→釜山から巨済へのアクセス方法は?


ブログランキングに参加中!
ポチッと押していただけると、ランキングがアップするので嬉しいです音譜
↓↓↓
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

まるで童話やアニメの世界に出てきそうなこの風景。ここは巨済の島の南東に位置する「コンゴジ」というスポットです。コンゴジの入り口から歩いて行くとこのように森の道が続くのですが、緑がとっても気持ち良いんですよ~。森林浴をしたい時にオススメです♪コンゴジはこのような散策路が続いているのですが、土や石畳の道路で整備してあるので歩きやすくなっています。
 


この写真は夏に撮ったもののためシーズン外なので見られませんが、冬から春にかけてここは椿の花が咲き、花のアーケードのようになるんです。そして石畳に落ちた花びらが花の道を作りとっても美しいんですよ~♪
 


途中、歩いていると青い海が顔をのぞいたり、
 


道の脇にアロエがなっていたりと、巨済にいるんだな~と実感できる場面も。


ずんずん歩いて行くと視界がパッと開ける場所があるのですが、ここがコンゴジの一番の見どころスポット!
 


先ほどの椿の道同様、今回は見られませんでしたが、春先になるとここは辺り一面に黄色のスイセンの花が広がりまさに黄色の絨毯が見られるんです。
 


これが春先の風景。島と海とスイセンの景色がとても美しく思わず見入ってしまいます。ここはこの地に住むある老夫婦がスイセンの花を育てているのですが、お手入れがとても上手で、この風景を目的に毎年春にはたくさんの観光客が訪れています。
 


花畑を抜けると海へ降りられる道もあり、間近で波を感じることができますよ。
 


スイセン、椿のお花を楽しみたいなら冬から春先が一番のオススメですが、取材で訪れた夏も緑が青々としていてきれいで、海も気持ちよくとても良かったですよ。


写真だとあまり伝わりづらいですが、散歩道は行きは下り坂、帰りは上り坂となりますので歩きやすい靴で行くことをオススメします!こじんまりとしていますが、巨済八景のひとつに指定される美しいスポットですのでぜひみなさん足を運んでみてください^^


最後にコンゴジの動画をご覧ください^^

 

 

(写真引用:慶尚南道公式ブログ)

 

 

※ソウルと釜山から古県市外バスターミナルまでのアクセスは以下の記事を参考にしてください↓


【巨済に行ってみたいと思ったら】
→ソウルから巨済へのアクセス方法は?
→釜山から巨済へのアクセス方法は?


ブログランキングに参加中!
ポチッと押していただけると、ランキングがアップするので嬉しいです音譜
↓↓↓
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)