まだ2017年始まったばかりなのに、
 
もうかなり頑張った感!
 
小松政夫さんの芸能生活50周年の舞台『いつも心にシャボン玉』
 
東京、福岡、名古屋、大阪、全公演終了致しました!!
 
 

 
 
 
小松さん、音楽コントに歌におしゃべりに最高テンションで駆け抜けてましたね~。
 
75歳であのバイタリティーは本当にすごい!
 
そして、コミックソングではなく、真面目な歌にも挑戦して、
 
最後まで苦戦していた、僕が作曲したこの公演のテーマ曲『いつも心にシャボン玉』
 
ジャズは難しいと言いつつも、最後はバッチリものにされていました。
 
GFJBもそれに答えるべく、コントではそこまでやる?ってほど緻密に、
 
音楽もアレンジ陣総動員、村上基、多田尋潔、張替啓太が小松さんの名曲をビッグバンドバージョンにして
 
最高のステージに出来たんじゃないかな~と思います。
 
 
今回はオークラさん脚本ってこともあり、
 
東京03公演同様、僕は舞台冒頭の独白。
 
これは毎回緊張するね~。慣れることはないでしょう。
 
そして、「小松の親分さん」と「栄光のおかまちゃん」では初の和太鼓を叩きました。
 
音頭あなどるなかれ。難しかったけど頑張ったよ~。
 
 
 

そして、感動の園まりさんと共演!
 
小松さんと園さんのデュエットのバックで演奏してる時は、
 
テレビ創世記のバンドになった気分でちょっと泣きそうになりました。
 
 
 
 

今回の僕らの特権はゲストが繰り広げる最高のコントやネタを
 
板付きしたまま真後ろで見れたことね。
 
はなわさん、東京03、ナイツ、コージー冨田さん、アメミヤさん
 
贅沢タイムでした!
 
 
 
 

今回はGFJB初福岡上陸ってのも嬉しかったな~。
 
大変だけど、ビッグバンドで全国行きたい!!って願望が高まちゃったー。
 
 
 
 
ということで、小松さんとの組み合わせ、もっと見てほしいな~という思いもありながら、
 
一先ず公演終了!
 
どうもありがとうございました!!!!