弦矢の出会いから始まるアメブロ。

出会いは縁。
会社の経営もビジネスも人生も「クリエイティブ」。
自分のデザイン力がすべての可能性も広げていく。
クリエイティブ面から経営および人事コンサルティング支援を行い、
企業や組織をデザインし、プロモーションしています。


テーマ:
FBに投稿しましたが、項目が大切な要因になってくるはずなので、
メモとしてここに残しておきます。

いろいろ新しいルールや
戦略や仕掛けを考えてみたいと想います。

会社のステージごとに、やり方は違うと想うので。



2016年の採用から、3月スタート、8月選考になるということは、
2015年も影響を少し受けるし、そのためにいろいろ準備
検討しないと行けないことがありますね。いろいろ。。。。。

企業側として
・3年時に説明会、選考して内定を出す会社への対抗策はどうする?
・ベンチャー企業が時期を変えないと、いい学生が受けにこなくなるのでは?
・3月のエントリー開始後、説明会開始の時期についてどうするか?
・4月の時期を説明会ピーク開催して大丈夫か(学業とのバランス)?
・夏のインターンシップの開催について、選考とかぶるがどうするか?
・秋採用がなくなるので、冬?春採用という形があたらしくできる?
・内定式の10月までに採用が終わらない場合はどうする?
・学校の企業説明会時期は、変更されるのか?開始時期はいつになるのか?
・新入社員研修と新卒説明会がかぶって人事の体制や増員が必要なのでは?

学生側として
・いつから、就職活動準備をするか?
・2ヶ月スタート開始におけるリスクは?
・2期募集の時期はいつになるのだろう?
・3年生の夏のインターンシップはどうするか?
・3年生の冬・春のインターンシップが増えるはず。
・4年生で就職活動が決まらなかった場合は?
・卒業までに内定もらえない学生をどうする?
・卒論と就活どうする?
・内定式はいつに?
・4年の夏休みは就活でなくなる。
・卒業旅行にいけない学生増えるかも。

などなど・・・・。
変更されることが前提でポジティブに考えて準備するにも
周りの動きとのバランスや会社の戦略設計を早めに対応できるように
準備しておかないと

前回の10月が12月にとは、大違いの変更。
やはり新入社員研修時期と8月の選考というこの2つが大きな要因。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ともに戦える「仲間」のつくり方/ダイヤモンド社

¥1,575
Amazon.co.jp


一人の経営者が創業・サービス開始に向けていく中での
リアルな、状況が伝わってくる本で、登場してくる
すべてのメンバーを応援したくなる本です。


具体的にそのフェーズや状況下で、
どういう課題がうまれ、どんな解決策をしていくべきなのかを
自分のことのように考えながら読みました。


もちろん、当事者とはスキルも性格も違うので
同じ形にはならないとは思いますが、

でも、目指す夢を持ち、想いを持って取り組み
志をともにする仲間を見つけ、事業をスタートさせる
コミットメントを、文字以上に心に響く内容でした。


・トップの熱い想い
・強みと弱みのバランスの中での自己成長変革
・仲間との本音の衝突と信頼関係を築いていくまで
・常に挑戦し続ける姿勢


ここに出てくる、登場人物のひとりひとりに魅力があり
当事者意識があり、それぞれの背景と想いが心に
刺さって、感動し涙が出ました。


リアルなストーリーって本当にいいですね。


素敵な物語を共有いただいてありがとうございます。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
最強のNo.2 (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)/ディスカヴァー・トゥエンティワン

¥1,260
Amazon.co.jp

U25向けのテーマ本なので、この編集の文字の大きさや、
言葉の簡単さ(軽さ)はちょっと気になるところですが。。
※対象者で、できるだけ多くの人にという趣旨だと正しいとは思っていますが。

内容は、抜群に素晴らしいまとまりでした。

新入社員、若手社員が会社で働く上で、
絶対に読むべき本の一冊に私の中ではなりました。
必ず進めていこうと思います。


もちろん、もと上司でもあるので、
書いてある内容は、まさにこの姿を見てきましたし、
その声に答えていこうと私も必死で取り組んできたことが
書いてありました。


おそらく、私が今まで働いた中で、一番働きやすい上司でしたし
自分の可能性や、強みを最大限引き出していただいて仕事ができたので
本当に成長できた時間だったことと毎日感じています。
一番、素直に働いていた時間だったと思います。


いつかまた必ず一緒に働きたいと思っています。


藤田社長、日高副社長、中山常務、そして曽山取締役の現場での
現場へのメッセージがそのまま趣旨とともに書いてある内容です。

題名を見て、そんなのと感じると思いますが、
これは題名の誤解を生みそうで、内容は全く違う物です。


ここに書いてあることを素直に
実践するだけで、仕事の成果も、上司からの評価も
ダントツに上がると思います。


ぜひ、騙されたと思って、読んで、実行してください。


曽山さん
これ、本当にいいですよ。(感謝!!)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
フィーチャリング力 あなたの価値を最大化する奇跡の仕事術/幻冬舎

