源九郎稲荷神社のブログ

「やまとのやまとの源九郎さん 遊びましょ」
奈良県大和郡山市に伝わる童謡に歌われた源九郎稲荷神社は、
「義経千本桜」に登場する「源九郎狐」ゆかりの神社です。
3代目・4代目市川猿之助さん、6代目中村勘九郎さんも
参拝してくださいました。


テーマ:

皆さまお久しぶりです。

源九郎稲荷神社のスタッフのとよです。


今日は、中川のおばちゃんから、お掃除のヘルプがあり神社に行ってきました。

この時期は、楠の落ち葉がすごくて、どこの神社でもお掃除が大変だと思います。




久しぶりに、おじちゃんとおばちゃんと、私の3人で境内の掃除をしました。


3年半前、たった3人で荒廃した源九郎稲荷神社の掃除に取り掛かりました。

あまりの荒廃ぶりに、綺麗になるまでに3か月位かかってしまいました。

こうして、3人で掃除をしていると、あの頃の3人の必死ぶりが思い出されとても懐かしいです。


どれだけ大変だったかって?

興味のある方は、私のブログの

「源九郎稲荷神社奮闘記」

をご覧ください。


そして、3時を回ると、神社には次々に子供たちがやってきました。


なぜかと言うと、これは私が考案した

子供スタンプラリー

に子供たちが参加してくれているからです。



これは、子供たちが神社に来て神様にお参りするごとに1回スタンプを押し、20個貯まれば、景品がもらえるというもので、子供たちのネットワークを通じて、あれよあれよと広まり、今では300人を超える参加者がいます。


今日は、20人位やってきました。


おもしろいことに、子供たちは、神様にお参りするのを忘れても、必ず狛狐は「なでなで」していくのです。


そして、必ずこちらの子をなでなでします。



なぜなら、おじちゃんが

球を咥えている方の子をなでるとお金持ちになるで~

巻物を咥えている方の子をなでると賢くなれるんや

と教えているからです。


今の子って賢くなるよりお金持ちになりたいの?


ちなみにもう一匹の子は、

なんと、巻物を咥えながら笑っているのですよ~


今日、おじちゃんにお菓子をもらいながらも、神様にお参りしなかった子がいてて、おじちゃんが

「お参りしやんか~」

って言っても

「今度な~」

と言って帰ってしまいました。


あらら、と思っていたところ、しばらくするとその子が再び神社にやってきたのです。


そして、

「スタンプ帳返すの忘れた」

とのことで、おじちゃんに

「お前、お参りしやへんから源九郎さんに呼び戻されたんや。しっかりお参りしときや」

と言われて

「ほんまや~」

とバツが悪そうにしながら、お参りをしておりました。


おじちゃんは

「あいつ源九郎さんに呼び戻されよったわ」

と大笑いをしていました。


こんなひと時が、毎日繰り返し過ぎていくのが源九郎稲荷神社です。

境内で宿題をしている子。

キャッチボールをしている子。

サッカーボールを蹴っている子。

いろんな子がいます。


でも、私もおじちゃん達も誰も子供たちに

神社でそんなことをしたらあかん

とは言いません。


神社の物を壊したり、神域に立ち入ったりしない限り、子供たちに好きなように境内で遊んでもらっています。

そして、目には見えないけれどそんな子供たちと一緒に、源九郎狐さんも楽しそうに遊んでいるように私には思えるのです。


この子供たちが、成長するにつれ、色んなことに悩んだり躓いたりしたとき、神社で遊んだ時のことを思い出し、神社に足を運んで、狛狐さんや、おじちゃん,

おばちゃんの顔を見て元気になってくれたらいいな・・・と、思います。


AD
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。