菜根譚 前集208

テーマ:

中国 明の時代の古典に

「菜根譚」 洪応明 著

があります。

これは、現代にも通じる

心のよりどころとなる書です。

私なりの解釈でご紹介します。

 

<前集 208>

悪ヲ聞イテハ、就チ悪ムベカラズ。

恐ラクハ讒夫ノ怒リヲ洩ラスヲナサン。

善ヲ聞イテハ、急ニ親スムベカラズ。

恐ラクハ奸人ノ身ヲ進ムルヲ引カン。

 

人の悪い評判を聞いても、すぐに決めつけて

憎んではいけない。

陥れようとする者が怒りを晴らす為の

悪口かもしれない。

人の良い評判を聞いても、

すぐに親しくしてはいけない。

悪賢い者が自分の出世の為に

売り込んでいるかもしれない。

 

要するに人の評判は良くても悪くても

当てにならないということです。

情報が簡単に入り、錯綜している昨今では

特に気をつけなければいけません。

そしてまた、聞いた評判を鵜呑みにして

そのまま人に話すのもダメなことです。

正しい眼を持ち正しい判断を

心掛けたいものです。

 

 

 

 

 

 

AD

菜根譚 前集10

テーマ:

中国 明の時代の古典に

「菜根譚」 洪応明 著

があります。

これは、現代にも通じる

心のよりどころとなる書です。

私なりの解釈でご紹介します。

 

<前集 10>

恩裡ニ由来害ヲ生ズ。

故ニ快意ノ時、

スベカラク早ク頭ヲ回ラスベシ。

敗後ニ或ハ反ッテ功ヲ成ス。

故ニ払心ノ処、

スナワチ手ヲ放ツコトナカレ。

 

気持ちが落ち着いて安定している時に

災いは生じる。

だから、気分が良いときこそ

気を引き締めて頭を働かせるべき。

失敗した後に成功のきっかけを掴むことがある。

だから、失敗して気落ちしても

諦めて投げ出してはいけない。

 

新生活が始まるこの時期、

希望と不安が入り混じっていることでしょう。

成功も失敗も一瞬の出来事として捉え

永く引きずらないことが大切です。

良いときも悪いときも

常に「陽元快素」

陽気に元気に愉快に素直で

頑張りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

勝手に占います!

テーマ:

話題の人や気になる人を
勝手に占います。

同年生まれの人は同じような
運気ですので参考になれば幸いです。

 

「カルテット」最後の一人

とぼけた演技も面白い

松田龍平さんを占います。

 

松田龍平さん

1983年5月9日生れ

八白土星  亥年
霊動運命数 [8]

 

意思が固く普通を嫌い、

勝つまで戦うタイプ。

極端な生活を好み、

決心したことは反対を押し通して進む。

集中力や独創性を活かして活躍する。

 

今年は発展期の始めの躍動の年

ではあるが、何かとトラブルが多く

警戒が必要となる。

過去3年間の結果が

良い事も悪い事も出てくる。

目標を1つに絞ってこだわらないことが大事。

今年は穏便に過ごして

来年の発展を期待しましょう。

益々のご活躍を期待しています。

 

AD

勝手に占います!

テーマ:

話題の人や気になる人を
勝手に占います。

同年生まれの人は同じような
運気ですので参考になれば幸いです。

 

最近ドラマも見るようになりました。

「カルテット」面白かったです。

せっかくなので

4名とも占いたいと思います。

独特な色気を感じます。

松たか子さんを占います。

 

松たか子さん

1977年6月10日生れ

五黄土星  巳年
霊動運命数 [4]

 

感受性が働き、

相手の性格を見抜く能力に優れる。

反面、自分の感情は出さない。

困難に打ち勝つ心の強さはあるが

へこたれるのも早い。

強い面と弱い面を持ち合わせている。

 

今年は評価されるときです。

良いことも悪いことも表面化されます。

今まで温めてきたことは

発表のチャンスです。

これはと直感したときには

即行動に移すとき。

ちょっとでも迷いがあるときは

取りやめにして無難です。

問題が起きても慌てず騒がず、

助けてくれる人は現れます。

男女間のトラブルには注意が必要です。

今後のご活躍を楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝手に占います!

テーマ:

話題の人や気になる人を
勝手に占います。

同年生まれの人は同じような
運気ですので参考になれば幸いです。

 

高橋一生さんに続き「カルテット」の

メンバーです。

素晴らしい女優さん

満島ひかりさんを占います。

 

満島ひかりさん

1985年11月30日生れ

六白金星  丑年
霊動運命数 [1]

 

今年は低迷のときで、

なかなか厳しい運気です。

人間関係も些細な事で悪くなりやすい。

トラブルにも巻き込まれやすいので、

大きな変化を求めず

大人しくしていた方が無難です。

 

かなりの勝気で、

性別年齢問わず実力を重視するタイプです。

冗談は苦手です。

正義感が強く、物事を恐れない

決断力と行動力があります。

また、情にもろく淋しがり屋です。

 

今年・来年は少し控えめが

良いでしょう。

2019年から発展する運になります。

更なる飛躍の為の

勉強や準備のときと認識しましょう。

人生においてはこの低迷期こそ

大事なときです。

心して頑張りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

菜根譚 前集186

テーマ:

