人は誰も「生きる”ひな形”」を親から貰っています。

 

ツンデレ女性の大半は、本音の感情を自分の母親にも見せられずに思春期をすごしてきたせいで、大人になった今でも、スムーズに感情を表現できず、他人とのコミュニケーションや信頼関係を築くことに人知れず苦労しています。

 

ツンデレ女性たちは、同性との間でも、素顔が見せられず、自分のことを語ろうとしません。ほとんど特定の人との関係で起こる出来事に終始する傾向があるのも、無難な話題に留まろうとするからです。

 

 

痛々しくも傷を見せず、頑張ろうとしているツンデレ女性たちの苦悩を鈍感な人たちは気づきません。みんなそれぞれに自分のことに精一杯な同僚たちが気づかなくても当然なのです。

 

なので、人によっては、全く違うイメージを与えています。

 

そんなツンデレ女子が体当たりしてしまう恋愛や結婚のトラブルのいくつかのパターン。

 

そのひとつが、

 

人を信用しないはずのツンデレ女子が、知り合って間もない男性と性的な関係を持つことは不思議ですが、そのメカニズムがわかっていたら理解できます。

 

そのわけは、相手を信じていないからです。
そこが合点のいかない点ですが、彼女たちは信じられないから、身体を通して、親密な関係を築こうとするのです。
自分をうまく表現できないので、身体を大事にすることまで気がまわらないのです。安心して依存できる関係になりたくて、一体感を得ようとするのです。
とても危ないやり方です。

 

逆に信じている相手とはなかなか性的な関係に踏み込まないという矛盾が起こります。

 

ツンデレ女子にとっては「甘えられる」ことが大事なので、その願望がいびり倒してでも叶えられるなら「一体感」という点では、こちらの方が強いと思えるかもしれません。

 

ツンデレ女子がツンデレである所以なのです。

 

本当は甘えたいのです。
でも幼い頃から十分に甘えられなかったので、我慢が身について、いまさらどう甘えていいのか、わからないというのが本音です。

 

甘えを抑圧していると怒りに変形してしまい、怒りが噴出する仕組みです。

 

だからツンツンは甘えだと受け止めてあげたらいいのです。

知り合って間もないのに性的な関係を持つことを思うと、その方が安全だといえます。

 

まだ高校生なのに怒りと寂しさが嵩じてJKビジネスに足を踏み入れる危険の裏には、お金目的ではないチャホヤされる歪んだ喜びがあります。

 

額面通りに受け取らない醒めた強気の真ん中に心の空白があります。

空白を埋めたい一心で心身を大切にしない乱暴さは傷つくことはあっても、満たされることはありません。

自分の心や体を大切に思えない心理には、機能不全家庭で大事にされなかった無念が横たわっています。

 

愛のひな形はポップスからは学べません。

言葉は学べても実体は学べないのです。

 

求めているのは「本物の愛情」

 

本物の愛情とは、そこにいるだけで十分に愛されることです。

 

保存保存保存保存

AD