カロリー貯金でホネホネロックが64kgから47kgにやせたよ

過食しない食べ方&運動せずに体脂肪率を減らす方法を試してブログで報告。体重・サイズ・体型公開。小麦ファイバーのレシピ。
2016年3月31日→59.0kg/BMI20.4/体脂肪率28.0%/内臓脂肪4.0
2017年4月 1日→49.9kg/BMI17.3/体脂肪率20.6%/内臓脂肪1.5
※2016年度で9.1kg減


テーマ:

【 Q&A→こちら

 

まずは恒例の注意書きから。

 

注意このブログは「私の場合」を発信しています。

それが偶然誰かの役に立ったらいいなぁというスタンスです。

でも、これから先「こうしたら過食衝動が治まった」と書いてあるように感じる部分が出てきます。

しかも、摂食障害アドバイザーとか医師とかそういう人が仰っていることとはだいぶ違うことが書いてある可能性もあります。

治療中の方や、信頼しているアドバイザーがいる方などは、見ないことを強くお勧めします注意

 

「心のままに体が欲するように食べていればいずれ体重は上げ止まり過食も治まる」

という考え方は、過食を止めてかつ痩せていたい私には合わないと書いた第一回

娘と夫の優しさをスムーズに受け取ることができず、心から過食を止めたいと思った第二回

低体重でいるための方法として、カロリー貯金を考えた第三回

 

過食は私を助けるために起き、元凶は拒食だったと気づいた第四回

病的嗜癖のサイトに出会った頃に話を戻し、それでも過食してしまって記録をやめた第五回

私が私の過食を許さない理由は、お金がかかるからだと説明した第六回

「過食にメンタルは関係ない」と認め、悪用しかけたら「…おいといて。」な第七回

 

そして今回が第八回です。

 

が、とーっても書き辛いので、ちょっとまず説明させてください。

「家庭環境やトラウマと向き合わない」という今回のタイトルの言葉。

使う(言う)人によってかなり印象が変わりませんか。

本当に書き方が難しいので、あえてアホみたいな書き方しますけど(あえてな)

 

サザエさん家のタラちゃんが30才ぐらいになったとします。

で、同僚のAくんと呑み屋でちょっと深い話になります。

 

タラオ「Aくんは係長に言われっぱなしで悔しくないの?」

Aくん「…実は係長が親父に似ててさ…酔っ払って毎晩殴られてたから…トラウマで…」

タラオ「えっ!そうだったんだ。でもトラウマはトラウマ、仕事は仕事だと思うよ?」

 

こんな例え話を長々続けてもアレなんで短くしちゃいましたけど、どう思います?

あの日本随一のほのぼの家庭でスクスクと育ったタラちゃんに言われてもなーってなりません?

いや、不幸合戦とかしようってんじゃなくて。

説得力というか、正論だったとしてもお前にだけは言われたくないんだけどみたいな。

 

でね、私はこの記事で「家庭環境やトラウマと向き合わない」という内容を書きたいわけです。

となると、私はタラオなのか、おしんなのか、何らかの告白をした方が伝わりやすいと思うんです。

だがしかし、流れていくTwitterとブログは違います。

少なくとも私はけっこう内容を分けて書いています。

 

後から「事情があってこの記事は削除しました」ってことにならないよう、書ける範囲で書きますよ。

皆さん側で「あ…察し…」ということで、よろしくお願いします。

 

~ホネホネロックはこんな子供だった~

・本が好きで外遊びが苦手。両親は「子供らしくて元気で活発な子」が理想。

・小1で両親の三人称が「父」「母」

・身内にアルコール依存症患者がいたため低学年から家族の会に参加

・10才で神経性十二指腸潰瘍を患い毎年バリウム検査

・小5くらいで読んだ太宰治の「人間失格」冒頭部分が完全におまおれ状態でビビる

・家裁の人の「君はどっちになりたいですか?赤い花に慰められる人と慰める赤い花と」に感銘を(略)

・反抗期なし。親曰く「当たり前。そんな風に育ててないから」とのこと。

 

こ…これくらいなら大丈夫かな。

感情を入れずに事実だけ書いたもんね。

大丈夫、大丈夫。

 

さて、ここからが本題。

今回の主役は「カショック」です。

 

まずはこの記事が最初→空腹や過食衝動との闘い方

> 押し入れに住み着いた「カショック」という妖怪がいたとします。

> このカショックは毎日貢ぎ物をあげていれば押し入れから出て来ません。

> ホネホネロックのカショックは、基礎代謝以上のカロリーと、必要量以上のたんぱく質と、一日一回以上の主食が貢ぎ物です。

> 1.カショックが押し入れから出てこないで済む貢ぎ物を探ること

> 2.〇ヶ月カショックが出てこないからといって貢ぎ物をサボらないこと

> 3.他の家のカショックと比べないこと

> なお、カショックが押し入れから出てきたら過食するまで戻ってくれません。

 

詳しい設定はこの記事→【漫画】カショックのキャラ設定(過食防止マンガになればいいな)

> 過度なダイエットを続ける人や摂食障害になる人は、自分に優しくすることが苦手な場合も多い。

> そのストイックさから断食や拒食を続け、反動で過食になってしまうこともある。

> カショックというキャラに貢ぎ物を捧げるというイメージにすれば、正常な食欲を無視することが減るかもしれない。

> 通常時の姿が自分の子どもの頃に似ているという設定は、幼少期の家庭環境が摂食障害に影響している場合もあり、当時の自分を愛でるというアダルトチルドレンの治療に似た効果を願った。

> 以上の裏設定が願い通りに伝われば「過食=悪」ではなく、「もともとは私を助けるために起こった現象だけど、私のカショックを真っ黒な妖怪にしちゃいけない(=過食欲求を呼ぶような過度な食事制限はしてはいけない)」と自然に考えられるようになるかもしれない。