¥1,365
Amazon.co.jp

「フューチャリング力」と書いてあるが、
実際は、ビジネスでの仕事の進め方、巻き込み方、営業の仕方の
基本の原理原則を確認できる本です。

m-floという音楽ユニットだからではなく、
きちんと自己ブランディングをしていく戦略のもと、
VERBALさんの戦略が見え、多くの学びをできる本です。

ビジネスマンもそうですが、新人の方も堅苦しいマナー本よりも
わかりやすい実際のシチュエーションで書かれているので、
この本を読むことをお勧めできます。

「したたかさと謙虚さを備えよ」

が実感できる内容でした。

「狙い」と「謙虚さ」を常にもって成長をしてくことを
改めて、気付かせてくれました。
VERBAL
さんの言葉ではなく、文中に出てくる
アンディ・ウォーホールの格言で

Making money is art and working is art
and good business is the best art

の言葉も同時に、今回とても響きました。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
起業家/幻冬舎

¥1,575
Amazon.co.jp

さっき本を買ってすぐ読んじゃいました。

社長のその時々の状況や気持ちや覚悟があらためて伝わってきて、
あのときは、あんな気持ちでということをどこまで理解し、
くんで自分がやるべき仕事に徹底して向き合っていたかを思い出す本でした。


全く比較にならないレベルのプレッシャーなのは、
もちろんわかっていますが当時の自分のレベルで、
どこまで当事者意識を持って取り組んでいたかということです。


いま、社員に伝えるべきメッセージの「熱狂」の意味が
本質的に伝わる社長らしいさすがの文章です。


私も2003年12月からジョインし、新卒採用のバージョンアップを
まかされることをスタートに、多くの経験をさせていただき、
また同時に曽山さんというすばらしい上司に恵まれて、
そのわずかながらの力をより社内に対して取り組むことができました。


ミッションもそうでしたが、どんな会社よりも人事面でも素晴らしい
会社にしたいという想いで、新卒、研修、社員総会、制度設計、活性化、
ポスター作りや新卒エンジニア採用の立ち上げ、学校周りの営業など、
仕事を選ばず、何でも行い、社内、部下にもクオリティやクリエイティブ
などに徹底して厳しく取り組んでしまったことで、
ご迷惑おかけしたことや未熟だったことが思い出されます。


私が、人事時代に成長できたときは、大きく3つあったと思っていて、


1つ目は、2003年に転職して、社長、早川さん、中山さん、
西村さんに最初の新卒採用を全部まかしていただいたことで
150人ぐらいの優秀な社員を巻き込みまくって実施できたこと


2つ目は、2005年から曽山さんがジョインし、より私の強みを
活かして環境を作っていただいて、さらに2007年の社長と
人事役員の曽山さんがアメーバ事業部に席を移してしまって、
人事全体のこと全部をまかしていただけたことで、それぞれ専門的な
知識や経験をもち、新人も含め優秀なメンバーに恵まれて運営できたこと


3つ目は、メディア事業に舵をきることがきまり、
マネジャーの武井さんが中途のエンジニア採用を成功させた後、
エンジニア新卒採用を技術やマネジメントの天才的な中途の
エンジニアの長瀬さん、内波さんをはじめ、名村さんや
矢内さんなどを巻き込み、超優秀な新卒の森永さんとスタートをとできたこと


いつも、わたしの周りにはとても優秀な方が協力していただいて、
社長や中山さんや曽山さんの想いをできる限り汲み取って、
実現すべき理想に向けて、メンバーや社員にみなさんに
協力いただいて、絶対実現したいのでお願いしつつ、
自分も巻き込まれていっていた気がします。


ただ、その時は、いい意味で僕もそうさせたいという「熱狂」で、
絶対に、最高の会社にするという思いでやっていたので、
中途半端に行うことメンバーがしたときは許しがたい行動と思いながら
厳しすぎる感じにはなっていたのは、未熟だったと反省しております。
すみません。


でもこうやって、卒業した会社と仲間が成長していき
どんどん目指している理想の会社に向かっていることをみつつ
本当にいい会社にいいタイミングでいたんだということや
恵まれた経営陣、上司、仲間と働けていたんだということを感謝しつつ。


自分ももっと新たなチャレンジを続け、成長していかないとと改めて思いました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
お金という人生の呪縛について/幻冬舎

¥1,365
Amazon.co.jp

マネックスの松本社長の本です。
狙いがというよりは、思っていることを
自由気ままに話して物がまとまっている感じです。

最終話に近くなると、ほとんど個人的な話が多くなっている構成です。

ビジネスマンは、第一章と第二章を読めば十分だと想います。
※第三章、第四章は、著者のキャラクターを良く知りたいと思ったら読んでください。

・海外出張は生産的だ。
※わたしも韓国に住んでいましたので、日本への出張の際のコンパクトさにこだわったつもりでしたが、もともといろんな物を持ち歩きたいタイプなので、この話を読むだけで、あれはどうしてるんだろうと思うことがたくさんありました。

・お金はヒトが喜ぶように使いたい。

・夢や目標は曖昧の方がいい。
※方向性を示すことの大切さをあらためて、道場でも伝えていきたいと思っています。

・勝負は勝つだけでなく引き際が肝心。
※常に勝ち続けることはだめで、たまに負けることを意図的に行うのが、ビジネスと思っています。

・ヒトは守られないところに出たり、異質な物と触れることで成長する。
他人環境に出ると元々ビルトインされていたコミュニケーション能力が覚醒する。

最後に
君に、「給与がでなくても、働きたい仕事:があるか?



