明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

より多くの皆さまに喜んでいただけるよう

ブログの更新をしていこうと思います。

 

今年も ベスト3 ワースト3を発表します。

良い運気も悪い運気も誰にも平等に

巡ってくるものです。

ずっと良い運気、ずっと悪い運気という

人はいません。

良いは良いなりに、悪いは悪いなりに

気をつけるポイントがあります。

また、気をつけることで大難を小難に

することができます。

参考にしていただけたら幸いです。

 

2017年度

(2017年2/4~2018年2/3)

ベスト3

1位

【1989年2/4~1990年2/3生れ】

運気に乗って動き始めるとき。

独走しやすいので、広い視野を持つこと。

トラブルが起きても助力者が現れる。

調子に乗らず低姿勢を心掛けること。

 

2位

【1973年2/4~1974年2/3生れ】

充実しやる気も出る。

オファーも増えるが、自分の力量を考えて

安請け合いは禁物。

身近な人への感謝の気持ちを忘れないこと。

 

3位

【1964年2/4~1965年2/3生れ】

長年努力してきたことが充実してくる。

余力が出ても手を広げない方が無難。

人間関係も充実するが、信頼関係を深くするため

更なる努力をすること。

 

 

ワースト3

苦労をした分だけ運気が良くなるときに花開きます。

 

1位

【1994年2/4~1995年2/3生れ】

行き詰まりを感じて、なかなか厳しい運気。

多くを求めないで、控えめな言動を心掛けること。

立ち止まる勇気も必要。

一人で悩まず、信頼のおける人のアドバイスを

聞くことが大事。

 

2位

【1967年2/4~1968年2/3生れ】

何事も思うように進まない。

目の前のやるべきことだけを

責任もってやることが大事。

受け身の姿勢を心掛けること。

 

3位

【1963年2/4~1964年2/3生れ】

予期していない問題が起きやすく注意のとき。

周りの人に協力してもらうことが大事。

慣れないことには手を出さないこと。

甘い言葉には注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

感謝をこめて

テーマ:

今年も1年ブログをお読みいただき

ありがとうございました。

写真もなく面白味もない

私のつぶやきのようなブログですが、

鑑定にいらした方から

「ブログ読んでます」と言われると

本当に嬉しいです。頑張ろうと思えます。

ということで、

来年も頑張ってつぶやいていこうと思います。

 

来年こそ一人一人が自分の幸運を信じて

陽元快素を心掛け

お役立ちを果たしていきましょう。

 

AD

菜根譚 前集67

テーマ:

中国 明の時代の古典に

「菜根譚」 洪応明 著

があります。

これは、現代にも通じる

心のよりどころとなる書です。

私なりの解釈でご紹介します。

 

<前集 67>

悪ヲ為シテ人ノ知ランコトヲ

畏ルルハ、

悪中ニナオ善路アリ。

善ヲ為シテ人ノ知ランコトヲ

急ニスルハ、

善処スナワチコレ悪根ナリ。

 

悪い行ないをして、他人に知られるのを

恐れる人には、まだ善に行く道も残っている。

善い行ないをして、他人に早く知られようとする

人は、その善行事態に悪の根が含まれている。

 

悪い行ないに関しては、

悪い事、してはいけない事という認識が

あって初めて恐れをなすに至ると思います。

現代社会ではその認識が希薄に

なっていると思われます。

要するに、やって良いことと悪いことが

理解できていない。

例えば、ホームで人の背中を押してしまう。

集団でいじめや強姦等等

恐れる以前の問題かもしれません。

 

善い行ないに関しては、

善行こそ人知れず行うべきだということです。

たまたま先日見たDVDが

ピッタリの題材でしたのでご紹介します。

『殿、利息でござる!』

原作 磯田道史

監督・脚本 中村義洋

実話を基に作られたそうです。

とても感動しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

年末年始

テーマ:

受付からのお知らせです。

年末は30日まで鑑定を行います。

年始は1月6日からです。

年内で空いている時間帯もあります。

お早めにご予約をお願いします。

 

サンモーリス

☎03-5384-9611

エンタメ情報サイト

『ランランエンタメ』 RanRan Entertainment

サイトのリニュウアルに伴って

占いコーナーを担当することになりました。

「幻遙の九星キャラ占い」です。

それに先立ちましてツイッターをアップしました。

https://twitter.com/ranranentame?ref_src=twsrc%5Etfw

 

今年の「8月の運勢のおさらい」としました。

9月以降も順次アップします。

今年もわずかとなりました。

1年を振り返って、良いことは心に刻み

悪いことはさっさと忘れましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

勝手に占います!