 

この「カショックへの貢ぎ物システム」には大きな特徴があります。

それが、メンタル面には向き合わず、食べもの(貢ぎ物)だけに注目していることです。

 

かの有名なセリフ「同情するなら金をくれ」は歴史に残る名言だと思っています。

それと同じなんです。

カショックが押し入れから出てくる時は、シンプルにお腹が空いています。

謝罪や感謝の言葉より、抱きしめることより、まずは食べ物(貢ぎ物)です。

 

私の場合はコレね。

 

ここからは完全に蛇足になります。

でも、私が「家庭環境やトラウマと向き合わない」と思ったきっかけを書かせてください。

それは育児でした。

 

自分の生きづらさを「生まれ持っての性格」とするか「親の育て方」とするか。

 

生まれ持っての性格だとすると、生きづらさを誰のせいにもできません。

親の育て方とするなら、生きづらさを親のせいにできます。

ですが、これは諸刃の剣です。

生きづらさを親のせいにしていると、子育ての悩みは自分(親)の育て方のせいになってしまいます。

(…伝わってますか?)

 

中には「自分の生きづらさは親のせいだけど、子育ての悩みは子供の性格のせい」と、平気でダブルスタンダードをぶちかませる人もいるかもしれません。

いやまぁ、そういう他罰的な人はあんまり生きづらそうじゃない感じしますけど。

 

でも「自分の生きづらさは親のせい」と、心のどこかで思っていた場合、ふつうは「じゃぁ子育ての悩みも自分の育て方のせい」と思ってしまうんじゃないでしょうか。

これは辛いですよ。

すごく辛い。

もう辛すぎて、最終的には「ポストが赤いのも私のせい」って落語みたいなオチつけたくなります。

 

はい、蛇足ここまで。

 

で、「毒親」とか「アダルトチルドレン」とか、色々な目線で様々な考え方がありますけど。

家庭環境とかトラウマとか、とりあえず過食に関して言えば向き合わない方がいいんじゃないか

それよりも、脳を含めた体だけに注目する。

ここでの「脳」は臓器としての脳で、こころとかメンタルとは違いますからね。

じゃぁ、何をどのタイミングでどれくらい食べるかだけに注目したらいいんじゃないか

と、私の場合は考えたわけです。

 

昨日の記事で書きましたよね。

私は過食するための理由付けを作って、過食を正当化するのが大得意です。

そのうち「太陽がまぶしかったから過食した」とか純文学っぽいことまで言い出しかねません。

幼少期の家庭環境やらトラウマなんか、過食スイッチを押すための絶好の理由付けです。

 

メンタルは置いておく、トラウマや家庭環境と向き合わない。

カショックへの貢ぎ物を怠らない。

正しいと思うことを淡々と。

 

うん、ずいぶん私の場合の【過食治療?】も整理されてきました。

ややこしい部分はこれで終了です。

次からは具体的にやっていることを説明します。

 

NEW【食事写真を載せてみます】

見ている人の食欲を刺激しないように、食事写真はインスタに統一していました。

でも一番下なら大丈夫かと思い、ブログ村のバナーを前夜の食事写真にしてみます

これならTwitterにも画像連携されないはずです(ついでに応援クリックして頂けると嬉しいです)

私信:すずさん嬉しいメッセージと食事画像のリクエストありがとうございました!

こんな「ザ☆ファンレター」をもらったのは初めてで、萌え萌えでございます。

あまりに嬉しくて、夫にオラオラと自慢したかったのですが、…ここでも「ホネホネ」の呪縛がっ!

とにかく鼻の穴が広がるほど嬉しかったです!(もっと別の表現はなかったのか…)

コメントも是非是非お待ちしていますよ~

 

【体重報告】

=ホネホネ蒸しパンや夜食を食べる前(固形物を食べる前という意味ですがテキトー)※寝る前の体重ではありません

朝=起床トイレ後

11月13日 夜 47.9kg

11月14日 朝 49.3kg

 

【摂取カロリーと食事内容】

※このツイートをクリックすると一日の食事内容が続けて表示されます(ツイート時間=食べた時間)

※インスタグラムでは食事写真も投稿していますhonehonerock2014

 

11月13日

摂取カロリー:1187kcal

消費カロリー:1564kcal

カロリー貯金:377kcal

11月のカロリー貯金累計:4571kcal

※目標貯金額7200kcalまで残り2629kcal(1日あたり2629cal÷17日=154kcal/日)

 

↓応援クリックをもらえると、とても励みになります(別ウィンドウで開きます)

※リンク先でINポイントや順位が分かります(11/14現在1940ポイントで2位)

にほんブログ村 ダイエットブログへ

 

【コメントやメッセージについて】

とても申し訳ないのですが、コメントやメッセージの返信ができません

でもコメントを頂けるのは本当に嬉しいですし、更新の支えになっています。

もし返信のお約束ができなくても構わなければ、コメントをして頂けると嬉しいです。

減量や過食防止に関する質問は、私のような道半ばの素人でも良ければ可能な範囲で記事の中でお応えしたいと思っています。

注意ご質問部分の抜粋と私の応えを記事にする可能性があります

注意できればQ&Aをご覧頂いてからご質問頂けると助かります

減量や食事内容を咎めるもの、食事量、プライベートな質問、健康(サプリ・便秘・生理など)や美容(肌・髪など)に関する話題、など何か引っかかるところがあれば承認していません。

 

メニュー【 自己紹介 / 過食を防止 / 小麦ファイバー / 一日一食 / 漫画カショック / ブログ内検索

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(2)

ホネホネロックさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。