$世界で一番大切な君に話すこと。☆☆(=⌒▽⌒=)【幸福宅配便/ゲンキポリタン】-ライフスキルBeプログラム


【自分を変える】進路を選択する第6ステップ

 私にはできるかもしれないと可能性を信じる一方で、決して道は一つというわけではないと仮想します。
自分がこれまでと違うことを自分に要求するわけなので、選択肢が増えるのは当然です。

そうは言ってもまったく未経験、未知の世界に簡単に行ける訳でもないので、仮想と現実の間を行ったり来たり試行錯誤するす。

目的を現実のものにする上で最も好ましい選択肢を見きわめようとするでしょう。この作業を通じて飛び込む準備が万全かどうか、自分を見極めているのです。

この第6ステップの段階で無意識の人生脚本に気をつけるようにしましょう。油断するとネガティブな人生脚本に組み込まれてしまうからです。

対策としては幸福なシナリオを具体的につくることです。具体的にするほど危険を避けることができます。
1%でもあきらめの気持ちがあれば、99%はないのと同じだと心しましょう。

完璧主義の人は、過ちに対する不安と恐怖が表面に出てくる場合もあります。しかし自信がなくても行動することが大事なのです。

そうしてPDCAをフル回転させるといいのです。荒っぽいですが、逆算して行動しているのと同じような効果があります。完全にできることと、100%の自信には関係があるようで実はありません。

100%の力があっても99%の自信しかないのなら0%の自信しかないのと同じです。
反対に70%の力しかなくても100%の自信があれば100%の自信はキープされ、不足する30%の力は補われます。

あれこれ思い悩んで確実さを求めて決定を先延ばしにして、結局、時間を無駄にするだけです。現実には、どんなに重大な決定であっても、完全なデータをそろえることは不可能なのです。

行動してPDCAをフル回転させることが重要です。完璧さを自らに要求するならPDCAをフル回転することに関心を持つほうが有意義です。

ライフスキルBeプログラムを受講する

続きを読む

$世界で一番大切な君に話すこと。☆☆(=⌒▽⌒=)【幸福宅配便/ゲンキポリタン】-ライフスキルBeプログラム

$世界で一番大切な君に話すこと。☆☆(=⌒▽⌒=)【幸福宅配便/ゲンキポリタン】-幸福満足度全国ナンバー1福井市

$世界で一番大切な君に話すこと。☆☆(=⌒▽⌒=)【幸福宅配便/ゲンキポリタン】
AD