テーマ:

話題の人や気になる人を
勝手に占います。

同年生まれの人は同じような
運気ですので参考になれば幸いです。

 

来年4月にアメリカに行くという

ピースの綾部さんを占います。

大事を始めるときに重要なポイントは、

その人の運気と方向です。

そこを観てみましょう。

 

綾部祐二さん

1977年12月13日生れ

五黄土星 巳年
霊動運命数 [4]

 

今年は変わり目のときです。

予期せぬ事態が起きやすく

なかなか大変なときです。

しかし能力が上がっているので

活力があり気持ちが先行する傾向にあります。

来年は、運気は多少アップし助力もあって

評価を得られるときです。

過去7年間の結果が表面化します。

離合集散が激しく

俊敏な対応を求められます。

 

方向を観ますと

来年2月4日からアメリカは、

「歳破」という方位で

人間関係のトラブルや

変動が起きやすい悪い方位といえます。

 

この場合、注意する点をいくつか書きます。

うまくいきそうに見えても急な変化で

悪い方に向かいやすいので注意。

甘い言葉に注意。

当てにしていたことが立ち消えになりやすい。

ケガに注意。

 

綾部さんは勉強家で几帳面、

相手を喜ばせる才能があります。

しかし熱しやすく冷めやすい傾向があり

諦めも早いタイプです。

良い理解者、協力者に恵まれると

本来の能力を発揮できるでしょう。

今後のご健闘を祈ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菜根譚 前集99

テーマ:

中国 明の時代の古典に

「菜根譚」 洪応明 著

があります。

これは、現代にも通じる

心のよりどころとなる書です。

私なりの解釈でご紹介します。

 

<前集 99>

逆境ノ中ニ居レバ、

周身ミナ鍼砭薬石、

節ヲ砥ギ行ナイヲ礪キテ、

而モ覚ラズ。

順境ノ内ニ処レバ、

満前尽ク兵刃戈矛、

膏ヲ銷シ骨ヲ靡シテ、

而モ知ラズ

 

逆境に居るときには

自分の周囲にあるものは鍼や薬、

知らず知らずのうちに

節操の心を鍛えてくれ

行いを磨いてくれる。

順境に居るときには

目の前の全てのことが刃物や武器、

知らず知らずのうちに

肉を溶かし骨を削ってしまう。

 

何もかもうまくいかなくて苦しいとき

そういうときこそ

得るものがあり勉強になる。

それが人を大きく成長させる。

逆に順風満帆のときこそ

危険が潜んでいる。

 

今苦しんでいるということは

未来が開けているという証拠です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トランプ氏

テーマ:

今年3月23日のブログでも取り上げました。

その際は霊動数名学を主に鑑定しましたが、

九星気学でも観てみましょう。

 

ドナルド・ジョン・トランプ氏

1946年6月14日生れ

九紫火星 戌年

 

プライドが高く勉強家。

人付き合いは上手で信頼度も高い。

表面では強がっていても

内面はデリケート。

常に反省し迷っているタイプ。

どちらで観ても強引で強硬な

タイプではないようです。

 

今年は発展期始めの躍動運です。

出世する運気です。

こういう時こそ謙虚さを忘れない

ことが大事です。

来年も引き続き運気は良いのですが、

トラブルも発生します。

対人関係の不和や秘密の露見等です。

先見の明を活かし

早期に対処することが得策です。

世界の動向を左右する最重要人物であります。

平和で正しい方向に導いてほしいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菜根譚 前集80

テーマ:

中国 明の時代の古典に

「菜根譚」 洪応明 著

があります。

これは、現代にも通じる

心のよりどころとなる書です。

私なりの解釈でご紹介します。

 

<前集 80>

イマダ就ラザルノ功ヲ図ルハ、

スデニ成ルノ業ヲ保ツニ如カズ。

既往ノ失ヲ悔ユルハ、

将来ノ非ヲ防グニ如カズ

 

まだ成就していない成果を思い図るより

すでに成果が出た事を維持させる方が良い。

過去の失敗を後悔するより

将来起きるであろう失敗を

防ぐことに努力した方が良い。

 

成功してもそれが永く続かなければ

真の成功とは言えないでしょう。

失敗しても挽回の余地は

いくらでもあります。

時間は私たちの思いと関係なく

どんどん進んでいます。

成功にしても失敗にしても一瞬の出来事です。

そこに思いを残すより、

次に何をすべきなのかが重要です。