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
若者よ、アジアのウミガメとなれ/ゴマブックス

¥2,415
Amazon.co.jp

昔からお世話になっている大先輩の講演録。

私が行っている就職道場でもよく話す
いくつかのメッセージともリンクしていて
とても心に響きました。

その中でも、よく伝えている言葉で、

・「異常行動」をとり続けること
・「主体性」を取り戻せ
・「酸素と鉄」

は、この本の中に出てくるいくつかの
話と特にリンクした感じでした。

ビジネスチャンスとしては、
常にイノベーションのジレンマがありそこに勝機があること

成長産業で、
働くことに会社と個人の成長チャンスがある

ウミガメになる
黒船に自らになることで、変化と成長を促す

パッションで動ける
柔軟性をもったフットワークと生き方を常にできるようにすること

講演での熱量がそのまま伝わってきて
加藤さんらしいメッセージであり、ぜひ
これからさらに仕事でがんばろうと思っている
皆様に読んでいただきたい本だと思います。

この熱量こそ
「燃える酸素と鉄」の話そのものとも感じました。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
佐藤可士和さん、仕事って楽しいですか? (宣伝会議)/宣伝会議

¥1,050
Amazon.co.jp

最近、本を読んでいたのに、まったくブログにアップする週間から遠のいてしまっていたので、
改めてまた書き出したいと思います。

まあ、書評でもなんでもなく、自分のメモなので
気にしないでください。

ということで、再スタートが、結果的に
大好きな「佐藤可士和」さんがらみでちょっとうれしい感じです。

Q&A式(実際のインタビューやコラムなどの編集)って
とても読みやすいですよね。

「良いデザイン」=「良い仕事」

仕事について考えることって、いろいろあると思いますが、
自分の仕事へのこだわりを一流の人の声から
冷静に自分の仕事の強みと課題や成長させたいポイントを
確認するのに最適だと思っています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
僕の死に方 エンディングダイアリー500日/小学館

¥1,365
Amazon.co.jp

ご本人より49日が終わったご挨拶として直接送られてきました。

生前、お世話になったので、ここまで気を使っていただいて
本当にありがとうございます。

ゆっくり読ませていただきました。

奥様と金子さんのことをまたひとつ知ることができたと感じましたし
もちろん、私としてもこのほんの中より私にとって
とても有益な情報や気付きを頂きました。

金子さんの分まで、どう生きるかしっかり考えて年を越そうと思います。

ありがとうございました。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

採用基準/ダイヤモンド社

¥1,575
Amazon.co.jp

学生時代から続けている学生の就職支援ゼミですが、
おそらく今年で、10年目以上になります。

今年は昨年に引き続き、本格的に力を入れ、準備をして
バージョンアップして9月より開催してきました。
来週10日の月曜日が私が主催している期の最終回を予定しています。

今年は15名強の学生が4ヶ月間、十数回と個人面談ひとり3回ずつぐらいを
行って12月から始まる本格的な就職活動の事前準備をしてきました。

テーマは、
「就職活動を通して、主体性を取り戻し、自分の未来を自らの意志で切り開くこと」
です。

訳あって今年は、12月スタートでもうひとつの就職道場の活動も
スタートさせることになりました。

毎年やってきて思うことは、ここで教えることは、できれば高校時代から意識して
日常的に行ってくれば、もっと大学生活をより効果的な将来の投資の時間として
過ごせる学生が増えるはずということです。せめて大学1年生でそれを意識できる
学生であってほしいと願うばかりです。


機会や環境やそのいうことを知らせてくれる情報提供者がいれば
もともともっている可能性やポテンシャルを開花させ、グローバル化にも
まけない強い一人一人の個性が開花したより自分自身に自信を持ち、
自分の未来と可能性とポテンシャルに期待する学生がリーダーシップをもって
いろいろな道を切り開き、自分らしい人生を納得した形で生きてくれる気がしています。


私が今できていることは、ほんの一時的な機会を利用した
きっかけでしかないとは思っています。できる限り私もその
時間だけは全力で取り組んできました。

もちろん、多くの方々に支えられて続けることができているのも
本当に感謝することだらけです。

私が創っている機会は、全く難しいことを教えているのではなく、
知らないだけ、意識してこなかっただけで
みんなに持ち合わせている機会、能力だといつも感じます。
でも、仕方なくこの時期にしか気付ないことになっている現状を感じます。
もちろん、社会人になる前、就職活動を通してこのタイミングで気付くことができるのは
とても良いことだと思いますが、でもという想いも残ってしまいます。

でもこの機会に、気付いてほしい「主体性」が何かをしることを
まずはスタートに引き続き取り組んでいこうと思っています。

そんなときにこの本でも持ち続けてほしい「リーダーシップ」について
のメッセージが書いてあると感じました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。