中国 明の時代の古典に

「菜根譚」 洪応明 著

があります。

これは、現代にも通じる

心のよりどころとなる書です。

私なりの解釈でご紹介します。

 

<前集 186>

官ニ居ルニ二語アリ、

曰ク、

「タダ公ナレバ則チ明ヲ生ジ、

タダ廉ナレバ則チ威ヲ生ズ」

家ニ居ルニ二語アリ、

曰ク、

「タダ恕ナレバ則チ情平ラカニ、

タダ倹ナレバ則チ用足ル」

 

公職にあるときの心得が二つある。

公平であれば明朗が生じる。

清廉潔白であれば威厳が生じる。

家庭にあるときの心得が二つある。

思いやりがあれば円満になる。

倹約であれば家計は充足する。

 

仕事をしているときは

公明正大でなくてはいけない。

家に帰ったら思いやりを持って

倹約に努めましょうということです。

 

最近の出来事を見ていると、

上に立つ人たちは

威厳もなにもあったものではない。

自分を守ることしか考えていないようです。

 

まず家庭が基本です。

家庭が円満で満ち足りた場所であれば、

仕事に出ても正しい判断を心掛けるでしょう。

全部つながっているのです。

特に公職に就く人は愛すべき家庭を

持つべきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝手に占います!

テーマ:

話題の人や気になる人を
勝手に占います。

同年生まれの人は同じような
運気ですので参考になれば幸いです。

 

演技が光ってます。

俳優の高橋一生さんを占います。

 

高橋一生さん

1980年12月9日生れ

二黒土星  申年
霊動運命数 [3]

 

今年はさらにステップアップのときです。

活躍する場が広がり、チャレンジ可能です。

素早い決断と実行が大事です。

 

性格は、負けず嫌いで向上心旺盛です。

進歩的な考えを持ち、時流を掴みます。

意思は強くありません。

諦めが早いタイプです。

背中を押してくれる人が必要です。

 

名前を観ると、

少し偏った考えになりやすいが

その他は吉です。

個性派俳優としては良い名前といえます。

 

今年はストレス発散を上手にして

冷静な判断を心掛けると良いでしょう。

更なるご活躍を期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菜根譚 前集152

テーマ:

中国 明の時代の古典に

「菜根譚」 洪応明 著

があります。

これは、現代にも通じる

心のよりどころとなる書です。

私なりの解釈でご紹介します。

 

<前集 152>

一念ニシテ鬼神ノ禁ヲ犯シ、

一言ニシテ天地ノ和ヲ傷リ、

一事ニシテ子孫ノ禍ヲ醸スモノアリ。

最モヨロシク切ニ戒ムベシ。

 

ふとしたでき心が鬼神の掟を犯し、

たった一言が世界の平和を破り、

ちょっとした一事の誤りが子孫に災いを及ぼす

くれぐれも用心すべきである。

 

今自分が存在するのは対する人のため、

対する人が存在するのは自分のため、

自分は全体の一部分であると考えれば、

軽率な言動はできないはずです。

そして相手を思いやる慈愛の心を

忘れないことが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

節分も過ぎ2017年がいよいよ始まりました。
ワースト1位になってしまった
1994年2/4~1995年2/3生れの人たちへ。
 
大学にストレートで入った人は、
3月卒業、4月就職となる人が多いと思います。
今までとは環境も立場もガラリと変わります。
それだけでも大変なところに運気も悪い。
踏んだり蹴ったりの一年です。
これは何をやっても何処に行っても
たいして変わりはありません。
観念して頑張るしかありません。
しかし、この大変な努力や頑張りが
後々の成長・成功につながります。
自分を信じて踏ん張りましょう。
 
この年の生まれの有名人を調べたところ
ジャスティン・ビーバーさんが
出ていました。
1994年3月1日生れです。
色々なトラブルが発生しやすいので
自嘲していくことが賢明です。
 
何が起きても「勉強」と思って
乗り越えて行ってほしいものです。
 
 
 
 
 
 
 

菜根譚 前集151

テーマ:

中国 明の時代の古典に

「菜根譚」 洪応明 著

があります。

これは、現代にも通じる

心のよりどころとなる書です。

私なりの解釈でご紹介します。

 

<前集 151>

水ハ波ダタザレバ則チ自ラ定マリ、

鑑ハ翳ラザレバ則チ自ラ明カナリ。

故ニ心ハ清クスベキコトナシ。

ソノコレヲ混ラスモノヲ去レバ、

清自ラ現ワル。

楽ハ必ズシモ尋メズ。

ソノコレヲ苦シムルモノヲ去レバ、

楽自ラ存ス。

 

水は波を立てなければ自然に静まる。

鏡はチリやホコリで曇らなければ

自然と輝いている。

人の心も無理に清くすることはない。

その心を濁らすものを取り去れば

自然と清さが現れる。

楽しみも無理に求める必要はない。

苦しめる元を取り去れば

自然と楽しみが生じる。

 

受け身の姿勢のように捉えがちですが、

取り去るというのはなかなか大変です。

濁らす根本、苦しめる原因が何なのかを

先ず知る必要があります。

そこに目を背けていては解決にはなりません。

そして取り去るには痛みも伴うかもしれません。

その努力の先に清さや楽しみがあります。