視覚障害者なGentaのつぶやき

テーマ:
 読者の皆様、こんばんは!
 Gentaこと、桂田元太郎です。
 毎日寒いですが、いかがお過ごしですか?
 あっ!読者の皆様に、1つお願いです!
 今日、お誕生日の読者の方がいらっしゃいます!
 皆さんで、「おめでとう!」って、お祝いしてあげてくださいね。
 お好みのドリンクで、乾杯!して差し上げてください!
 私も、これを書き終えたら、ビール飲んじゃいます!
 とにかく、KS様!お誕生日おめでとう!
 心からの祝福を送ります!
 これからの貴方の1年が、素敵な時でありますように!

 さて、今回は?お誕生日を迎えられたKS様からのリクエストにお答えして、私が就職した時のエピソードを、つぶやいてみますね。
 私は、以前にもお話しましたが、生まれつき全盲でしたので、大阪の盲学校(今で言う、視覚特別支援学校)に通っていました。
 学校は、幼稚園から、職業専門学科まで、1つの校舎に入っているシステムなんです。
 っで、やんちゃをしながらも高校を卒業した私は、マッサージ・按摩・鍼・灸の専門学科に通っていました。
 そこを卒業したら、治療院に就職するか?もしくは、更に専門学科を受講して、マッサージ等の教員になる、ってな道が選択できるんです。
 そんな風な学生生活をしている時に、仲良くしてくださっていた素敵なお姉様が居たわけなんです。
 っま、映画に行ったり、博物館に行ったり、食事したり……、友達の延長みたいな間柄だったんですが……
 っで、大学生だった彼女(とりあえずAさんとしておきます)は、卒業したら公務員になる、ってことで、公務員試験の勉強を始めたんですね。
 Aさんの就活が忙しくなると、それまでみたく時々会うこともままならなくなりました。
 それでもAさんの側に居たかった私は、彼女が公務員試験の勉強をしている図書館だとかに、一緒に行くことで、彼女との時間を確保したんです。
 っで、門前の小僧習わぬ経を読む!みたいな雰囲気で、私も公務員試験の勉強を少しばかりかじることになり……
「Aさんも受けるなら、俺も公務員試験受けてみるよ」
 みたいな雰囲気で受験して、自治体職員として拾い上げていただけた、みたいなことなんです。

 はいっ!今回はKS様のリクエストにお答えして、私の就職の頃のことを、つぶやいてみました。
 読者の皆様も、「こんなことをつぶやけ!」みたいなリクエストございましたら、お気軽にお申しつけくださいね。
 ではでは、またお会いします!
 桂田元太郎でした!


桂田元太郎
〒657-0037神戸市灘区備後町4-1-2-201
Tel09087905797
hyogo_genta@kinki-bta.jpn.org
AD